殺人

  • 元看護学生が初めて明かす、おぞましい大量殺人事件の秘話

    米国中を震撼させた殺人事件の裏話を、奇跡的な偶然によって命を救われた交換留学生が打ち明ける。

  • 事件ノンフィクション『つけびの村』の高橋ユキが語る殺人事件とうわさと妄想と私。

    〈うわさ〉。特に気にすべき物事ではない、と判断して良いのだろうか? sns全盛の現代において、この事象こそ、実は価値観の大部分を占めることに気付いていないひとも多いのではないか。 事件ノンフィクション『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』の著者、高橋ユキは何を追い求めたのか。彼女に、殺人事件、うわさ、妄想、そして彼女自身について聞いた。

  • なぜコナンが追いかける犯人は〈プラスチック爆弾〉を使うのか

    軍事評論家にもろもろ伺いました。Q:12作目『戦慄の楽譜』の冒頭シーンで、プラスチック爆弾により2人が死亡、1人が重傷を負う事件が起きています。この爆発では、どのくらいの量のプラスチック爆弾が使用されたと考えられますか?

  • 〈死〉の消去と〈人生〉の再生 事件現場清掃人

    「結婚式中でも、子どもたちとディズニーランドにいるときでも電話を受けます」

  • 高性能ドローンの未来〈虐殺ロボ〉

    劇中に登場するような高性能ドローンは、今のところ開発されていないが、自律型殺人ロボットが登場するのは、それほど遠い未来ではないだろう。遠隔操作が可能なドローンは、10年以上前から、中東やアフリカの戦場で利用されている。

  • 殺人事件にまで及んだセクシャルハラスメントの企業責任

    事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。(男女雇用機会均等法11条1項)

Advertisement
  • 現地ジャーナリストがドゥテルテ麻薬戦争の現場を語る

    ドゥテルテ大統領の就任後、フィリピンでは警察と自警団によって殺害された麻薬関係容疑者の数は、6000人以上にのぼる。殺害事件が相次ぐ現地は、実際どのような状況になっているのだろうか。残虐な現場を取材し続けてきた現地ジャーナリストに話を訊く。

  • 自警団が闊歩するダバオ市は 殺人を認めたドゥテルテ大統領のホームタウン

    ドゥテルテの就任後、警察と自警団によって殺害された容疑者の数は推定6000人以上にのぼる。その脅威がもっとも蔓延する場所こそが、彼が7年ものあいだ市長を務めたダバオ市である。

  • カリフォルニアで最も若者が殺される町

    カリフォルニア州サリナスでの殺人事件解決率は24%。その割合は、同州平均の約半分以下であり、全国平均の64.5%には遠く及ばない。他の犯罪都市と同様、ギャングが抗争を繰り広げるサリナスの住民は報復を恐れ、事件解決のための捜査に協力するのも躊躇っている。

  • 自撮りすらも許されないパキスタン 法は名誉殺人を阻めるのか

    パキスタンのSNSスター、カンディール・バローチさんが「名誉殺人」の犠牲になった事件で、パキスタン政府は、長いあいだ議論されていた名誉殺人防止法案の導入に向けてようやく動き始めた。しかしこの問題は、法案成立によって解決されるのだろうか。