シェフ

  • 南極地域観測隊員の孤独を調理する敏腕シェフ

    イタリア国立南極プログラム(PNRA)は、1年ごとに、基地のシェフを抽選で決める。この抽選システムにより、コンコルディア基地の料理は高評価を獲ている。『ロンリー・プラネット』は「誰もが楽しめる、日曜の厳選されたワインと七品のランチは、南極いち美味」と太鼓判を押す。

  • 東アフリカのクレープ「インジェラ」で夢を追い続ける ソマリア難民女性シェフ

    カリフォルニア州オークランドに住んでいるハリモ・アリ・イサクは、ソマリア難民。難民のキャンプ地であったケニア・ダダーブにおいて、初めてレストランを開業。イネ科の植物であるテフの粉を水で溶き、発酵させたクレープのような主食「インジェラ」を難民たちに提供してきた。

Advertisement