void

  • VOID 初期D.C.シーンの異端悪ガキ最強短パンコア

    初期ワシントンD.C.のハードコア・シーンにおいて、超異端の存在であったVOID。まわりが眉間にシワを寄せ、熱い拳を握りしめていたときに、ギリギリ短パンで飛び跳ね、VAN HALENを愛し、そしてビールを美味しそうにゴクゴク。

Advertisement