売春

  • ポルトガル政府がひた隠す、もうひとつのリスボン物語

    リスボンの人気スポット、インテンデンテ。そこには多くの観光客が知らない、もうひとつの現実が存在している。

  • セックスワーカーが語る〈初めて稼いだ日〉のこと

    今、想い返すと、悲しくなる。コールガールの仕事を始めた当時の私は、セックス経験が3回しかなかった。ほぼヴァージンだった。数々の〈初体験〉を、クライアントと経験したのは残念だ。

  • SPIRIT of CONGO ープロレス、サプール、黒魔術ー 02.キンシャサ現地レポート

    名越啓介は2016年11月25日に写真集『Familia 保見団地』をリリースし、その二日後、コンゴ民主共和国へと出発した。同行したのは奥村恵子。彼女は、南米やアフリカ諸国を渡り歩き、89年にパパウェンバと知り合い、パーカッショニスタとしてパパウェンバ&ビバ・ラ・ムジカに参加し、96年から数回コンゴへ通い続けるほど、アフリカ・コンゴに精通する人物だ。前回も記したが、第一目的はプロレスやサプールの取材。しかし、幸か不幸か、たまたま外務省が注意喚起を促す時期に取材が重なった。奥村によると、ジョセフ・カビラ大統

  • パートナーが腹上死した場合の対処法

    さまざまな研究で、濃いセックスへと尽力すればするほど、心臓麻痺や発作のリスクが高まるという相関関係が確認されている。セックスと関連したオーバードーズや、ドラッグ関連の合併症、そして過激なプレイ。相手が死んでしまった場合、どうすればいいのか? 法的にはどうなるのか?

  • 高級娼婦の宣材を撮り続ける女性カメラマン

    「男女のカップル写真だけはムリ。一度だけやってみたけど、すごく倒錯してたわ。私が雇われたのは、自分たちがヤってるところを誰かに見せたいからじゃないか、って気がしたの」

  • ドローンで地元の売春斡旋団壊滅を目論む自警団

    ドローンは新技術だから、世間はそれを使用した経験があまりない。私は娯楽として何百時間もドローンを飛ばしている。それに、私の自警行為を他人に薦める気はない。というのも、コトに及んでいる車に駆け寄り、ドアを開き、そこにカメラを向けるのは危険な行為だからだ。残念なことに人々は、ひどいマナーでドローンを飛ばし、ドローンの悪評を高めている。

Advertisement
  • ファストファッションの代償ー売春か過酷労働か

    カンボジアの首都プノンペンでは売春と縫製産業が盛んだ。いずれにしても労働者は劣悪な労働条件の下で働かざるを得ない。売春の規制強化を背景に工場で働くようになった女性たちは、売春のがマシだという。その背景にある現実とは。