オフショア

  • パラダイス文書に揺れる英国

    〈パラダイス文書〉は、主に、バミューダ諸島のアップルビー法律事務所から流出した数百万件の書類だ。同事務所は、〈タックス・ヘイヴン〉ネットワークを利用して、富裕層が自らの資産を世界中に隠す手助けをしている。最も議論を呼ぶのは、貧しい国民を搾取して罪に問われている質屋チェーン〈Brighthouse〉に英国女王が間接的に投資していた事実だろう。

  • 〈パラダイス文書〉について知っておくべきこと

    パナマ文書を公にした国際調査報道ジャーナリスト連合が、〈パラダイス文書(Paradise Papers)〉を公開した。同文書は、富裕層、政治家はじめ、何らかを隠蔽しようとする権力者が秘密裏にビジネスを展開するためのタックス・ヘイブンとして知られる〈オフショア金融〉という闇の世界を覆うベールを剥がす可能性のある最新の情報だ。

  • パナマ文書によって暴かれたアート・マーケットの闇

    ナチスがユダヤ人画商から略奪した疑いのある貴重な絵画が現在、世界の美術業界で最大の影響力を誇る一族の手に渡っているのが、偶然の発見により明らかになった。訴訟にまで発展したその発見は、パナマ文書に端を発している。同文書のなかには、絵画の国際取引とオフショア・タックスヘイブンのつながりが記載されていたのだ。

Advertisement