薬物

  • 世界一危険なパーティドラッグ、GHB

    摂取量を1ミリリットルでも誤れば昏睡状態に陥ることも。ヨーロッパを中心に広まりつつあるGHBの歴史とリスクをひも解く。

  • 〈ガスパン〉!! 身近なドラッグに潜む危険性

    脳が溶けるらしいドラッグ〈ガスパン〉。あまりに簡単に入手できるため、90年代以降、一部の中高生たちに蔓延しているという。そこで、ガスパンをテーマにした楽曲をリリースしているラッパー〈りょうすけ〉に、ガスパンを吸うことでおきる変化と危険性について、また、彼の話をもとに、薬物依存の専門家に話を聞いた。

  • ロンドンの違法レイヴをとらえる写真家クレア・マッキンタイア

    違法レイヴシーンを追う写真家が、イーストロンドンの会場で出会ったパーティ仲間について語る。

  • 薬物使用者の人生に纏わりつく幻覚剤持続性知覚障害

    幻覚剤持続性知覚障害(HPPD:Hallucinogen Persisting Perception Disorder)は、その名の通り、幻覚剤を服用すると顕れる障害である。モノの周りに暈が現れたり、周辺視野に本来はないモノが見えたり、残像が見えたり、視覚に何らかの異常をきたす。LSDの服用者に発症する場合が多いという。

  • ドイツで刑事法の教授ら122人が、麻薬法改正と大麻合法化の嘆願書に署名

    4月にドイツで122人の刑事法の教授たちが麻薬法改正と大麻合法化を求める嘆願書に署名したことを受け、立案者であるブレーメン大学教授のロレンツ・ブーリンガー博士に話を聞いた。

Advertisement