movie

映画と不良。強制参加型反抗映画 『孤高の遠吠』を待ちながら vol.2 ユキヤ(赤池由稀也)インタビュー

「大人になったときに、みんなで観れば面白いんじゃねえの、酒のつまみにでもなったらいいや、みたいな感覚でした。でも、他の人が監督だったら絶対にやってなかったです。相棒の兄貴だったから」

by Hirohisa Asahara
18 September 2015, 4:54am

富士宮の不良、ユキヤ(22歳)。小林勇貴監督作『NIGHT SAFARI』、『孤高の遠吠』に出演する他、キャスティングやロケ地の選定、単車の手配、バックレた出演者の捜索と確保などに奔走し、映画を支える。2014年1月、『NIGHT SAFARI』の撮影期間中、模擬刀を手に成人式に臨んで現行犯逮捕。全国ニュースで報じられ話題に。今回は、カナザワ映画祭2015での『孤高の遠吠』の上映に合わせ、ユキヤにインタビューをした。場所は富士宮市内の居酒屋の個室。かつて、ここで小林監督はユキヤに取材をし、不良の実話の断片から物語を紡いでいった。監督インタビューと合わせてお読みください。

そもそも小林勇貴監督とは知り合いだったんですか?

同い年の相棒がいるんですけど、そいつの3つ違いの兄貴が監督なんです。小学生のころから知ってました。家に遊びに行くといましたから。でも、全然喋んなかったですね。自分も人見知りなんで。

『孤高の遠吠』* のなかのユキヤにはモトキという相棒がいますけど、実際の相棒もそのモトキ君ですか?

* 『孤高の遠吠』:(2015年/120分/カラー)出演者は、渡辺優津紀、神尾和希、日比野翔矢、増田亮太、中西秀斗、牧野慶樹、中込篤、赤池由稀也、小林元樹、梅本佳暉、石川ボン、他

そうです。モトキから「兄貴がへんぽらい」って聞いていて。

へんぽらい? どういう意味ですか?

こっちの方言で、変わり者ってことです。自分が中学行ってからも、監督とはちょっとしか喋らなかったです。監督は高校生で、モトキからは不良嫌いだって聞いていたんです。俺らみたいなのが嫌いみたいって。そんな奴と喋る気にならないでしょ。いまみたいな関係になったのは、映画やるようになってからですね。

ユキヤ君が映画に参加したのは前作の『NIGHT SAFARI』* からですか?

* 『NIGHT SAFARI』:(2014年/60分/カラー)出演者は、赤池由稀也、望月樹、助川寛、高木健史郎、岩間登、小林元樹、遠藤克樹、富田周、佐野太紀、常磐尚也、石川ボン、大石淳也、佐野有紀、赤坂美咲、小林直美、他

そうです。いまから3年ぐらい前ですけど、「兄貴が映画やってんだけど、出てみない?」ってモトキに言われて。正直、はじめは面倒くさかったです。ギャラが出るわけでもないし、やる価値ねえじゃんつって。でも、よくよく考えたら、もし俺らのツレまわりで撮れたら、一生の思い出になるんじゃねえか──そんな気持ちになってきたんです。高校にも行ってないし、みんなでひとつのものをつくるとか、なかなかできねぇと思って、「じゃあ、やろう」ってなったんです。大人になったときに、みんなで観れば面白いんじゃねえの、酒のつまみにでもなったらいいや、みたいな感覚でした。でも、他の人が監督だったら絶対にやってなかったです。相棒の兄貴だったから。

単なる相棒の兄貴ではない、映画を撮ろうとしている小林勇貴監督に初めて会ったときの印象は?

腰が低かったし、そこは相棒の兄貴ですから、俺もそれなりの対応したっスけど。そのときもここ(富士宮市内の居酒屋の個室)で話したんです。俺らがいままでどういう悪さしてきたか、そんなことを聞かれました。そういう実話をもとに映画をつくったんだと思います。

小林監督が『NIGHT SAFARI』を撮ろうとしたとき、最初に声をかけたのがユキヤ君だったんですね。弟のモトキ君を通じて。

おそらく俺でしょう。出ているのは自分が呼んだツレがほとんどですから。しかし、大変でしたよ。

何が大変でしたか?

