Who Are You?:加藤風花さん(24歳) フリーター

「今は、〈結婚したい=ディズニーランドに行きたい〉くらいの軽い気持ちであります。でも30歳くらいになったらわかりませんけど」

|
18 augusti 2017, 2:16pm

駅のホームに、なんとも初々しくて爽やかなカップル。彼女が「えい!」「やー!」とかってパンチ、キックを、そして「やめろよー、もうー」なんて彼氏。可愛いふたりだなぁと思ってたんですが、その彼女がとんでもないボインちゃんだったので、なんかとってもショックでした。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

加藤風花(かとう ふうか)さん(24歳):フリーター

本日はよろしくお願い致します!

よろしくお願い致します。

加藤さん、趣というか雰囲気がありますね。

ありがとうございます。

眉毛もご立派だし。

ありがとうございます。でも友達ができにくいです。

え、そうなんですか? 眉毛のでせいで?

そういうことではありません(笑)。人からは友達多いよ、といわれるんですが、心と心の距離が遠いので、自分ではあまりいないっていう感覚です。

心と心の距離ってなんですか?

友達と呼んでいいのか? みたいな感じです。知り合いが膨大にいたのが原因だと思います。ですから今は自分のなかで整理して、人付き合いをしています。

昔から友達はできにくかったんですか…あ、初っ端からこんな話で大丈夫ですか(笑)?

大丈夫です。大学時代、大学にはほとんど友達がいなかったです。置かれている状況とか、学校とか、全部嫌だったですね。

大学は楽しくなかったと。

はい。大学はめっちゃ楽しくなかったです。

どちらの大学に通ってたんですか?

多摩美術大学です。ええ、4年間ほとんど楽しくありませんでした。

楽しくなかった感がとてもよく出ていますね(笑)。今はどうですか?

今は、ごく周りの人間とだけ遊んでいます。すごく楽しいです。

じゃあ、現在お付き合いされている方はいらっしゃいます?

おりません。これまできちんとした恋愛も全然ありません。

ではきちんとしていない恋愛はしていたんですか? オイタしてたんですか?

そういうことではありません(笑)。ちゃんと恋愛をしていないという意味です。

お付き合いされたことは?

ありますけど、高校のとき、エレベーターに乗ってたら、うしろの人に盗撮されたことがあるんです。そいつが現行犯で捕まりまして、私も警察署に行ったんですけど、確認のためにそいつが撮っていた動画を見たんですね。それが強烈すぎて、それで男の人がちょっとダメになったという。

スカートの下からパンツを撮られていたんですか?

タイツは履いてました。タイツなのに撮るか? って。パンツは見えないのに。それが自分では結構気持ち悪くて、マジかーってなりまして。

それで男の人がダメになったと。

そうですね。男の人にそういう対象で見られるのがマジ無理だなって思いました。もちろん友達は大丈夫なんですけど。

なるほどー。じゃあ、将来は、結婚もしたくないですか?

結婚はしたいと思っています。ひとりで死ぬのが嫌だから結婚したいですね。

ああ、酒向さんと同じお答えですね。孤独死は避けたいと?

だったら友達でいいじゃんとか、いろいろ考えますけど。実際に結婚がしたいのか? 恋愛がしたいのか? 友達に恋愛したいっていうと、恋愛している人たちが楽しそうだから、自分もしたいと思ってるだけでしょ? っていわれたり。

恋愛をしてる人たちは楽しそうに見えるんですね?

そうですね。楽しそうだなあって思うんですけどね。でも別に要らないんですよね。いや、そう思っちゃうところがダメなんですよね。

すげえ、今、3回転しましたね(笑)。

欲しいんです。そういうのが、楽しい、面白いって思える気持ちとか。

そういう気持ちが欲しい?

でも。友達でもいいじゃんって思う。

大回転ですね(笑)。

今は、「結婚したい=ディズニーランドに行きたい」くらいの軽い気持ちであります。でも30歳くらいになったらわかりませんけど。

でもお話し聞いてたら、素敵なお友達いっぱいいそうじゃないですか? 大学じゃなくて、どこで見つけたんですか?

クラブです。

はい。どんなクラブですか?

音楽。

でしょうね(笑)。その中身を聞きたいのですか。

ブレイクコアです。

ブレイクコア!

そんなにびっくりしますか?

すいません、予想外の答えだったので(笑)。ブレイクコアのクラブなんてあるんですか?

