Hardcore punk

  • ヘンリー・ロリンズの俳優人生を振り返る

    ヘンリー・ロリンズ。いわずもがな、SOA、BLACK FLAG、そしてROLLINS BANDのフロントマンとして、ハードコア〜オルタネイティヴ・シーンのど真ん中を突き抜けてきた。現在では音楽以外にも様々な分野で活躍しているが、そのなかでも際立っているのが俳優としてのキャリア。20年にも及ぶ彼の俳優人生を振り返ってみよう。

  • 『THIS IS BOSTON, NOT L.A.』から35年 THE PROLETARIAT復活

    現在のシーンにも多大な影響を与えたハードコア・コンピレーションの金字塔『This is Boston, Not LA』。その中でも異質な存在感を放っていたのがTHE PROLETARIAT。周辺のバンドが右翼化・メタル化していく中で、彼らは独自の世界を築き上げていた。あれから35年。ファーストアルバムの再発と共にバンドも復活。フロントマンのリチャード•ブラウンに話を訊いた。

  • 速くて短い音楽で生き残っている男 ケンジ・レイザー(RAZORS EDGE)

    日本が誇るスラッシュハードコアバンドRAZORS EDGEが結成から20年を迎えた。それを記念してベストアルバム『RAZOR MANIA』をリリース。更に『RAZORS EDGE 20th Anniversary “THRASH‘EM ALL!! Tour 2016”』も開催されている。永遠に飛び跳ね続けるKENJI RAZORSへのロングインタビュー。

  • スラッジ界のゴッドファーザー カーク・ウィンドスタイン(CROWBAR)に訊く

    CROWBAR、DOWN、THE KINGDOM OF SORROWのカーク・ウィンドスタインは、あらゆるものを見てきたスラッジ界のゴッドファーザーだ。彼の目、白髪交じりの髭、そしてエモーションたっぷりに響き渡る声にも、彼の経験が溢れ出ている。

  • WHITE ZOMBIEが切り拓いた新しいメタルの世界

    85年にNYで結成されたWHITE ZOMBIE。B級ホラー&モンスタームービーとバイカーズサイケデリックを融合させ、さらにノイズロック〜ジャンクサウンドをまぶせながら、90年代を代表する唯一無比のミュータントメタルバンドに進化した。その軌跡を紅一点ベーシストのショーン・イスールトが語る。

  • パンクス VS ネオナチのスリラー映画『Green Room』

    インディペンデント映画としては異例のヒット作となった2013年の『ブルー・リベンジ(Blue Ruin)』に続くジェレミー・ソルニエ監督の最新作『Green Room』。作品のテーマは、パンクスとネオナチ集団の闘いだ。

Advertisement