Photo

イランのスケーター

イランの指導者層は反欧米に固執しているが、若者たちは、モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー皇帝の時代からあるペイカンと、プジョーの間を縫うように自らの生を謳歌している。テヘランのストリートは、スケーターのためにある。

by Mathias Zwick
25 April 2016, 7:04am

突如、路面を転がるウィールが辺りに鳴り響き、30人のスケート集団が通りを滑り抜ける姿を、通行人たちは振り返り、眺める。彼らは急坂を猛スピードで滑走する。アメリカン・ブランドのウェアに身を包み、GoProを装着し、スカルだらけのボードを彼らは操る。まるで南カリフォルニアの光景のようだ。しかし、ここはテヘラン、イラン・イスラム共和国の首都。

フランス人はイランに入国しやすい。2015年9月、私はパリのイラン大使館でビザを申請、取得し、ふらりとパリからテヘラン行きの飛行機に乗り込んだ。イランのスケーターに会い、撮影するのが目的だった。イラン政府の姿勢とは対照的に、大勢の若者が欧米風ライフスタイルを取り入れている。私は出会ったスケーターたちと8つの街をめぐり、彼らの日常にどっぷり浸かってみた。

取材旅行の中で出会ったスケートボード・フリークによると、イラン国内には2,000人ほどのスケーターがいて、ほとんどが15歳から25歳の学生である。アメリカの品物が入手困難であり、またインフレの影響もあって、スケートボードは誰にでも手の届くものではない。

「金のかかる趣味だね。今んとこやれんのは中流から上流だけ」とイラン初のスケートショップ「TSIXSTY」のオーナー、アリレザ・アンサリは教えてくれた。

テヘランにスケートパークが建設される一方、西欧文化のいち象徴であるスケートボードに対して、他の街は消極的だ。とはいえ、イランのスケートボード人気は高まりつつある。そして、ジェンダーの垣根を越えて楽しめる、イランでは数少ないスポーツのひとつでもある。着用が義務づけられている目立たないベールの上から、キャップを後ろかぶりに、少女たちも少年たちに混じってスケートボードを楽しんでいる。

イランの指導者層は反欧米に固執しているが、若者たちは、モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー皇帝の時代からあるペイカンと、プジョーの間を縫うように自らの生を謳歌している。テヘランのストリートは、スケーターのためにある。

MATHIAS ZWICKInstagram

イラン初のスケート・ショップは6年前に開店した。テヘランのショッピングセンター内にあり、人気のアメリカン・ブランドの商品を販売している。イランには経済、金融制裁が課されているので、オーナーのアリレザは商品をドバイ経由で輸入している。どのショップの壁にも最高指導者の肖像が飾られている。義務ではないが、特定の顧客を刺激しないために、アリレザは肖像を飾るようにしている。

テヘランのスケーターが、国内のスケーターと出会うために旅に出た。テヘランから南に約340キロ離れたエスファハーンが最初の目的地だ。イマーム・ホメイニ広場のモスク前で、普段は旅行者を運んでいる馬車につかまるエルファン。

本来、座りながら、食事を楽しみ、茶を喫し、寛いだりするためのペルシャ絨毯。その上で、テヘランのスケーターたちは、エスファハーンのスケーターを待ちながら、ウィールのないボードで即興のゲームを始めた。

いつもは人でごった返すテヘランのグラン・バザールも、イランでは金曜日が休日なので閑散としている。ひと気のないなか、迷宮のような市場にある幾筋もの路地で夢中になってボードを駆るスケーター。

南テヘランにある、1979年イスラム革命の最高指導者、ホメイニ師の壁画前でキックフリップをきめるアシュカン。

イラン南東部のケルマンでは、少女たちが少年たちと同様にスケートボードを楽しむ。着用が義務付けられているベールと長袖を着て、いつも少年たちに交じって練習する3人の少女。

テヘランのスケーターが国中を旅して周り続ける。ヤズドの近くで少々寄り道をして、山間の道路でスケートボードに興じる。

エルファンは、年中、初心者に乗り方を教えている。足元で転がる見慣れないモノに夢中になる地元の子どもたちから、旅のあいだ中、エルファンは質問攻めにされていた。彼らのほとんどがスケートボードを見るのは初めてだった。

ここ数年、イランの主要都市でスケーター集団が育っている。近代建築と伝統建築が混在するストリートが彼らの遊び場だ。テヘランとは違い、エスファハーンにはスケートパークがない。スケーターたちはストリートでボードを駆る。

「アボ・アタッシュ」(水と火)は中東最大のスケートパークだ。3年前にドイツ企業がテヘランに建設した。ここで、若者たちは、スケートボード、ローラースケート、自転車に興じる。スピーカーからはエレクロ・ミュージックが流れている。見物人は、観覧席に腰をおろし、イスラムの教えに背かないノンアルコール・ビールを片手に、トリックに見入っていた。

イラン随いちの先進都市テヘランには、イラン最大のスケーター・コミュニティがある。写真のクルーたちは、GoProで自らを撮影しながら、通行人が向ける驚きの視線をよそに、街中を駆け巡る。撮影した画像はインスタグラムにアップ。フェイスブックと違い、インスタグラムをイラン政府は禁止していない。