ないんですけど、中野のHeavy Sickとか、新宿BE-WAVEでブレイクコアのイベントがあるんですよ。アーメンブレイクが好きなヤツが集まっています。

ATARI TEENAGE RIOTとかじゃないんですね。今はどんな人たちがいるんですか?

アーメンブレイクに〈アンパンマンマーチ〉とかを乗せたりする人とか。たくさんいますよ。

忙しそうなアンパンマンですね。じゃあブレイクコアが友達をつくったと。

まぁ、ブレイクコアだけじゃないですが、確かにそうですね。ライブに行って、いろんな人に会いました。でも今はいっぺんにたくさんの人に会うのにも疲れてしまって…。あんまり行かなくなりましたねぇ。

あらー、元気ないんですか?

そんなことはありませんが。

いただいたメールによると、最近お仕事を辞められたそうで。

はい。今はアルバイトです。

それまで何のお仕事をしてたんですか?

アンディ・ウォーホルとかパティ・スミスを撮っている上田義彦っていう大学の教授がやっているギャラリーで働いてました。

(カメラマン:宮本さん)超巨匠の写真家ですよ。

はい。多摩美時代に、その超巨匠の授業を2年間受けられたので、まぁ、大学は辞めなくて良かったと思っています。その人が気に入ってくださったのでギャラリーに入れたんですけど。

おおー、すごい。どうして超巨匠に気に入られたんですか?

自分からいうのも恥ずかしいんですけど、卒業制作で撮った写真が最優秀賞を取ったんです。その作品と、話が面白いみたいなところだと思っています。

加藤さん、確かに面白いですね。淡々とエモコアが出ていますもの。でもどうしてギャラリーを辞めたんですか?

頭のおかしい人しかいなくて。人間関係がヤバすぎて。自分の存在が恥ずかしくなるという気持ち悪い事になってしまって。

自分の存在が恥ずかしくなるとは?

例えば、自分とは違う種類の人間がたくさんいる場所にいると「こいつら頭おかしいな」って普通は思うじゃないですか。でも私ひとりだけで居続けたとしたら、勢力的にあっちが強いので、段々自分がおかしくなってくるんですよ。そこで「こいつらの方が正しいんじゃないか?」っていう日々を過ごしていたら、どっちが正しいのかわからなくなって、自分がおかしいんだなと思い始めてしまって。

具体的にどんな頭のおかしい人がいたんですか?

ババアですね(笑)。

ババアですか。

私と同じ時期に入ったんですけど、その人はとにかく神経質で自分のやり方を皆に押し付けてくるんです。もともとはずっと事務の仕事をしていたらしく、「おかしいでしょ」って思っても、その人が最強なので、こっちがおかしいってことになってしまうんです。その人のおかげで学べた事も勿論ありましたけど、結局そのババアが嫌で辞めました。

ババアと離れてホッとしましたか?

泣くかと思うくらい嬉しかったです(笑)。友達に電話して「辞めたー!!」って。その日の夜はお酒を飲んで幸せでした。

加藤さんも大学では写真を勉強されていたんですか?

いえ、グラフィックデザイン学科です。元々写真がやりたかったんですけど、大手の予備校って、大きい学校に入れたがるので「多摩美に入れば何でもできるよ!」っていわれて、写真がやりたいのに多摩美のグラフィックデザイン学科に入ったんです。予備校時代も「辞めようかな?」っていつも思っていました。結局、予備校も大学も辞めなくて良かったですけど(笑)。

横浜市に住んでらっしゃるんですよね。ご出身も横浜ですか?

はい。横浜の旭区です。めちゃくちゃローカルな横浜です。

横浜のなかでは田舎なんですか?

ちょっと栄えてる田舎といいましょうか。

イケている横浜、イケていない横浜がいまいちわからないんですけど、鶴見区はイケてない方ですよね?

イケてない方です。

港北区とかはどうなんですか?

IKEAしかないです。

中区はイケてますよね?

人が多いです。

そう考えると旭区はどういう位置付けですか?

よく遠いねっていわれます。

今もそこに住んでるんですか?

最近引っ越しましたが、同じ旭区に住んでいます。

ちょっと栄えてる田舎とおっしゃいましたが、どれくらい栄えてるんでしょうか?

日本で1番売れているドンキがあります。下が普通のスーパーマーケットになっていて、買い物をするおばさんがいっぱいいるので、日本で1番売れてるんです。

じゃあ加藤さんご家族もドンキを使ってらっしゃる?

はい。家の横にあったので(笑)。ドンキの横のビルに住んでました。

ビルってどういうことですか?

