〈日本の闇〉 を探る、VICE音声ドキュメンタリーが配信開始

ヤクザ、シャブ屋、半グレなど〈日本の闇〉をテーマとした、VICE制作オリジナル音声ドキュメンタリー番組「DARK SIDE OF JAPAN-ヤクザ・サーガ-」が、Amazon オーディオブック Audibleにて2020年11月19日よりリリースされる。
19.11.20
VICE-Audible-Artwork-WORibbon

日本でのVICEのイメージを皆さんはいかがお持ちだろうか?メディアとしてのルーツとして世界中に根強いファンやヘイトを生み出したフリーペーパーとしてのVICE MAGAZINE。ディープでありながら斜めな視点を駆使した記事と動画コンテンツが集約されたVICE.com。そして、今年VICEは新たなコンテンツ作りをスタートした。その日本での第一弾となるコンテンツをここで紹介する。

そのコンテンツこそ、現在米国をはじめ、欧米諸国で動画に変わる新たなエンターテイメントとして、大きなムーブメントを起こしているPodcastである。Podcastの人気を集めた要因は「音」のみで構成されるドキュメンタリー番組という存在。そう言われても、まだ馴染みのない人も多いだろう。簡単にいうと、いつも配信しているVICEの動画を、音声のみで、音声ならではの手法を用い制作。その番組が、世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazon オーディオブック Audibleにて2020年11月19日より全5話にて順次公開される「DARK SIDE OF JAPAN-ヤクザ・サーガ-」である。

そのテーマを示せば、おそらく興味を持ってもらえるだろう。ヤクザ、シャブ屋、半グレなどを取材した、ずばり「日本の闇」をテーマにした番組。なぜ、悪とされる道を選択したのか?彼らの人生において、悪の道を選択した契機はなんなのか?それぞれの時代に悪とされた人々に直撃取材を行い、彼らの生の声を中心にお届けする。そして、彼らを生み出した日本社会の背景をも見つめていく。

全5話で展開されるこの番組。第1話は、バブル期において福岡で名を馳せ、グリコ・森永事件などをはじめとする警視庁広域重要指定事件にひとつとされる殺人事件の犯人としても嫌疑をかけられた元ヤクザの組長、五十嵐登(仮名)が語る自身の半生。

第2話は、日本一のスラム街ともされる大阪西成で、当時ヤクザのビジネスとしてご法度とされた覚醒剤のビジネスに手を染め、「シャブ極道」とも称された元山口組系暴力団組長、木佐貫真照の半生。前科12犯のそれぞれの罪の要因と、彼の人生哲学を探る。

第3話は、日本では違法であるヤクザをスパイとし暴力団組織に潜入捜査をおこなった元大阪府警の刑事、高橋功一のストーリー。彼の刑事人生は、覚醒剤取締法違反をはじめとする罪に問われ結末を迎える。エリート刑事ともされた彼の人生に何があったのか?

第4話は、元山口組系暴力団、河合組の組長の息子として生まれたラッパー、孫GONG。京都に生まれ幼少期、ヤクザの息子として社会から疎外され、覚醒剤をはじめとするドラッグに明け暮れた10代の話をはじめ、どのような人生を歩み、現在ラッパーとして活躍しているのか?

第5話は、現在の半グレ組織の走りともされている「怒羅権」の創設メンバーのひとり、ワンナンの半生。幼少期、中国より日本に渡り、東京都江戸川区で暮らし同郷の人々によって形成された組織のひとりとして、彼は、恐喝、詐欺、殺人などあらゆる事件を起こしていく。その動機をはじめとする彼の半生に迫ったストーリー。

以上、全5話の、日本のダークサイドストーリーを、それぞれの悪とされた人物へのリアルなインタビュー音声をもとに制作した音声コンテンツ「DARK SIDE OF JAPAN-ヤクザ・サーガ-」。新たなエンターテイメントとして世界中で脚光を浴びている音声ドキュメンタリーを、VICEらしい切り口でお届けする。


Audible(オーディブル)とは?

■「本を聴ける」サービス:世界最大級の規模を誇るオーディオエンターテイメント・サービスです。
Amazon オーディオブックAudibleは、いつでもどこでも耳で読書ができるサービスです。プロのナレーターによって読み上げられた本を音声で聴くことができ、スマホでのオフライン再生も可能。通勤時間や家事の合間、お休み前など、日常のあらゆる時間に読書を取り入れることができます。日本最大級の約40万タイトルをラインナップ。ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・英会話・洋書まで、豊富なジャンルを取り揃えています。芸能人・著名人による声の出演など、Audibleでしか聴けないプレミアムなコンテンツもお楽しみいただけます。