タトゥー

  • トランスジェンダー・タトゥーアーティストの魔術的世界観

    マサチューセッツ州グレート・フォールズで活動するタトゥー・アーティスト、ノエル・ロングホールの美的で魔術的なアートセンスは、SNS上で数万ものフォロワーを獲得し、その数は未だに増え続けている。そんなノエルが彷徨う、暗く深い森の中を案内してもらう。

  • ギリシャの刑務所から出所したイスラム系移民 タブー視されてきた刺青を入れる理由

    ギリシャでは過去数十年で急増した移民に対する反発が強まり外国人排斥運動にまで発展した。中でも、シリアやイラクやアフガニスタンといった紛争地を逃れたイスラム系移民が多い。服役中の囚人たちは監獄の中で、イスラム教でタブー視されてきた刺青を彫り入れるのだという。一生消えない傷を身体に刻み込む理由とは。

  • 自ら刺青を彫り入れる、元警察官が撮ったソ連の囚人たちの姿

    世界中どんな刑務所でも刺青は、囚人たちの身体に刻まれたユニフォームのようなものだ。ロシアでは他の受刑者とのコミュニケーションツールになることもある。例えば首に短刀が刺さったモチーフは、当人が刑務所内で殺人を犯したことがあり、かつ殺人依頼を引き受けるという意味らしい。

Advertisement