メンタルヘルス

  • セックスワーカーが語る〈初めて稼いだ日〉のこと

    今、想い返すと、悲しくなる。コールガールの仕事を始めた当時の私は、セックス経験が3回しかなかった。ほぼヴァージンだった。数々の〈初体験〉を、クライアントと経験したのは残念だ。

  • 激しい嫉妬と妄想〈オセロ症候群〉

    テレビで不倫のシーンを観るだけで嫉妬で怒り狂う。そんなあなたは〈オセロ症候群〉かもしれない。シェイクスピア『オセロ』の主人公にちなんで1951年に命名された精神疾患だ。名付け親である英国の精神科医、ジョン・トッド博士は、「精神病の危険ないち形態」と断定している。

  • セラピストへの〈10の質問〉

    ドイツ、ケルンのダニエル・ワグナーの診察室には、診察用の椅子がない。34歳の心理療法士である彼は、クライアントの対角線上に座る。「こうすれば、クライアントは、私と視線を合わせずに会話できます。必要以上に〈病気〉だと感じてほしくないので、〈患者〉ではなく〈クライアント〉と呼んでいるんです」と彼は説明した。

Advertisement
  • VRによる不安障害治療法

    VRは、臨床医療の分野でも新たな治療法として注目されている。特にPTSDを始めとするメンタルヘルス治療に役立っているようだ。ビデオゲーム風のシナリオを利用すれば患者が治療に集中できる。楽しめると同時に、実行機能、マルチタスク、記憶力、注意力が必要となり、10分も集中できなかった患者が、認識力検査に真剣に取り組むようになったという。

  • 薬物使用者の人生に纏わりつく幻覚剤持続性知覚障害

    幻覚剤持続性知覚障害(HPPD:Hallucinogen Persisting Perception Disorder)は、その名の通り、幻覚剤を服用すると顕れる障害である。モノの周りに暈が現れたり、周辺視野に本来はないモノが見えたり、残像が見えたり、視覚に何らかの異常をきたす。LSDの服用者に発症する場合が多いという。

  • 借金と健康 負のスパイラル

    借金と健康悪化の関係は明らかだ。しかし、借金そのものが健康問題を引き起こしているのか、それとも貧困など、借金に伴う事象が原因なのかは、明確ではない。

Advertisement
  • 声が聞こえる人々 統合失調症患者への新たな取り組み

    統合失調症は、人口のおよそ1%が発症するといわれている。幻覚、幻聴が起こり、さらには思考力の低下、様々な妄想にとらわれてしまう。その原因は、脳の神経伝達物質の異常にが示唆されているため、治療の基本は薬物療法である。しかし、非医療的な手法で患者たちをサポートする団体がある。それがヒアリング・ヴォイシズ・ネットワークだ。

  • いまなお沖縄戦のトラウマに悩まされる老人たち 蟻塚先生の診察室からの報告

    眠れない。死体の匂いがする。死んだ人の顔が見える。足の裏が熱い。寝ていると体を触られた感じがする。戦争の記憶が70年以上たった現在も沖縄のお年寄りの多くを苦しめている。生き残った自分を責め続けている人もいる。これで平和になったと言えるのか。どうしたら忌まわしい記憶から解放されるのか。沖縄と福島でトラウマ治療に取り組んでいる蟻塚亮二医師に話を聞いた。

Advertisement