Who Are You?:佐原共さん(29歳) 季節労働者

「これが無いと食っていけないので。季節に合わせて移動します」

|
15 January 2016, 6:53am

先日新幹線で、斜め前に座っていたサラリーマンのおじさんが、堂々とエロサイトを見ていました。噂には聞いていましたが、本当にいらっしゃるんですね。局部アップとか、「お○こ」で検索とか。でも「お○んこ」で検索しないところは、おじさんの拘りのようです。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

佐原共(さはら とも)さん (29歳):季節労働者

こんにちは、本日はよろしくお願いします。早速なのですが、ご職業が季節労働者さん。

はい。色々やっているのですが、メインは季節労働者です。これが無いと食っていけないので。

むー、どのような感じなのでしょうか?季節によってお仕事が変わるんですか?

そうです。季節に合わせて移動します。

大体の流れを教えていただけますか?

はい。毎年違うんですけど、夏は山小屋、秋は北海道の鮭…イクラの工場ですね…

あ!テレビでイクラ工場のドキュメンタリー観たことあります!

そういえば、隣の工場に取材に来ていました。

やっぱアレですか!で、冬はさすがに寒くなるからお休み?

いえ、沖縄に。さとうきびを刈ってます。

(笑)!日本の四季を感じますね!!

そうですね(笑)。どこにでも仕事はあります。

で、春を迎えますが。

静岡でお茶ですね。

フフフ!お忙しいですねぇ。現在一月ですが、今はお休みですか?

いえ、ちょうど和歌山でみかん捥ぎの最中です。今日はちょっと実家に戻って来ています。

うわぁ、働いてらっしゃいますねぇ。ちなみにご実家はどちらなのですか?

千葉の流山です。

でも一年の間、ほとんど流山にはいないと。

そうですね。毎年の仕事によって違いはありますが、大体どこかに行っています。

なんでこんなことになったのでしょう(笑)。では、色々お聞かせくださいね。ご出身も流山ですか?

はい。ずっとです。

昔から放浪癖があったとか?

いえいえ(笑)。

流山ってどんな所ですか?行ったことないのですが。

埼玉と茨城に挟まれた、いわゆるベッドタウンです。本当に何も無い所です。コンビニも歩いて行ける距離にありませんでしたし、近くには図書館とちょっと大きな公園と学校があるくらいでした。

どんなお子さんでしたか?

本当に普通の子供でした。まぁ、元気でしたので、外で遊んでばかりいました。

こんだけ全国回ってるんですから元気でしょうね。中学も元気でしたか?

はい、元気でした。バスケットボールやったり。

モテそうっすよね。

いえ、それが全然。まぁ、真面目だったんです。生徒会にも入っていましたし、自分で言うのもなんですが、先生に気に入られる優等生だったと思います。

あら〜、そんな真面目な子が放浪しちゃうんだから、人生分からないですよね。高校は?

普通の公立高校に入りました。ただ姉がアメリカに留学していたこともあり、母が「アンタも行くんでしょ?」って、当たり前のように僕も高二の夏から一年留学したんです。

結構教育熱心なご家庭だったと?

そうでもないのですが、どんどん外には行けって言われていました。

現在その通りになっていますけど、まさかこんな形になるとは、ご両親も思っていなかったでしょうねぇ。留学はどちらに?

アメリカのミネソタです。めちゃくちゃ保守的な白人コミュニティーって感じでした。

どうしてミネソタを選んだのですか?

奨学金が貰えたんです。地元のキッコーマンから。

え?キッコーマン?

ええ。キッコーマンが地元の高校生を支援してくれる制度があるんです。それで、キッコーマンと提携しているのがミネソタだったんです。

じゃ、ミネソタに行って、醤油の普及活動をするとか。

いえいえ、それはありませんでした(笑)。

やっぱ「キッコーマン」ってあだ名をつけられたり。

いえ、それもないです。好きにやらせて頂きました。

ミネソタはいかがでしたか?やはりそこから人生が変わったのですか?