ツレらを引き込むには、いいことを言わないといけないじゃないですか。毎週土曜の夜や日曜の夜が撮影でつぶれるわけです。それでも「いいよ」って言う奴は、ふつうなかなかいないですよね。

そのとき監督はもう上京していたから、土日に富士宮に帰って撮影するしかなかった。

そうです。だから、「みんなでやろうぜ!」みたいにもり立てて。

キャストに関して、例えば、どういう人を集めてほしいと監督から言われましたか?

弱そうな顔の奴がほしいとか、スゲェ顔が怖い奴とか。LINEとかでツレに声かけて、それから監督に「こいつはどうですか?」ってLINEで写真を送って、そうやって決めていきました。

ユキヤ君自身はどういう役をやってほしいと言われましたか? 『NIGHT SAFARI』では主演ですが。

そのときは、とくに言われてなかったです。主演とか聞かされてないし、言われてもわかんないし、台本もないし。撮影しながらわかっていった感じです。みんなで集まったら、その日にやりたいことを監督が説明して、そうやって撮っていきました。

クランクインする前に監督とキャストのあいだで、例えば、面接のようなことをやるんですか?

それはないです。その日に必要な奴だけ呼んで、そこで監督と初めて会うんです。「今日はよろしくお願いします」って。

じゃ、いきなり撮っていったんですね?

いきなりです。それでまとまったのが『NIGHT SAFARI』です。

出ているみんなは、完成形がどうなるかわからない?

わからないです。誰が出ているのかさえわかってない奴もいるし。撮影当日に呼んだ奴もいるんですよ。「足んねぇから、いまから来て」みたいな。さすがにそうやって呼ぶのは後輩ですけど。自分で言うのはなんですけど、富士宮と富士じゃ顔がきくんです。だからすぐに人も見つかるし、例えば『孤高の遠吠』だったらバイクがいっぱい出るじゃないですか、あれも用意しました。監督は「明日、原付4台集めて」とか無茶振りすることがあるんです。キツいじゃないですか。そんで下の奴に「お前ら原付4台集めろ」って言って、持ってきてもらって。

初めて映画に参加してどうでした?

正直、ナメてた部分もあったっスよ。たかが10分、20分の映像を撮るのに4時間、5時間かかったりするんで驚きました。

『NIGHT SAFARI』の次、『孤高の遠吠』はどうやって話が来ましたか?

『NIGHT SAFARI』を撮り終えてすぐに、「次はこういうのだからやろうぜ」みたいな流れで。LINEのグループで連絡が入るんです。

『孤高の遠吠』のときは台本があったと小林監督から聞きましたが。

見てる奴はいなかったです。台本なんかあったって、字ばっかりで覚えられないじゃないですか。でも、俺は台本があるほうが、監督がやりたいことを把握できてよかったですね。

台本を読む人と読まない人がいて、どっちかというとユキヤ君は、ちゃんと読んで覚えるタイプだったと監督が言っていましたけど。

ぱーっと見た程度です。台本に書いてある台詞が、現実に言ったことがあるようなことばっかりだったんで、べつに言いにくい部分もなかったし、自分の言葉にして喋っていきました。みんな「これはこうしたほうがいいんじゃないスか?」とかスゲェ言っちゃうんです。でも、それでどんどんまとまっていくんですよね。

現場での小林監督はどんな感じですか?

盛り上げ方が上手いですね。「あっ、それいいね!」「めっちゃ、怖ぇ~!」「それ、思いつかなかったよ」みたいに言って。カット入れたら、そのたびに集まってモニターでチェックするんです。みんなそれなりにカッコつけたいわけじゃないですか。「いいじゃん、カッケー!」ってなるときもあれば、ときには「これ、俺ちょっと嫌だな。もう1回撮っていいですか」とか反発する奴も出てくる。そうやって何回も撮っていくんですよ。監督はその過程を映像に残して、厳選したものを映画に使う。

撮影中、意見の対立はありましたか?

