シリア南部の要衝ダルアーをめぐる闘い②

ダマスカス攻略のためにダルアー掌握を急ぐ自由シリア軍。ダマスカス防衛のためにダルアー掌握に焦るアサド政権。果たしてどちらの勢力がダルアーを制するのか。流血の絶えない惨禍に戦闘員たちな何を想うのか。内戦の行く末を占うべく、2015年、自由シリア軍に密着した貴重なシリーズ第二回。

|
28 February 2016, 5:16am

2011年3月、シリア南部のダルアーでの反体制デモから広がったシリア騒乱。発端の地、ダルアーでは、未だ、アサド大統領率いる政府軍と、自由シリア軍をはじめとする反体制武装組織が攻防を繰り広げている。アサド政権の本拠地ダマスカスから約120km南に位置するダルアーは、政権、反体制派、どちらの勢力にとっても戦略的要衝の地だけに、攻防はときとして熾烈を極める。

ダマスカス攻略のためにダルアー掌握を急ぐ自由シリア軍。ダマスカス防衛のためにダルアー掌握に焦るアサド政権。果たしてどちらの勢力がダルアーを制するのか。流血の絶えない惨禍に戦闘員たちな何を想うのか。内戦の行く末を占うべく、2015年、自由シリア軍に密着した貴重なシリーズ全二回。

原題:THE BATTLE FOR SYRIA’S SOUTH – PART 2 OF 2