いえ、それもまだなかったです。ただオルタナ系の音楽が好きだったので、アメリカっていうとビースティー・ボーイズとかサブライムとか想像していたんです。でも本当に田舎で何も無いし、これじゃ日本の方が刺激的じゃないかって。逆にビックリしました。

ホームステイしたのですか?

はい。絵に描いたような幸せ家族の家庭で、クリステンセンさん一家です。お父さんが弁護士さん、お母さんが専業主婦。あと子供が3人いました。

あら、同世代の子供ですか?女の子とか。イヤらしい感じになったとか。

1歳違いの可愛い子がいたんですが、性格が全然合わなくて、そこはうまく行きませんでした。

アメリカの学校生活はいかがでしたか?

授業が午後2時までしかなかったんですね。なので、ここでもバスケやっていました。

あら、じゃ、どちらかというとイケてるスポーツマンチーム、いわゆる「ジョックス」ってヤツですか?チアガールと付き合ったりするヤツー。いけ好かないヤツー。

いえいえ、そんなことありません。一回いじめみたいなこともあって、ロッカーにウンコがベタベタ〜ッと。

ウンコ!?

ええ、人糞です。「ああ〜、こんなこともあるんだ」って。アジア系の生徒はほとんどいなかったので。

そこからエスカレートしたんですか?

それは無かったです。逆に周りから気を遣ってもらうようになりました。

女の子系は?

それも全くなかったんです。すごい出会いを期待してたんですが。

じゃ、プロムとも行かなかったのですか?

いえ、プロムは行きました。

やっぱジョックスじゃん!

いえいえ、なんだかんだみんな行くんです。カップルとか関係なくて。

でも女の子と一緒に行くんですよね?誰と行ったのですか?

えっと、アシュリーです。彼女は今米軍で働いているって聞きました。

ちなみにプロムのとき、ナードの子たちは何をしているのか知ってますか?

いえ、田舎の町だったので、ナードな子たちも来てました。みんなアバクロ着て、ジュース飲んでました。

ちょっとバカにしてるでしょ(笑)。それで日本に帰ったのが高三の夏ですよね。そこから受験勉強とかしたんですか?

受験勉強はしなかったんですが、推薦で大学に入りました。

おお!やっぱジョックス!優等生!

いえ、うちがクリスチャンなんですね。それで青山学院大学にキリスト教推薦という制度がありまして、受洗している人は受けられるんです。それで入学しました。ですので、本当に勉強はしていません。

いやいや、そんなことないでしょ。絶対きちんとしてたと思う。じゃなきゃキッコーマンも金出さないし。でもね、ここまでお話を伺っていると、めちゃくちゃいい子じゃないですか。季節労働も立派なお仕事ですけど、やっぱまだ繋がりません。このあと何があったんですか?悪い女に騙されたとか?

いえ、それはありません(笑)。超奥手で20まで女性は知りませんでしたし、タバコも吸えない、お酒も飲めなかったんです。

では、どの時点から?

えっと…マッドリブです。

マッドリブ?ヒップホップの?

はい。在籍中に聴いて衝撃を受けて、そこからヒップホップにどっぷりとハマってしまって…

おっ!やっと来ましたか!マッドリブが悪の道へと?

まぁ、そのー、はい…そこからデビューです。

夜遊び!女!酒!アレも吸う!コレも吸う!って感じですか?

はい。「すごく楽しい!人生最高だ!!」って思っていました。あ、もちろん今は何もしてませんです。

ご両親からは何も言われなかったのですか?

はい。確実に気づかれていたんですけど、何も言われませんでした。なんか見守っている感じで、今もそうですし。感謝しています。

学校は卒業したんですか?

はい、そこはなんとか。

では卒業してそのまま今の世界へ?

いえ、「無理だろうな」と思いつつ、最初は就職したんです。でもやはり二ヶ月ほどで辞めました。

どんなお仕事だったのですか?

オール電化製品の販売代理店の営業だったんですけど、やはり面白くないし、キツいですし…

デビュー後ですものね。

はい。それで「これからどうしようかなぁー」って思っていたところに「こんなのあるよ」って知人に紹介されたのが鮭なんです。

ああ、鮭が一発目だったんですね。いよいよスタート。どうでした?