ありましたけど、そこはやっぱり監督がはっきり言いますね。小競り合いみたいなこともありましたよ。俺が「もっとわかりやすくしたほうがいいんじゃないっスか」と言ったことがあって、そのとき監督は「そこはわかりやすくするんじゃなくて、観てる奴らが考えりゃいい」って答えたんです。それもそうだなと思いました。監督はちゃんと考えてるし、言い方も上手いんです。一緒にいるうちに、変わった映画を撮りたいっていう気持ちが、じわじわわかってきました。ありきたりの不良映画じゃなくて。

クラブで撮影したシーンは、とても緊迫感がありました。

自分がオーガナイズしているイベントでゲリラ撮影したんです。あのシーンで俺がビール瓶で頭殴るじゃないですか。あれ、正直やりたくなかったんですよ、自分のイベントだから。外でたまっていた先輩に「オイ、ユキヤ何してんだよ!」って言われました。クラブはふつうに営業してますから、映画を撮ってるとわからなかったんですね。

『孤高の遠吠』の撮影を振り返って、あれはヤバかったってことはありますか?

俺はその場にいなかったんですけど、みんなが単車で発進するシーンがあるじゃないですか。あそこで事故ってるんです。監督は別の単車のケツに乗ってカメラまわしてましたから映ってます。事故ったせいで、えーかん時間かかったんです。

えーかん?

こっちの言葉で「凄く」って意味です。たしか朝の5時か6時まで撮ってたんじゃないですか。そのぐらいですね、大変だったのは。

ユキヤ(運転席)とモトキ(助手席)。映画『孤高の遠吠』より

『孤高の遠吠』のユキヤとモトキのコンビについて。映画のなかでは、モトキのほうがより攻撃的で、それをユキヤが抑えるような関係になっています。現実のふたりはどうですか?

近いですね。モトキは何も考えずにすぐに人をぶん殴るけど、俺の場合は捕まるとか、カネがかかるとか、あとのことを考えるし。監督は、弟のモトキから話を聞いているだろうし、中学時代の俺らのことは見ていたんで、そこらへんは把握してたと思うんです。

モトキ君とは、いつから相棒の関係になりましたか?

小学校のころはそうでもなかったですけど、やっぱ中学卒業して一緒に単車乗ったり悪さしたりしてからっスね。俺ら、愛沙瞳(アイシャドウ)っていう暴走族やってたけど、ヤクザに潰されました。富士宮はヤクザのしがらみが強くて。俺ら、ある先輩から山に呼ばれてぶっ飛ばされたんです。それで包丁突きつけられて、「死ぬか、俺の下につくかどっちがいい」って言われました。

『孤高の遠吠』のモトキの台詞を思い出しますね。あれは「お前、単車降りるか死ぬかどっちだ」でしたが。

そのころは単車が生き甲斐だったんで、「どっちも嫌です」って言いました。ヤクザに口応えするのは怖いです。包丁突きつけられてるし、山だし。埋められるんじゃねぇかと思うんですよね。どうしよう、どうしようって、えーかん冷や汗かいて。でも、最終的に俺らが負けて、「暴走族やめます」って言いました。ヤクザの下についてまで暴走族やりたくないじゃないですか。「お前ら、単車乗るんじゃねえぞ」って言われて、その場はそれで話終わったんですよ。もちろん、単車乗りまわしましたけど。見つかんなきゃいいやって。

誰だか知らない奴をいたぶるユキヤ(左)とモトキ(中央)。映画『孤高の遠吠』より

『NIGHT SAFARI』も『孤高の遠吠』も、自分たちを押さえつけてくるものに反抗する少年の姿が描かれていますが、ベースにはリアルな体験があったんですね。

富士宮と富士っていうのは昔から、先輩のしがらみ、押しつけが激しかったんですよ。俺が中学のころなんか、眉毛剃っただけでも呼ばれたし。単車乗ったら呼ばれるし。何するにも呼ばれる。1コ上で1番か2番に強いと言われていた先輩がいて、そいつやまわりの連中から俺らけっこうイジメられて。それなりに俺も同年代では名前売ってきたっスけど、先輩には逆らえないっていうのがあったんです。間違ってないのになんで従わなきゃいけないんだろうって毎日思ってたんですけど、あるとき、だったらやってやろうと思って、その先輩をぶっ飛ばして、ぐしょぐしょにしたんですよ。

1 対1で?