おばあちゃんがビルを持ってたんです。おばあちゃんは40歳くらいで5件くらい家を建てて、自分はお金いらないからって子供達に分配して。

すげえ! 朝ドラの主役になりそうなおばあちゃんですね! じゃあ加藤さんちも「あんたたちのビルはこれよ」って渡されたんですか?

はい。でもそのビルから追い出されて引っ越しました。

何かあったんですか? 聞いちゃいけないことですか?

いや、私のお母さんのお兄ちゃんの物になっただけです。ゴタゴタではないです。

加藤さんが生まれた頃は、ドンキじゃなかったですよね?

はい。そのときは長崎屋でした。

ああ、溝の口の長崎屋もドンキになりました。

ドン・キホーテができたら治安が悪くなるじゃんって思いましたね。

治安は悪くなりました?

いえ、もともと悪かったので(笑)。ドンキよりも家の斜め前に出来たキャバクラがヤバかった。

キャバクラもあるんですか(笑)?

あるんです。そこの店から出てくるおじさんの吐く声と、お姉ちゃんたちの声が聞こえます。

(笑)。やっぱり家のなかまで、ドンキの曲は聞こえてきましたか?

さすがにそれは聞こえませんでしたが、ドンキの避難訓練とかは丸聞こえでした。

ドンキの店長さんと近所付き合いなどありましたか? 「ビルのお嬢ちゃん、お帰りなさい!」とか。

ないです。

ご兄弟はいらっしゃいますか?

妹がいます。

お父さん、お母さんと4人家族?

はい。

ご両親はどんなお仕事をされているんですか?

お母さんはずっと働いてなくて、お父さんはソニーで何かをやってます。

大企業じゃないですか!

いや、でも平社員です。

何でそう思うんですか?

全然、仕事好きじゃないんですよ。音楽とバイクと車が好きで。

格好いいお父さんじゃないですか。どんな音楽を聴いてたんですか?

……ボブ・マーリーとかレッド・ツェッペリンとか。

何で小声になるんですか(笑)。ブレイクコアのときは普通だったのに。やっぱ車で家族旅行に行くときはボブ・マーリーが流れてるんですか?

流れていました。

まぁ、子供にしたら迷惑な話でもありますね(笑)。

昨日も家で流れてました。

じゃあ加藤さんの小学校時代を教えてください。その頃はお友達はいたんですか?

普通にいました。

何をして遊んでたんでしょう?

鬼ごっことか、かくれんぼとか、スカートめくりとか。

スカートめくりですか? 女の子同士でやるんですか?

はい。

スカートめくりのルールを教えてください。

ルールはないですね。皆で集まってるときにめくるとか。

集まってるときに急にめくるんですか?

はい。

何年生くらいのときにめくってたんですか?

小学校3年生とか。

その頃、加藤さんはどんなパンツを履いてたんでしょう?

フカフカしてるやつ。

ワカメちゃんみたいなヤツか?

そう。

あれは何ですか?

コットンとか綿なんだと思います。

やっぱりふわふわですか?

ナイロンじゃないから、ちょっとモコっとするんだと思います。

あれって中はムレムレでしょう? 直に穿いてるものなんですか?

直ですよね。パンツだから。

ああ。加藤さんも直穿きでしたか?

パンツだもん(笑)。

そうかー。

今、思い出したんですけど、3年生のときからちょっとおかしくなり始めたんです。サバイバルごっこをしてまして、理科室からよくマッチを奪ってくるじゃないですか?

いや、奪ったことはないですね。

それで火をつけて遊んだり。学校の裏で「ヤバイ、ヤバイ」とかいいながらですね。あとは、木をめっちゃ削って、潰して、それを食べたりしてました。フフフ!

狂ってますね。木のお味は? そのままポリポリ食べるんですか?

めちゃくちゃ不味かったですよ。木は水と混ぜて食べてました(笑)。

子供なりにちょっと食べやすくしたんですね(笑)。

3年生のときに〈キッズ・ウォー3〉がめちゃくちゃ流行って。真央ちゃんに影響されたんです。それで真似してたら、言葉遣いもバカみたいに悪くなってしまって。ずっと直っていません。

確かにさっきから〈そいつ〉〈こいつ〉〈ババア〉など連呼されてますものね。真央ちゃんも「どうみょうじー」とか「はなざわるいー」とか呼び捨てですものね。

それまではずっとピアノを習ったりして、めちゃくちゃ大人しかったんです。人見知りを絵に描いたような感じで。それが小3のときに突然変わったんです。

余裕で真央を超えてますよ、木を食べてんだから。ちなみに小学校のときにも好きな人はいなかったんですか? これまで恋愛してないといってましたが。

絶対、訊かれると思ったんですけど…

思い出せないですか?