本当に衝撃でした。

どんなところが?

まず工場のまわりにその〜、北海道なので〜、草がたくさん…

コラ!そこはもうイイです。他には?

世の中にこんなにダメな人たちがいるのかと。正直ちょっと安心しました。

(笑)。どんなダメな人?

そうですねー、離婚届が工場に届いた人とか。あのときは盛り上がりました。

アハハ!やっぱ若い人が多いのですか?

年配の方もいますが、大体20〜30代の若い人ばかりです。ミュージシャンとか絵を描いている自由人とか。あとは旅人。

中田ヒデ系じゃない方ですね。ちなみにどんな1日なのですか?

朝8時頃から始業なのですが、まず腹を割いて筋子を出します。その後に、その筋子を揉んでイクラにしていきます。タコ糸が貼られている台がありまして、その上に7〜8キロの筋子を乗せます。それをひたすら扱くんです。2〜3時間で一回休憩して、またひたすらやります。

ウォー!超キツそう!僕らがいつも食べている、一粒一粒のイクラにしているのが佐原さんなんですね。じゃあ、もうイクラ見たくないでしょ?

いえ、それがイケます。腹割いて、そのままかぶりつきます。もうまったく違うんです。卵ですね。

卵?

はい。ニワトリの卵と同じ味がします。もう濃厚です。ミルクです。プリプリ過ぎて歯から逃げます。噛めないです。トゥルントゥルンです。

わー、マジっすか。全然知らなかったです。で、そんな毎日がどれくらい?

2ヶ月から3ヶ月ですね。

お休みは?

基本ありません、毎日ですね。

うー、スゲエ…。それで大体イクラくらい稼げるんですか?

調子良くて頑張ったら、月で25〜30万くらいですね。でもボロボロの掘っ建て小屋みたいな寮で過ごすんですが、食事も出ますし、家賃もかからないので、とにかくお金は使わない。確実に残るんです。ですので、みんなそこでしっかり稼いで、また放浪するんです。

やっぱ気になるんですが、性処理はどうしてるんですか?

同じ寮ではありませんが、女の子たちもいるんです。だからそちらに向かうことが多々あります。

では、鮭工場は性生活が乱れているという認識でよろしいですか?

まぁ、みんながみんな、そうではありませんが、やはり自由人なので(笑)。

いいですね!で、佐原さんも鮭工場をやってみて、「こういう仕事もアリだな」って思うようになったと。

そうですね、面白かったですし、気の合うヤツらにもたくさん会えましたし。それで、他の季節労働にも興味が出てきて、今に至るんです。

ちょっとまとめさせてください。鮭、さとうきび、みかん、お茶、山小屋…でしたっけ?

はい。あと、スキー場の住み込み、昆布もやりました。

この中で一番好きなのはどれですか?

さとうきびですね!

おお〜どんなところが?

はい!男の青春ですね!!

はい?

本当に過酷な仕事なんです。なので、身体がどんどん締まっていくんです!

具体的な作業内容を教えてください。

さとうきびを刈るんです。斧で叩くイメージです。やったトン数分だけお金が貰えるんです。1トンで大体5000円です。

1日で大体何トン分集めるんですか?

畑にもよるんです。ダメなさとうきびだと1日やっても3000円とか。でも良いきびだと、1日で2万から3万くらいになります。ですので、JAと仲良くして、いかに良い畑を紹介してもらえるかにかかっています。

あ、JAを通すんですか?

はい。JAに履歴書を送って登録するんです。結構こういう窓口ありまして、みかんとかもそうですし、ハローワークとかにも載ってるんです。

さとうきびも住み込みですか?

はい、そうです。

じゃ、また鮭工場のように…

いえ、ここは男だけの職場なので(笑)。男臭く毎晩飲んでますね…というか、畑で飲みながら仕事しています。

でも21からずっとこの仕事をやられて、お金も貯まったんじゃないですか?何に使ったんですか?

