Advertisement
Food

ピクルスを噛み砕く動画で大人気 〈ピクルス・レディ〉が語るASMRの効果

ネット上で絶大な人気を誇るASMRのクイーン、スピリット・ペイトン。彼女は、キュウリのピクルスを噛み砕くことで、「リラクゼーション効果のあるみずみずしい咀嚼音」を提供しているという。

by Jelisa Castrodale
06 July 2019, 2:30am

Screenshot via YouTube

私は最近、数時間のフライトで、2回の機内食から空港で買ったサラダまで、あらゆるモノをクチャクチャと音を立てながら食べる男性の隣になった。私の巨大なヘッドフォン越しでも咀嚼音が響いてきて、まるで大量のベビーキャロットにじわじわと死に追いやられるような、世にも恐ろしい体験だった。だから私個人としては、スピリット・ペイトン(Spirit Payton)がピクルスを食べるASMR動画なんて、みじんも興味はない。しかし、信じられないことに、多くのファンが彼女の動画の虜になっているという。

ヒューストン在住で47歳のペイトンは、YouTubeチャンネル『ASMR The Chew』とInstagramのアカウントを合わせて、50万人以上の登録者とフォロワーを集めている。彼女が囁きながらVlasic社の巨大なディルピクルスにかじりつく動画は、1000万回以上再生されている。彼女は他にマシュマロ、リンゴ飴、ポップコーン、ビッグマック、ペパーミントキャンディ、チートスなども食べているが、断トツ人気はピクルスの動画だ。

未体験の読者のために説明すると、ASMRは〈Autonomous Sensory Meridian Response: 自律感覚絶頂反応〉の略で、頭や首の後ろがゾクゾクするような感覚を引き起こす、聴覚や視覚への刺激を表す。『Guardian』が「頭のオーガズム」と称するこの現象は、ほとんど科学的に調査されておらず、2018年5月時点で発表されている論文は1本しかない。

この2015年の研究では、スウォンジー大学(Swansea University)で心理学を専攻する大学院生2名が、ASMR好きな475名を対象に、彼らが何を感じたのか、そして音による勃起など、ASMRがもたらす効果を調査した。彼らの回答によれば、ASMRを引き起こすのは、囁き声(75%)、他人によるケア(69%)、噛み砕く音(64%)、ゆったりした動き(53%)だという。ペイトンは、これらすべてを自身の動画に取り入れている。

ネット上で〈ピクルス・レディ〉として知られる彼女は、ニュースサイト〈ABC7 NEWS〉の取材に、骨の変性疾患による慢性痛を和らげる手段として、娘からASMR動画を紹介されたと語った。「私の身体は、80〜90歳の老人とほとんど変わりません。病状は悪化するばかりでまったく改善せず、あとはとにかく痛みを和らげるしかない、と告げられました」。そのあとペイトンは、娘からヘッドフォンをプレゼントされた。彼女がそれをつけて動画の再生ボタンを押すと、瞬く間に穏やかな気分になったという。

ASMRについてさらに調査を進め、痛みが和らぐのを実感したペイトンは、ついに処方薬の服用もやめられるまでになった。そこで彼女は、今度は人助けのために自分が動画をつくる番だ、と思い立った。今から約4年前、数十万人が彼女のチャンネルに登録する前の話だ。

「ASMRのある特定の音を聴くと、身体が宙に浮く感じがして、癒されるような気がするんです」と彼女はウェブマガジン 〈FADER〉の取材に応えた。「ですから、今度は誰かを助けるために、私の体験を共有したいと思ったんです。私がASMRを追究するのは、世界中の人びとがストレスに苦しみ、見捨てられたり、薬物治療を受けるお金のないひとがたくさんいるから。みんな助けを求めています。彼らだって幸せにならなくちゃ」

その〈助け〉と〈幸せ〉をもたらす音こそが、見知らぬ誰かがディルピクルスを噛み砕く音なのだ。

This article originally appeared on VICE US.