…幼馴染のリョウタくんかな? …多分、そうだと思うんですけど。

無理やりつくらなくていいんですよ(笑)。

小さい頃って親が公園に連れて行くじゃないですか? その公園で馴染めず、散らばってた4人をまとめたのが私の幼馴染です(笑)。その中で1番大人しかったリョウタくんが初恋かな…ウフフ(笑)。

リョウタくんを男として見ていた時期もあったんですか?

そういうのはなかったですね。一緒にいて楽しいなって。

でもリョウタの方は、加藤さんを女として見ていたかもしれませんよ。高学年になったら。

うーん、確かに6年生くらいの時期から遊んでくれなくなりました。

やっぱりそうですよ。そりゃ意識しますよ。

いつの間にか家族付き合いとかもなくなりました。

思春期突入ですね。で、中学校も地元の学校ですか?

はい。公立の中学校です。

部活には入りました?

吹奏楽部でトロンボーンを吹いていました。

どうしてトロンボーンを選んだんですか?

部活体験のときに上手に吹けたんです。本当はサックスがやりたかったんですけど、音が出なくて。サックスを選んで3年間下の方でやって行くか? 上手いトロンボーンで誰よりものし上がるか? 考えた結果、トロンボーンを選びました。

その後、メキメキ頭角を現していくと。

1年生のときから大会に出ていました。でも、そのせいで先輩に嫌われていました。「1年のくせにアイツ…」って。

トロンボーンってどんなのでしたっけ?

あのおじさんが吹いていたやつです。

おじさん? もしかして谷啓ですか?

そうです! トロンボーンといえば谷啓しか出てこないですよね(笑)。

いや、その歳で谷啓は出てこないでしょ(笑)。ちなみにどんな曲を演奏してたんですか?

私はジャズがやりたかったんですけど、クラシックばかりでした。全国大会にも行きましたよ。野球の甲子園みたいなのが吹奏楽にもあるんですよ。

ああ、加藤さんとこはかなり本格的な吹奏楽部なんですね! これまでも吹奏楽部の人、何人か出ましたけど、そんな本格的な曲は出たことがないです。坂本さんは嵐とスピッツをやっていたっていってました。

朝めちゃくちゃ早起きして、「何でやらなきゃいけないんだろう…」って思いながら朝練もして。365日ほとんど休みなく練習でした。今考えるとすごいなって思います。

全国大会でいい成績は収めたんですか?

2年生のときに銅を取りました。でも3年連続で全国大会に出ると、翌年お休みしないといけないシステムなんですよ。それで翌年は出られませんでした。

じゃあ目標がなくなっちゃうじゃないですか?

でも全国大会で銅だったので、いろんなところに呼ばれて演奏するんです。

中学生なのに、そんなことするんだ。

はい。それはそれで楽しかったです。所さんのダーツの旅も取材に来ました。その当時吹奏楽部を追うっていうのがあって、それに出ましたね。

加藤さんもテレビに映った?

映ってないです。

ショックだった?

全然。写真撮られるのとか苦手だったので。

でも中学校くらいのときは、おモテになったでしょう?

すごいですよ。

やっぱり(笑)。

20人くらいから告白されました。

ひとクラス分じゃないですか。全部断ったんですか?

全部断った。

何で?

いや、本当は3人だけ付き合った人がいるんですけど。

いるじゃない。

学校で1番のヤンキーと付き合いました。あとは、学校の下駄箱があるところの屋根に机を出して授業を受けちゃうような先輩と付き合ってました。

なんだその子(笑)。自分で机を移動してるんですか?

はい。すごく変な人でした。でも、3人とも付き合っていた期間は短いです。中学生にはありがちの「受験めちゃくちゃ忙しいわ」みたいな理由で別れました。

学校1のヤンキー。移動教室の子。もうひとりも教えてください。

テニス部のエースでした。でも、その人と付き合ったことで、クラスの女子全員にハブられてしまって、壮絶でしたよ。

あららー。エースはモテモテだったんですか?

モテモテでした。さらに女子テニスのエースも同じクラスにいて、サーっと女子全員が私のことを避けて。スパイもいました。

スパイ?

