ロンドン

  • ロンドンのアンダーグラウンド・テクノシーンを切り取る煌びやかな写真

    ロンドンのナイトライフに飛び込み、クラブ客をカメラに収め続けるスペイン人フォトグラファー、キエフ・ローにインタビュー。

  • 追悼 英国ダンスミュージックのアイコン、アンドリュー・ウェザオール

    私たちは英国クラブカルチャーを代表する存在をまたひとり喪った。彼は単なるDJに留まらない存在だった。​

  • ロンドンの違法レイヴをとらえる写真家クレア・マッキンタイア

    違法レイヴシーンを追う写真家が、イーストロンドンの会場で出会ったパーティ仲間について語る。

  • 富裕層の買い物客と愛玩犬 TOKYO & WORLD DOGS

    ロンドン、ミラノ、ニューヨーク、東京で、富裕層の買い物客がペットである犬を引き連れ、楽しむ様子を捉えた写真家、ダギー・ウォレス。彼のシニカルな視点が、愛玩犬の可愛らしい表情や仕草とともに、現代社会において欠落した〈何か〉を写し出す。

  • 失われゆくロンドンの光景

    ロンドンは、現在、高級化と均質化が進み、街は取り返しのつかないほど大きく変容している。そんななか、Lurkersと呼ばれるアーティスト集団が、街の変貌や閑散としてグラフィティで埋め尽くされたアングラな場所に焦点を当て、写真を撮り続けた。彼らが今ロンドンを表現する意図、そしてグラフィティについても語る。

  • 12年間イーストロンドンのリアルを撮影してきた男

    週末には街が多くの若者で溢れ返り、ときには人が多すぎて通りを歩くのに苦労することもあるくらい、ロンドンの中心地に負けず劣らずの盛り上がりを見せるイーストロンドン。そんなイーストロンドンを12年間にわたり撮影し続けて来た写真家ドギー・ウォーレスが、自身の作品をまとめた写真集『Shoreditch Wild Life』を出版した。

Advertisement
  • ポートレートカメラマン、奇才オリバー・マークが撮る世界

    ポートレートカメラマンOliver Mark(オリバー・マーク)にインタビューを実施。今回は、数々の著名人のポートレートを撮るようになったきっかけから彼なりの撮影美学に至るまで、オリバー・マークという人物を徹底的に深堀りした。