スケートボード

  • Epicly Later'd ジェイク・フェルプス(Jake Phelps)

    Epicly Later’d、第11回目はジェイク・フェルプス。スラッシャー・マガジンの編集長としてスケートシーンに多大な影響を及ぼしてきた彼と、サンフランシスコのスポットを巡る。ココ・サンティエゴ、ジョン・カーディエルの功績とともに、起伏が激しい土地柄とハードコアなマインドを根底としたダウンヒルを紹介する。

  • Epicly Later'd ジェリー・スー(Jerry Hsu)

    Epicly Later’d、第8回目はジェリー・スー( Jerry Hsu) が登場。チャイニーズ系の家庭で育ちながら、若くしてシーンで活躍するその所以とは? 彼の家族の証言、10代の頃から撮り溜めている自身のビデオからその謎に迫る。また写真家としても活躍する視点へのインタビューも収録している。

  • Epicly Later'd ネックフェイス(Neckface)

    Epicly Later’d、第7回目はネックフェイス(Neckface) が登場。スケートシーンとの強い結びつきを持つ、グラフィティ・アーティストの、インスピレーションソースや育った家庭環境へのインタビューを行いつつ、そのクソみたいで愉快な問題児のパーソナリティーに迫る。

  • Epicly Later’d ブレイドン・スザフランスキー(Braydon Szafranski)

    Epicly Later’d、第6回目はブレイドン・スザフランスキーが語る酒、ドラッグ、ビッチ。そして、彼にとってそれ以上の快楽だというスケートボードについて。アンドリュー・レイノルズ、ネックフェイスの証言も交え、破天荒という言葉がぴったりな彼のパーソナリティーに迫る。

  • Epicly Later'd アンドリュー・レイノルズ(Andrew Reynolds)

    Epicly Later’d、第5回目はベイカーの創設者であるアンドリュー・レイノルズ(Andrew Reynolds)が登場。難易度の高い大技を得意とする彼が、トリックに入る前に行う「狂気の儀式」について語った。

  • Epicly Later’d ジェリー・スー(JERRY HSU)& ケビン・“スパンキー”・ロング(Kevin “Spanky” Long)

    ケビン・”スパンキー”・ロングの父親が語るスパンキーの幼少期や学校での素行、パーソナリティーについて。そして、ジェリー・スーに、同年リリースされたエンジョイ(enjoi)のビデオ、『バッグ・オブ・サック(BAG OF SUCK)』での撮影秘話や、リリース後の生活について、メキシコでの旅行での話。

Advertisement
  • Epicly Later’d ケビン・”スパンキー”・ロング(Kevin "Spanky" Long)

    『Epicly Later’d』3回目は、ADD(注意欠陥障害)を抱えるケビン・”スパンキー”・ロング(Kevin "Spanky" Long)が登場。同じ障害を抱える父親が、スパンキーとスケートボードとの出会いを語る。そして、ベイカースケートボードに所属するいきさつを、スパンキー本人、アンドリュー・レイノルズ(Andrew Reynolds)などの証言を交えて紹介。

  • Epicly Later’d ジェイソン・ディル(Jason Dill)

    写真家、ビデオディレクター、コントリビューター、フォトエディターなど、様々な顔を持つパトリック・オーデル(Patrick O’Dell)が綴るスケートボーダーのドキュメントシリーズ『Epicly Later’d』。今回登場するのはジェイソン・ディル(Jason Dill)。

  • Epicly Later’d ダスティン・ドリン(Dustin Dollin)

    パトリック・オーデル(Patrick O’Dell)が綴るスケートボーダーを追ったドキュメントシリーズ、「Epicly Later’d」。第一回目はオーストラリアからN.Y.イーストビレッジへ、ふざけた買い物、タトゥー、そして酒、スケートボード、また酒、スケートボードのダスティン・ドリン(Dustin Dollin)の旅を追ったストーリー。

  • イランのスケーター

    イランの指導者層は反欧米に固執しているが、若者たちは、モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー皇帝の時代からあるペイカンと、プジョーの間を縫うように自らの生を謳歌している。テヘランのストリートは、スケーターのためにある。

  • 台北のハラール・スケーター

    スケート・カルチャーとイスラム文化を融合した空間。

  • 女性スケーターに聞いた スケート・シーンのあれこれ

    2015年10月に開催された、SLSシカゴ大会女性部門で第4位のレイシー・ベイカー(Lacey Baker)は、この機会を待ち望んでいた。彼女は、ストリートで技術的に最も優れている女性スケーターの1人だ。