核問題

  • 〈日常〉と〈原爆〉を繋ぐアニメーション映画『風が吹くとき』

    掃除をして、食事をして、会話をする夫婦の生活のなかに、戦争があり、原爆があり、死があった。

  • トランプが観るべき 絶望的終末パニック映画の名作

    2017年5月。米国と北朝鮮は、数十年ぶりに、核戦争1歩手前の状況に陥った。第二次世界大戦以来となる核戦争の危機に際して、混沌とした雰囲気が生まれた。このような混乱と、後に続く核による世界の終末を見事に描いたのが、『ミラクル・マイル』だ。30年前に製作されたこのカルト映画は、つい最近の核問題を正確に予想していた。

Advertisement