『ブレードランナー2049』 の撮影現場に潜入

10月27日から日本公開される『ブレードランナー2049』。荒廃した未来の世界はどのようにつくられたのか。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、プロダクションデザイナーのデニス・ガスナー、そしてプロデューサーのアンドリュー・A・コソーブを案内役に、その舞台裏を探った。

|
sep 25 2017, 11:17am

1982年に公開された『ブレードランナー』(Blade Runner )は、特殊効果の限界を打ち破った。続編『ブレードランナー2049』(Blade Runner 2049)の製作陣は、オリジナルを越えるべく創意工夫を凝らしている。撮影現場を訪ね、プロダクション・デザイナー、プロデューサー、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)など、セットに命を吹き込んだスタッフたちに話を聞いた。更に、ハリソン・フォード(Harrison Ford)、ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)などのスターたちが、『ブレードランナー2049』の超現実世界について語る。

原題:VICE Talks Film : Inside the Making of ‘Blade Runner 2049’(2017)

More VICE
VICE Channels