ドローン

  • 高性能ドローンの未来〈虐殺ロボ〉

    劇中に登場するような高性能ドローンは、今のところ開発されていないが、自律型殺人ロボットが登場するのは、それほど遠い未来ではないだろう。遠隔操作が可能なドローンは、10年以上前から、中東やアフリカの戦場で利用されている。

  • クラウドファンディングで賄うウクライナ軍ドローン部隊

    資金不足に陥っているウクライナ軍は、民間会社やボランティア団体へ協力要請を始めた。さらにウクライナ国防省の要請を受けて結成されたのが「People’s Project」。ロシアとの国境を監視するためのドローン部隊設立のため、クラウドファンディングを進めている。

  • 元米軍ドローンパイロットの忘れえぬ苦悩

    ブランドン・ブライアンは、戦闘用ドローンMQ-1プレデターの元操縦士。空軍在籍中の5年間で、1626回もの攻撃をし、その影響による精神的疾患から自殺未遂も起こしている。 「誰かの命を奪う任務に就くなんて想像してなかった」

  • ドローンで地元の売春斡旋団壊滅を目論む自警団

    ドローンは新技術だから、世間はそれを使用した経験があまりない。私は娯楽として何百時間もドローンを飛ばしている。それに、私の自警行為を他人に薦める気はない。というのも、コトに及んでいる車に駆け寄り、ドアを開き、そこにカメラを向けるのは危険な行為だからだ。残念なことに人々は、ひどいマナーでドローンを飛ばし、ドローンの悪評を高めている。

  • ドキッ!ギークだらけの雪上ドローン大会

    雪化粧で厚化粧のニューヨークはブロンクス。極寒のなか、上気した上機嫌な男たちが集まってきた。彼らはドローン・パイロット。今日は記念すべき第一回目のドローン・レース。リアル映像を見ながら飛行するFPVドローンの戦士たちだ。

  • ドローンはゆく

    画期的なアイテムとして世界に登場したドローン。農業での農薬散布や貨物輸送など、人々の生活を新たな次元に導くものとして期待されているが、アフリカや中東では、テロリストを標的とする軍用無人機として使用されている。

Advertisement