精神病

  • 増加する〈テレフォンフォビア〉とその対処法

    電話が苦手なひとたちが増えているが、それは克服できる。

  • 体験者が語るナルコレプシーと幻覚

    「奇跡と病気が、科学や信仰と完璧なタイミングで重なった」

  • 「人前で声が出ない」体験者と専門家に聞く場面緘黙症

    場面緘黙症の人びとにとって、世界いち恐ろしいのは話すことだ。

  • 精神疾患への理解と患者たちに希望を与えたマライア・キャリーの告白

    マライア・キャリーは、2018年4月13日号の『People』によるインタビューで、2001年の入院時に双極性障害Ⅱ型と診断されたことを明かした。彼女は「長年、現実を受け入れられず、孤独だったし、誰かにこの事実を暴露されるのではないかと不安だった」と告白した。「過去最高につらい数年」を乗り越えたマライアは、ようやく最近になって、治療を決意した。

  • 既視感あふれる精神病院の写真

    写真の親近感、分け隔てないまなざし、それでいて、あからさまなノスタルジーに溺れることはない。彼は、地元住民の精神疾患、というテーマを淡々と切り撮り、オーディエンスを惹き込む。個人的に感情移入できないアートに、意味なんてないのだ。写真家としての生活、そして精神科病院での仕事は、彼にとってどのような体験だったのだろうか。

  • 同性愛者であり キリスト教徒であり

    ひとつの宗派しか知らない信徒の大勢は、いわれたことを真理だと信じる。そんな状況は、同性愛者にとって実に有害だ。私は、宗教環境で苦しむたくさんのLGBTを知っている。それが原因のメンタルヘルス問題は、一生続くのだ。

Advertisement
  • 激しい嫉妬と妄想〈オセロ症候群〉

    テレビで不倫のシーンを観るだけで嫉妬で怒り狂う。そんなあなたは〈オセロ症候群〉かもしれない。シェイクスピア『オセロ』の主人公にちなんで1951年に命名された精神疾患だ。名付け親である英国の精神科医、ジョン・トッド博士は、「精神病の危険ないち形態」と断定している。

  • 借金と健康 負のスパイラル

    借金と健康悪化の関係は明らかだ。しかし、借金そのものが健康問題を引き起こしているのか、それとも貧困など、借金に伴う事象が原因なのかは、明確ではない。

  • 声が聞こえる人々 統合失調症患者への新たな取り組み

    統合失調症は、人口のおよそ1%が発症するといわれている。幻覚、幻聴が起こり、さらには思考力の低下、様々な妄想にとらわれてしまう。その原因は、脳の神経伝達物質の異常にが示唆されているため、治療の基本は薬物療法である。しかし、非医療的な手法で患者たちをサポートする団体がある。それがヒアリング・ヴォイシズ・ネットワークだ。