セックスワーカー

  • セックスワークは「青春時代の素晴らしい冒険」:元セックスワーカーが語る引退後の生活

    シェフの〈下僕〉に転身した女王様、熱心な活動家や研究者になったコールガール、引退までの計画、お金の管理、セックスワーカー退職後のキャリアを明かす。

  • 1970年代のパリのトランスコミュニティを撮らえた貴重な写真

    パリ北部のナイトライフの聖地、ピガール。1978年に写真家、ジェーン・エヴリン・アトウッドが撮影したピガールのトランスコミュニティ。

  • セックスワーカーが語る〈初めて稼いだ日〉のこと

    今、想い返すと、悲しくなる。コールガールの仕事を始めた当時の私は、セックス経験が3回しかなかった。ほぼヴァージンだった。数々の〈初体験〉を、クライアントと経験したのは残念だ。

  • パートナーが腹上死した場合の対処法

    さまざまな研究で、濃いセックスへと尽力すればするほど、心臓麻痺や発作のリスクが高まるという相関関係が確認されている。セックスと関連したオーバードーズや、ドラッグ関連の合併症、そして過激なプレイ。相手が死んでしまった場合、どうすればいいのか? 法的にはどうなるのか?

  • 高級娼婦の宣材を撮り続ける女性カメラマン

    「男女のカップル写真だけはムリ。一度だけやってみたけど、すごく倒錯してたわ。私が雇われたのは、自分たちがヤってるところを誰かに見せたいからじゃないか、って気がしたの」

  • ドローンで地元の売春斡旋団壊滅を目論む自警団

    ドローンは新技術だから、世間はそれを使用した経験があまりない。私は娯楽として何百時間もドローンを飛ばしている。それに、私の自警行為を他人に薦める気はない。というのも、コトに及んでいる車に駆け寄り、ドアを開き、そこにカメラを向けるのは危険な行為だからだ。残念なことに人々は、ひどいマナーでドローンを飛ばし、ドローンの悪評を高めている。

Advertisement
  • 桃色のお姉さんたちにサービス中の音楽について訊いてみた

    ネバダの州都から6マイル。ファストフード・チェーンやガソリンスタンドが立ち並ぶハイウェイのすぐそばに、アメリカで最も有名な売春宿がすぐそこにあることをスマホが教えている。「ムーンライト・バニー・ランチ」。

  • ファストファッションの代償ー売春か過酷労働か

    カンボジアの首都プノンペンでは売春と縫製産業が盛んだ。いずれにしても労働者は劣悪な労働条件の下で働かざるを得ない。売春の規制強化を背景に工場で働くようになった女性たちは、売春のがマシだという。その背景にある現実とは。