はい。ひとりだけ話しかけてくれる子がいるなあと思ってたら、スパイだったっていう。

「エースと昨日は何してたの?」とか「エースとどこ遊びに行ったの?」とかを皆に報告するスパイ?

辛かった…スよ。

よく頑張ったね(笑)。じゃあ、その3人との素敵な思い出も教えてください。

ないです。ちゃんとして恋愛をしてきてないので。

ああ、そうだった。

はい。

じゃあ好きな芸能人とか。

その頃は森山未來がめちゃくちゃ好きでした。ウォーターボーイズを見て、「やべえ、こいつ」って思って、森山未來が大好きになりました。

やっぱりウォーターボーイズだから海パンじゃないですか。そういうところにも?

むしろそれはあんまり見られなかったですね。うわーって。筋肉とかあまり好きじゃないので。今は森山未來、全然好きじゃないです。

今は誰が好きなんですか?

今は松田兄弟です。松田龍平、松田翔太、柳俊太郎。

柳俊太郎? 松田兄弟って3兄弟だったの?

すいません、そこは違います。続けていってしまいました。柳俊太郎はたまにテレビに出ているモデルさんです。顔が小さすぎるんですよ。生で見たことがあるんですけど、ほんとに小さすぎでしたよ。クリトリック・リスが出ているイベントにいたんですよ(笑)。

加藤さんもクリトリック・リス観に行ってるのね。じゃあ高校の話しましょう。

高校は中学校の人間がひとりもいない学校を選びました。

ああ、成瀬さんもそうでした。離れたかったヤツがいたから勉強して入ったのに、入学したらそいつがまたいたって(笑)。やっぱテニスの件とかがあったからですか?

本当に仲のいい人たちは同じ学校じゃなくても続いていくので、地元から遠いところにしました。横浜の公立の普通高校です。でも結局、最初は「友達つくらなくちゃ」って焦るんですよね。

友達はできました?

いや、すぐに出来たんですけど、少しして全員アニメオタクって発覚します。彼女たちの好きな漫画とかアニメとかを全く知らないので離れました。それで、ひとりでいた女の子に近づいて、ずっとその子といました。

その子とは仲良しに?

はい。でも女の子なんですけど、中身が男の子だったんですよ。濃いな~、すごいのと仲良くなったな~と思いました(笑)。その子は、制服はスカートだったんですけど、ズボンを履けるように奮闘したり、あんまりないような学園ドラマがありましたね。

加藤さんに対して、その子は恋心が芽生えてしまったりとかは?

いや、全然。その子は同じ学校に彼女がいましたし。

高校もトロンボーンですか?

最初に軽音に入りました。

あら、谷啓から離れたんですね。

全国大会にも行ったしもういいかなって。それで1年生のときに軽音に入ったんですけど、最初からグループをつくって入らなくてはいけないっていうのを知らなくて。

バンドを組まないと入れない?

はい。それを知らなくて。お父さんのテレキャス1本持ってひとりで行ったんです。そしたら「やばいヤツが来た!」っていわれてしまって。「知らなかったんです」っていっても、わかってもらえなくて。「かっこよすぎるぞ!」みたいになって、とても面倒臭かったんですけど、そこで友達ができて、一緒にライブに行ったりして、やっと幸せな生活が始まるんです。

おめでとうございます。バンドは組んだんですか?

はい。

何をやってましたか?

ギターと歌だったんですけど、すぐに終わりました。部長が同じ代の男の子になった途端に、部活を辞めさせられたんですよね。

どういうことですか?

わからないです。文化祭のライブで相対性理論をやったことが原因かもしれないです。

相対性理論が原因ですか(笑)。

「そんなわかりにくい曲をやるな! HYとかレミオロメンをやれ!」っていわれて。

はい(笑)。

それで部長と喧嘩して。そのままバンドも終わりました。

プライベートでバンドはやってなかったんですか?

やってました。シューゲイザーバンドです。

シューゲイザーって根強いですねぇ。

私はベースで、ギターの人が曲をつくってました。ボーカルは男の人です。

男シューゲイザーか。当時はシューゲイザーにハマっていたんですか? 好きなバンドとかいました?

恥ずかしいです。

恥ずかしくないです、教えてください。

死んだ僕の彼女、です。

なんですか、それ? マイブラとかライドとか出ると思っていたんですが、死んじゃったってなんですか? 死んじゃったシューゲイザーなんですか?

わからないですけど(笑)。男ボーカルのシューゲイザーバンドです。

僕の彼女死んだ、が大好きだったんですか?