24から2年間、私も海外に行ったんです。その資金に使いました。

おおー、やっぱ自由人たちに感化されましたか。どちらに?

中南米です。自転車で回りました。

ええ!チャリで!!自由になり過ぎでしょ!どこ漕いだんですか?

…メキシコ、キューバ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカ、ニカラグア、パナマ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジル…です。

スゲエ〜!でも中南米でしょ、めちゃくちゃ怖かったんじゃないですか?VICEでも怖いのやってますよ。

いや、それが本当に申し訳ないのですが、何もなかったんです。

え?まったく?

はい、本当にまったくでして、お金盗られることも、狙われることもありませんでしたし、ちょっとスーハーして危ない感じになったこともありましたが、それは自業自得ですし。本当にみやげネタが無いので、みんなからも呆れられます。

でも自転車で回って、野宿とかするやつですよね?

はい、場所によっては野宿ですね。ガソリンスタンドとか畑とか。でも本当にみんな優しくて、色々教えてくれたんです。

中南米ギャルのことも教えてください。

中南米ギャルはスゴかったです。

スゴかった!!

はい、超積極的で。田舎の宿とかに泊まっていると、ノックされるんです。受付のお姉ちゃんが立っていて「アタシアナタノコトスキネ。ゴヒャクエンデエエヨ」って。

Oh!!!!

あとバーとかで知り合った子も、話して1分後とかに「アナタドコニトマッテルノ。アタシヒマヨ」とか。

それはすべてお金云々の話なんですか?

いえ、そんなこともありません。

じゃあ、漕いだり漕かなかったりしたんですね。元々2年で帰ろうと思っていたんですか?

いえ、本当は「6年で世界一周」を目標にしていたのですが、体調を崩してしまいまして。自転車の漕ぎ過ぎで、「スポーツ心臓症候群」という症状が出てきてしまったんです。

なんですか、それは?

毎日運動し過ぎて、心臓がデカくなってしまったんです。痛みも出てきたので帰国しました。

やり過ぎちゃいけないってことなんですね。

はい。旅の後半は意味もなくアスリートみたいになってしまって、「今日は100キロ!」とか決めて漕いだり、身体が痛くなるのが快感になったり。でもさすがに病気は辛かったので、現在は身体に悪いこと一切していません。

フゥ〜、ヨカッタ。ご両親も見守ってくださった甲斐がありましたね。そして帰国されてからも季節労働者に復帰されましたが、やはりお仕事は楽しいのですか?

楽しいですけど、正直辞めたい気持ちもあります。ただやはり刺激が欲しくなってしまう。定住出来ない。社会の中で働いてませんし、請求書の書き方とかもわかりません(笑)。なので、色々模索している途中ではあります。

なにか新しいこと始めたり?

はい。あ、それで友だちと『discotecablanco』っていうジンを作り始めました。サイトもあるんです。

どういったジンなのですか?

イラストとか写真とか音楽とか。そういったものをまとめたものです。

どこで売っているのですか?

いえ、友だちに配っただけです。値段付けられるブツでもないので。

もうちょっと積極的に行きましょうよ!

あ、そうですね。あ、でもこっちは300万円です。今日持って来たんですが。

300万!なんですか、コレは?

今メキシコにいる友だちのコラージュ作品です。一点ものの画集なんです。パトロン探しております。ちょっと告知させてください。よろしくお願いいたします!

タダと300万ですか。やはり自由ですね。ご興味ある方は、どちらもサイトの方にお問い合わせください。じゃあ、これでお金が入ったら嬉しいですね。

そうですね、それが一番嬉しいのですが、お金が入らないのは知っていますので大丈夫です。

了解です!では今後の予定は、みかんに戻って、お茶ですか?

ええ、みかんには戻りますが、青年海外協力隊にも応募しているんです。受かったら2年間コスタリカに行きます。実は明日面接なんです。

わー!じゃ髭剃らないと。

はい、この後剃ります。

頑張ってください!また中南米ギャルにヨロシク!

「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。自薦、他薦、構いません。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。