タイマンです。それで、年上でもいけるなと味をしめたんです。全員吞み込んじまえと思って、それからけっこう年上ぶっ飛ばすようになって、上にもどんどん名前が広がっていきました。そのときは、やっぱ解放感あったっスね。高校にも行かず、悪さをして、自分のやりたいようにやっていきたいのに、なんで先輩に縛られなきゃいけないんだって、ずっと思ってましたから。

不良の世界のしがらみはいまでも強いんですか?

自分が16、17のころに比べるとあんまりなくなりました。うるせぇ単車が通っても、いまはなんにも言わないし。昔は狩ってましたよ。狩った単車や原付が家の前にずらーっと並んでましたから。それを売って、えーかんカネ持ってたっス。

どうやって狩るんですか?

単純ですよ。例えば、呼び出して、「ぶっ飛ばされるか単車かどっちがいい?」って言って、目の前でそいつの友達ぶっ飛ばすんです。それで「お前もこうなりてぇか」って言う。あとは、知ってる奴にいくらかカネ渡して、そいつの友達をハメたりもしたっスよ。2ケツしてる単車を停めて、「お前、何? うるさいんだよ」とか言う。後ろに乗ってる奴が知り合いだとして、そいつはバックマージン貰って俺とツーツーだから「すみません。僕はやられたくないんでお金払います」みたいなこと言いますよね。そしたら運転してた奴も、「自分も払います」か「お金ないんで単車渡します」ってなるじゃないですか。それでけっこう食ってた時期があります。俺らが単車乗ってるころは、まわりの奴らに乗らせたくなかったんですよ。

当時、単車は何に乗ってましたか?

バブ、2台乗ってました。

ホークⅡ(CB400T)ですね。

ホークⅡとホークⅢ(CB400N)です。2台とも盗まれちゃったっスけど。それから単車乗るのもバカらしくなって、セルシオ買って、無免で乗ってました。いまは免許持ってますけど。

『孤高の遠吠』では富士と富士宮の喧嘩が描かれています。現実の富士と富士宮の関係はどうなんですか?

俺らのまわりは富士とは仲がいいんです。仲がいいっつっても、どっちも悪い奴らですよ。でも、俺らはモメないですね。

劇中、富士から富士宮に乗り込んでくるウメモトジンギ君は凄い存在感でした。実際はどんな人ですか?

超悪いです。自分たちのタメでは、富士ではウメモトが一番強ぇ、富士宮は俺が一番強いって言ってました。こいつは年少2回、鑑別2回行って、そのうち俺と2回捕まってて。

一緒に逮捕されたんですか?

共同危険行為(暴走)と傷害で一緒にパクられました。

実際の富士と富士宮は一緒に走るような関係だったんですね。ところで、ユキヤ君とウメモトジンギ君が闘ったことはあるんですか?

喧嘩はないですね。向こうもそうだと思うんですけど、俺は中学のころにウメモトの存在を知ったんです。中3のときに沼津と戦争があって、そのとき初めて会いました。沼津のアタマ張ってる奴と俺がモメたんです。富士と富士宮で20人ぐらい集まって、電車に乗って沼津まで行きました。そのときにウメモトも来たんですよ。

喧嘩はどうなりましたか?

沼津は20~30人ぐらいで来て、駅の近くの公園でやりました。

素手で?

素手ですね。沼津の奴らは武器を持ってましたけど、けっきょく使いませんでした。そのときに仲良くなったから、ウメモトとは喧嘩はしてません。俺も一目置いてるし。『孤高の遠吠』の終盤の格闘シーンで俺とウメモトは共倒れだったじゃないですか。実は撮影のときに、監督から「どっちがやられる?」って聞かれたんです。「俺はやられたくないです」って言いました。ウメモトも「俺もやられたくないですよ」って言って、「じゃ、同体でいいじゃない」ってことになって。映画だけど、ふたりとも負けたくなかったんですよ。

富士最強の男、ウメモトジンギ。映画『孤高の遠吠』より

ユキヤ君はこれまでに何回捕まってるんですか?

