東欧

  • 自ら刺青を彫り入れる、元警察官が撮ったソ連の囚人たちの姿

    世界中どんな刑務所でも刺青は、囚人たちの身体に刻まれたユニフォームのようなものだ。ロシアでは他の受刑者とのコミュニケーションツールになることもある。例えば首に短刀が刺さったモチーフは、当人が刑務所内で殺人を犯したことがあり、かつ殺人依頼を引き受けるという意味らしい。

  • 東欧でもっともホットなレイヴ・パーティー「KaZantip」が想像を超えていた

    ドイツ在住のVICE特派員が、東ヨーロッパでもっともホットなレイヴ・パーティーとして知られる<KaZantip(カザンティップ)>を取材するため、ウクライナのクリミア半島に潜入。ルール無用(?)なイベントの全貌とは――。

Advertisement