Feminisme
Voor vrouwen die hun plek kennen.
  • 出産経験者が率直に語る、産後のヴァギナの話

    痛み、身体の違和感、見た目の変化……。親になったばかりの女性たちが、誰も教えてくれないセクシュアリティの変化について打ち明ける。

  • ヴァギナのニオイを考える

    どんなニオイが〈普通〉なのか、専門家に聞いた。

  • 「人前で声が出ない」体験者と専門家に聞く場面緘黙症

    場面緘黙症の人びとにとって、世界いち恐ろしいのは話すことだ。

  • 南フロリダのスモールタウンを 撮ったドリーミーな写真

    南フロリダの小さな田舎町、デイビーを舞台に撮影をする若き写真家、メラニー・メッツ。フィルムを使ったドキュメンタリー写真には、何が写っているのだろうか?商業写真と芸術写真の間で揺れる彼女の作品とインタビューをお送りする。

  • 人間を讃え人生を謳うSAVAGES

    2011年ロンドンにて結成された女性4人組ポストパンクバンド、SAVAGES。デビュー当初は、JOY DIVISIONやSIOUXSIE & THE BANSHEESなどを引き合いにされてきたが、今年の1月にリリースしたセカンドアルバム『アドア・ライフ』では、ノイズと重厚なビートにまみれた新たな4人が存在していた。

  • マリリン・ミンターのエロスとグロテスクが織りなすハーモニー

    ニューヨークを拠点にしているコンテンポラリー・アーティスト、マリリン・ミンター。彼女の作品は、どれも魅惑的でエロティックだが、敢えてグロテスクさも描写している。レタッチが当然の、皺、シミ、そばかす、陰毛すらも、彼女の作品では艶やかに表現される。

Advertisement
  • 急進的フェミニスト メリッサ・ハリス・ペリーの超話力

    メリッサ・ハリス・ペリーは、MSNBCで、その名もズバリの冠番組『メリッサ・ハリス・ペリー』を持つ知識人。抽象的な言葉で語る知識人が多い中、歯に衣着せぬ発言で、現在のアメリカ社会における人種、階級、ジェンダーなどの複雑な問題に挑み続ける急進的フェミニストだ。

  • 強きポップスター、ケイト・ナッシュ ライオットガール DIY フェミニズムを語る

    ケイト・ナッシュは英国を代表するシンガーソングライター。10代の頃にMyspaceに発表した楽曲で一躍注目を集め、その後リリースしたシングル、アルバム共に大ヒット。紛れもない超ポップスターへと成長した。

  • 女性らしさと仕事の両立 スーツが拓く新境地

    1928年、ココ・シャネルが女性用スーツの原型を世に提示した。それから60年後の1980年代、女性の社会進出が格段に進んだこの時期、女性用のビジネス・スーツが生まれた。その名は「パワースーツ」。

  • 監督・女優ローズ・マッゴーワン ハリウッドのセクシズムを斬る

    ローズ・マッゴーワン。『スクリーム』や『ハード・キャンディ』などに出演し、美しい黒髪とセクシーな唇で、世界中のオトコたちを虜にしたアメリカ女優。特に90年代には、マリリン・マンソンとの婚約(その後破棄)や、歯に着せぬ様々な発言と大胆な行動で、お騒がせ女優兼セックスシンボルとして時代を駆け抜けた。