ゲーム

  • ゲーム依存がゲーマーに与える悪影響

    過労死、社会的孤立、育児放棄。世界中でゲームへの依存が様々な問題を引き起こしている。ドラッグ、アルコールなどが原因の薬物依存症とも異なるゲーム依存は、明確な定義も確立されておらず、決定的な治療法も確立されていない。過剰なゲーム・プレイがゲーマーの精神衛生に与える悪影響は由々しき問題だ。

  • eスポーツ⑤:最終回 『リーグ・オブ・レジェンド』世界大会決勝

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。シリーズ最終回。

  • eスポーツ④ 韓流ネットカフェ「PCバン」

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。シリーズ第四回。

  • eスポーツ③ 莫大な富を築いた男たち

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。シリーズ第三回。

  • プロゲーマーに聞くeスポーツの現在と未来

    「金が入ればそれはいいけど、『Halo』シリーズで金を手にできるのは最後の最後で、その前にクリアしなくてはならないハードルが山ほどある」

  • 五能線で巡る『ポケモンGO』の旅

    絶景だらけの日本海沿いを走るローカル列車人気ランキング第1位の五能線。この地でポケモンたちはどのような生活を送っているのでしょうか。GOしてみました。

Advertisement
  • eスポーツ② オンラインゲーム依存症の実態

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。シリーズ第二回。

  • eスポーツ① リーグ・オブ・レジェンドとコスプレイヤー

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。

  • 「eスポーツ」って何

    なぜ、「ゲームがプロスポーツ」で「ゲーマーがプロアスリート」でなくてはならないのか。

  • 『スーパーマリオメーカー』を知らないスーパーマリオ・ファンにお知らせ

    「プレーヤーの想像力を引き出すんです。たとえば、大砲から危なくないモノが大量に発射されたらどうだろう。さらに、発射されたものを集められたら? いくらでもデザインする余地がありますから、従来のマリオもこれにはかないません。みんながどんなステージをつくるのか楽しみです」

  • 15歳でプロになり19歳で引退したマックが語るeスポーツの世界

    2005年、50時間ぶっ続けでこの『スタークラフト2』を続けた男が過労死した。この事実は、『スタークラフト2』の中毒性を証明している。そんなゲームのプロはいったいどんな生活をしているのか。プロの世界は厳しいのか。ゲームはスポーツなのか。その実態を探るべく、15歳でプロになり、現在は第一線から身を引いた19歳のマック(Mac)に聞いた。

  • テトリスを創った男が語るソ連時代の開発秘話から現在まで

    テトリスを開発した男、アレクセイ・パジトノフに取材を敢行。ソ連時代の制作秘話、ヒットの裏側にあった権利闘争、そして世界で最も売れたゲーム開発者の生活とは?