セバスチャン・サルガド

  • クウェートの油田を地獄に変えた湾岸戦争の火災写真

    ブラジル出身のドキュメンタリー写真家セバスチャン・サルガド(Sebastião Salgado)が、90年代初頭、湾岸戦争に付随し起きたクウェートでの油田火災をまとめた写真集『KUWAIT』をリリースした。それに伴い、撮影した当時の様子、今写真集としてリリースする意図など、セバスチャン・サルガドが語る。

Advertisement