4回です。共同危険行為、傷害、あと、恐喝と商標法違反。

商標法違反は何をやったんですか?

偽物のブランドをさばいたんです。韓国から、クロムハーツとかペラフィネ、アルマーニ、ドルガバなんかの偽物をこっちに持ってきて。いまじゃ偽ブランドはあんまり流行んないですけど、当時はけっこうカネになりましたよ。で、ちょっとミスって捕まりました。罰金もえーかん払ったし。そのとき自分、20歳近くて、保護観もついてたもんで、ヤベェ、年少だなと思ってたんですけど、誕生日がすぐだったんで、たまたま成人扱いになったんです。要は初犯扱いなわけじゃないですか。だから罰金で済んだんです。

刑務所に入ったことはありますか?

いいえ。俺は鑑別2回の、あとは留置場までです。罰金刑で。

初めて鑑別所に入ったとき、どんな気持ちでしたか?

1回目は、スゲェわくわくしましたね。

どんな悪い奴がいるのかなって?

そう。でも、誰にも会わないんです。ひとり部屋なんで。たしか6畳……もなかったな。

テレビはあるんですか?

あります。見れるのは夜の7時から9時までの2時間だけですけど。それで9時消灯です。

他の入所者との交流はないんですか?

ないです。ウメモトと一緒に捕まったときも、会えませんでした。共犯者ですからね。みんなの部屋の前を通るときも、なかを見ると怒られるんですよ。風呂は4人で入るけど、喋っちゃダメだし。スポーツとかもやるけど、喋っちゃダメだし。

スポーツは何を?

サッカー、ソフトボール、あとはエアロビクスとか。やっぱり、運動はしないと。外の空気も吸いたいし。でも、鑑別は楽です。留置場は最悪です。檻で、畳しかないんですよ。でも、少年の事件だと傷害ったって、人ぶん殴ったとか単純な話じゃないですか、だと、取り調べも少ないから、せいぜい10日勾留なんですよ。つまり10日間留置場にいるんですけど、その10日が凄いキツいんです。

留置場では他の人も一緒になるんですよね。

少年は、だいたい1人か2人です。自分は成人式で捕まったんで成人扱いでした。そのときは同じ檻のなかにおっさんが3人いました。「すぐ出れるかな?」って聞いたら「出れるっしょ」って言われました。

成人式で捕まったのは、時期的には『NIGHT SAFARI』を撮っていたころですね。以前、監督からインタビューで聞きましたが、ユキヤ君本人からも聞いていいですか?

ふざけて模擬刀持っていったんですよ。

その模擬刀は斬れるんですか?

斬れはしないですけど、刺すことはできます。模擬刀と拡声器を持って成人式の会場がある市役所に行って、エレベーター乗ろうとしたら、職員が「こんなの持ってたら入れないです」って言うから「ふざけんな!」っつって。富士宮の成人式は午前中で、富士は午後からだったんで、終わったら富士に行こうと思ってて、そのために後輩が単車20~30台集めて来てくれる段取りだったんです。俺、楽しみにしてたんですけど、会場に入って10分で捕まりました。知り合いに肩叩かれて、「ユキヤ、ちょっと個室に来て」と言われたから、入ったら、オマワリでいっぱいでした。刀は入り口のとこに預けてたんですけど、オマワリに「この刀は誰のだ?」って聞かれて「俺のだけど」って言ったら「○時△分逮捕!」って言われてガチャっと手錠かけられました。「ふざけんな! テメエ。なんにも悪いことしてねえぞ」ってスゲェ暴れたんです。「お前は法を犯したんだ!」「なんの法だよ!」ってなって、袴のままパトカーに乗せられて富士宮警察署に連行されました。

ユキヤ君は富士宮が好きですか?

好きっスね。

いまはどんな仕事してるんですか?

自分は建設業と人夫出しやってます。前みたく悪さはしてないんで。

映画に出て何か変わりましたか?

なんも変わんないっスよ(笑)。

まったく違う内容の映画のオファーだったら、出演したと思いますか?

