ラップ

  • 日本語ラップとホモフォビア、 そしてゲイ、エイズ、性癖について 〈西新宿パンティーズ〉が語る!!

    同性愛嫌悪、ホモフォビアが歌われてきた歴史が、米国のラップシーンにはある。それを追随する形で生まれた日本のヒップホップシーンにおいても、当然のように、これらのワードが飛び交っていた。そんなシーンにおいて、LGBTQを自認するひとびとが中心となった〈西新宿パンティーズ〉を取材した。自らの性が差別されがちな世界に、あえて踏み込んだ理由、そして、何を歌うのか?

  • 完全復活 THE BLACK EYED PEASの新曲ビデオ プレミア公開

    2018年7月11日(現地時間7月10日)。THE BLACK EYED PEASは、新曲〈Get It〉をNoiseyでプレミア公開した。〈Pulse Films〉のベン・モーが監督を務めたこの映像は、暴力的な警察の残忍さを描き、こんにちの米国、ひいては世界の現実、さらに、そこで生きる意味を知ることが私たちにとって、いかに重要かを物語っている。

  • ジュヴィナイル復活インタビューのはずが後半はヤング・ジューヴ

    ここ数年ヒットを飛ばしていないからといって、ジュヴィナイルはマイクを前に躓いているわけではない。現在の彼は、共演相手を片っ端から確実に打ちのめしている。フューチャーも、アイアムスー!も、リル・ウェインもやられてしまった。ジュヴィナイルは健在だ。

  • グアテマラの女性ラッパーは愛を謳い闘いを挑む

    怒り、フェミニスト、という単語で形容されがちだが、レベッカ・レーンの音楽には、それ以上の「何か」がありそうだった。彼女のクールなのにアグレッシブな楽曲は、すごくソウルフルなR&Bにも聴こえた。そして、各曲の核心には、グアテマラで暮らす困難を克服するための、力強いメッセージが凝縮されている。

  • noisey Bompton 犯罪都市コンプトン・ヒップホップ・シーンの現在 ①

    LAギャングのブラッズは、なんでも頭文字を「B」に替え、「コンプトン(Compton)」を「ボンプトン(Bompton)」と呼ぶ。そんな現在の「ボンプトン」ヒップホップ・シーンを牽引しているのが、ケンドリック・ラマー。彼を中心に、現在の「ボンプトン」を探るシリーズ、noisey Bompton。

Advertisement
  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック⑦

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。

  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック⑧:最終回

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。

  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック⑥

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。

  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック⑤

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。

  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック④

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。

  • noisey CHIRAQ シカゴの闇から生まれたドリル・ミュージック②

    Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)。このスラングは、シカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。そんな状況の中で生まれた「Drill Music(ドリル・ミュージック)」のシーンを探る。