中絶

  • レイプ加害者の許可なくして中絶できないアーカンソー州法

    アーカンソー州では、妊婦の堕胎に関する州法のひとつに、女性は中絶前に性的パートナーから中絶許可を求めなくてはならない、と定めた規定がある。レイプ被害者だろうと、例外は認められずに、被害者は加害者本人と協議する必要がある。

  • 中絶禁止法案に反対するポーランド女性たちの肖像

    ポーランドでは、2016年10月3日の月曜日が〈ブラックマンデー〉と呼ばれるようになった。ポーランド全土の女性たちが、各地でストライキを決行し、新たに提出された中絶禁止法案に反対した。この法案が可決されると、ポーランドにおける中絶は違法となり、中絶手術を受けた女性と施術した医師は、最高で禁固5年が課せられる。

  • トランプによって米国の中絶問題はどうなるのか

    ドナルド・トランプ次期大統領が中絶に対する規制を強めるならば、米国の女性たちは、自分たちの手で堕胎をするようになるのだろうか。

  • ナイジェリア北部で500万人を 飢餓に追い込んだボコ・ハラム

    2009年、武装蜂起したボコ・ハラムはボルノ州一帯を支配し、その後、隣国のチャド、ニジェールに進攻した。2015年、ナイジェリア政府は、同国北部で軍事作戦を激化させたため、食料、医療、交易を含めたあらゆる面で、同地域の住民数百万人が孤立してしまった。徐々に明らかになる惨状に、現地入りした人道支援組織は驚いている。

  • 中南米で流行するジカ熱と中絶事情

    蚊を媒介に感染するジカウイルスは、乳幼児の「小頭症」を引き起こす可能性がある。

  • 妊娠中絶薬の是非を問う

    日本では未だ認可されていない妊娠中絶薬を巡る賛否両派の見解、妊娠中絶問題にまつわる現実を各地からレポート。

Advertisement