抑うつ

  • 憂鬱なとき、朝気持ちよくベッドから出るためのアドバイス

    世界に向き合うことができそうにないほどつらい朝、1日を気持ち良くスタートするにはどうすればいいのか。今回私たちは、メンタルヘルスの専門家複数名にアドバイスを求めた。うつ病と診断されているひとだけではなく、あらゆるひとに有益なアドバイスだ。

  • 精神疾患への理解と患者たちに希望を与えたマライア・キャリーの告白

    マライア・キャリーは、2018年4月13日号の『People』によるインタビューで、2001年の入院時に双極性障害Ⅱ型と診断されたことを明かした。彼女は「長年、現実を受け入れられず、孤独だったし、誰かにこの事実を暴露されるのではないかと不安だった」と告白した。「過去最高につらい数年」を乗り越えたマライアは、ようやく最近になって、治療を決意した。

  • 同性愛者であり キリスト教徒であり

    ひとつの宗派しか知らない信徒の大勢は、いわれたことを真理だと信じる。そんな状況は、同性愛者にとって実に有害だ。私は、宗教環境で苦しむたくさんのLGBTを知っている。それが原因のメンタルヘルス問題は、一生続くのだ。

Advertisement
  • VRによる不安障害治療法

    VRは、臨床医療の分野でも新たな治療法として注目されている。特にPTSDを始めとするメンタルヘルス治療に役立っているようだ。ビデオゲーム風のシナリオを利用すれば患者が治療に集中できる。楽しめると同時に、実行機能、マルチタスク、記憶力、注意力が必要となり、10分も集中できなかった患者が、認識力検査に真剣に取り組むようになったという。

  • 心に病を抱えて過ごした10代の色あせたスナップ

    抑うつのような複雑な内面的葛藤を写真で表現するのは難しい。写真家、ジャッキー・ダイヴスが、自身が不安や抑うつに悩まされた10代の時に撮影した写真を、改めて現像し、写真展で披露したのだが、そこには、何が表現され、写し出されているのだろうか?

Advertisement
Advertisement