それはないですね。恋愛系の映画を撮りたいからやれって言われても無理だし。たまたま、不良の映画で使ってもらったのが良かった。実際にやったことあることだし、カメラの前でやっても違和感がないんです。リンチやったことあるし、窃盗やったことあるし、人をぐしょぐしょにしたことあるし、拉致もやったことあるし、全部やったことがあるんですよ。だから、そんなに窮屈じゃないんですよね。

出ているみんなも、そんな感じでしょうか?

そんな感じですよ、たぶん。だから、台本とか小難しいこと言われなくても、その場で集まってできるんですよね。

映画に出ているタメの子たちとはたまに会いますか?

会いますね。平日は軽く飲みに行くぐらいですけど、夏だったら土日は海とか行きますよ。今年も7~8回行ったし。静波(静岡県牧之原市静波)とか白浜(静岡県下田市白浜)とか。

みんな刺青出したまま泳いだり。

そうですね。白浜は芸能人や有名人も来るじゃないですか。こないだ伊藤リオン(元関東連合)がいたっスよ。

伊藤リオンどうでした?

めっちゃオーラがありましたね。テレビで見るのと全然違いました。俺、見てたら目が合ったんですよ。さすがにヤベェと思いました。

ユキヤ君、最近は以前ほど、イラついたりしなくなりましたか?

そうですね。モメごとにも巻き込まれないし、なんにも言われないもんで。昔みたいに悪さしようとも思わないし。

ヤクザになろうと思ったことはないですか?

思わないっスね。稼げてないのが目に見えてわかるんで。憧れたこともないです。中学のころから、ヤンキーを極めようという考えでしたから。ヤンキーのなかでもヤクザに反発する奴としない奴がいるんです。反発しない奴はカネをとられて、いいように使われて、最後は逃げたり、お巡りに言ったり。そのときは救われても、まわりからはひどく言われるじゃないですか。それが嫌だったら、自分でなんとかするしかないんですよ。

小林監督はそういうことを映画に残したかったのかもしれないですね。

そうでしょうね。実際、あの映画を観て気に入らない奴もいるでしょう。真面目やってる奴らとは違う世界じゃないですか。自分は机に向かって勉強するのが嫌だったからこうなったけど、勉強して一生懸命働いている奴らもいる。監督はどっちも知ってるんですよね。高校行ってたわけだし。勉強も努力もしてるだろうし。でも、話しててわかるんですけど、あの人、それなりに世間に不満があると思うんです。そういうのを映画にしてぶつけてるんじゃないですか。昔は俺らみたいな人間が嫌いだったかもしれないけど、映画を通して話すようになって、わかってくれた部分もあると思うんです。聞いたことないんでわからないですけどね。自分のこと、どう思いますかって聞けないでしょ。
監督は『孤高の遠吠』のカナザワ映画祭での上映が終わったら、次の映画をすぐにでも撮りたいみたいですね。やってて楽しくて仕方がないんじゃないですか? いまはカネないと思うんですよ、あの人。スゲェないと思う。でも、映画が好きで熱中して、カネより自分の信念を選んでるんですよね。俺は成功してほしいと思ってるんです。

映画に出た他の不良の子たちも、みんな同じように思ってますかね?

たぶん、そういうふうに考えてると思うんですよ、それなりに。

ユキヤ君はいま22歳ですよね。生きていくのがしんどいと感じるときはありますか?

いや、しんどくないです。でも、昔よりは楽しみが少ないですね。16、17、18のころのほうが楽しかったと思っちゃいます。何も守るものがなく、自由で。オマワリともスゲェ喧嘩したし。いまは、捕まったら名前が出ちゃうとか、おふくろに迷惑がかかるとか思っちゃうんですよね。昔は、親なんてどうでもいいと思ってたし、殺していいぐらいの気持ちだったんですけど。いまは、おふくろが一番大事なんですよ。

夢とかありますか?

夢っていう夢はないです。もともとサッカー選手になりたいって夢はあったけど、それもなくなって、サッカーっていうしがらみからも解放されて、いまみたいになったんです。先のことを言うなら、仕事をデカくして、人より金持って、一生遊んでたいっスね。