大震災後も続くネパールのスケート・シーン

大震災後も続くネパールのスケート・シーン

2015年、大震災に見舞われたネパール連邦民主共和国。震災以前に形成された、小規模ながらも活気に溢れる同国のスケート・シーンは、今なお健在だ。震災を境に国民のライフスタイルが変化するなか、スケート・コミュニティーは、変わらぬアティチュードで日々を過ごしている。時空を超えるスケートボードの魅力をネパールで発見。
12.6.17

英国随一のネパール・コミュニティが形成されているロンドン南東部のプラムステッド(Plumstead)、ウーリッジ(Woolwich)あたりで私は育った。私の親友でイラストレーターのガウラブ・タカリ(Gaurab Thakali)は、そのネパール・コミュニティの出だ。彼はネパールで生まれ、10歳までそこで過ごした。私は、スケートボードを通じて彼と知り合い、ともに滑り、ここ数年は、一緒に仕事もしている。

トム・デリオン(Tom Caron-Delion)の写真、トムとガウラブの両者が協働した〈ネパールのスケーター〉プロジェクトの全貌はこちらのウェブサイトで。