ライドとかスロウダイヴも聴いていましたが、なんせライブに行けなかったので。ちなみに、死んだ僕の彼女、です。めっちゃライブに行ってました。

ああ、ヴォーカルがイケメンだったとか! 森山未來的な?

いえ、太ってます。

太ってるのにシューゲイザーっていいですね! ちょっとYoutubeで観てみましょう。…ホントだ、太ってますね。

…すいません、なんか恥ずかしくなってくるんですけど。止めてください。

止めます。高校のときもモテモテだったんですか?

高校のときは全然なかったです。

じゃあ、このシューゲイザーのボーカルにいい寄られたら付き合ってましたか?

いいえ。デブは嫌いだったので。

でも好きだったんでしょ?

いいえ。デブは嫌いだったので。

さて、そろそろ進路も考えなくてはならない時期ですよね。最初から美大を狙っていたんですか?

そうですね。高2くらいから考え始めて、塾にも行ってました。

でも楽しいはずの大学生活が、アレ? アレ? アレ? って感じになると。

はい。とにかく「何でこんなにうるさいんだろう」って。「大学ヤバい! 楽しい!」みたいなのは全然なくて。そこで、また馴染めなかった人間が集まり…(笑)。

公園のときから変わりませんね(笑)。

そこの人たちは大人っぽいというか、静かな人たちでした。今でもずっと仲良いです。

バイトとかはしてなかったんですか?

全くしてないです。親が、「働くのは学生が終わってからでいい」っていうスタンスなので。自分もそうだったみたいで、遊べるうちに遊べって。

いいですね。

だから遊び呆けてました。

クラブに行ったり、夜遅く帰ったり、朝帰りしても?

まったく怒られませんでした。

じゃあ大学は面白くなかったけど…

はい。外が楽しかったです。

そのときも男の人はダメって感じだったんでしょ?

はい。それを克服しようとして、シブハウスという場所に行くんです。

なんですか? シブハウスって?

渋谷にあるシェアハウスです。〈渋家〉って書きます。アートをやっている集団が、一軒家を借りてるんです。「そこが面白いよ」って予備校の友達にいわれてたので、大学に入ったら行こうと思ってたんです。

シブハウスに住んだんですか?

いえ、遊びに行ってました。汚すぎて、住めないです。本当に汚いですよ。ヤバいですよ。入った瞬間に尋常じゃない人間の数の皮脂の匂いがするみたいな(笑)。

そんな臭いところで、素敵な出会いなんてあるですか?

あります。友達もいっぱい出来ましたね。

男の人は克服できました?

できたかな? って自分では思っていて。大学生のときに付き合ったりもするんですけど、会話ができない人だったんです。日本人なんですけど、「うわ、ヤバい…」と思って離れました。

お話が下手ということ(笑)?

頭が悪いのに良いフリをするんですよ。質問を投げるじゃないですか? 投げた物がボコボコに殴られて返ってくるみたいな(笑)。そんな感じの会話しかできないし、アルコールが入ってないと話をしなくて。それで離れました。

ボコボコに殴られて返ってくるアンサー聞きたいものですね! 加藤さんもアートをやってらっしゃるんですか?

はい(笑)。実は今日、送りたい物があって来たんです。

送りたい物?

写真を撮っていまして、ZINEをつくったんです。最初はそれを送ろうと思ったんですけど、せっかくなら直接渡そうと思って。

あ、営業? そっちがメイン? やりやがったな、この野郎!

すいませーん。

生々しいですね。いつ頃から写真に興味を持たれたんですか?

小学校の修学旅行のとき、〈写ルンです〉で写真を撮って、楽しいって思ったんです。その感じで撮り続けていたら、「堂本剛の正直しんどい」って番組にHIROMIXが出てたんです。それを見て「写真でやってくわ」って思ったんですよね。

なるほどー。このZINEはどこで売ってるんですか?

ネットで売ってます。

このZINEにコンセプトとかってあるんですか?

先ほどもいいましたが、上田義彦さんという人に写真を習っていたんですが、私が今良いと思っている写真は私じゃなくて上田さんが選んだものなのでは? と思い始めたんです。で、このZINEは先生に落とされた写真ばかりを集めました。ふと見返したときに、こっちの方がいいじゃんって思って。それで1冊にまとめたんです。

なりほどー。で、今はアルバイトをやっていると。何をしているんですか?

3週間くらい前から、カメラとフォトレタッチャーのアルバイトをやっています。

写真を直すやつですか?

そうです。

何を直しているんですか?

古美術商でアルバイトしているんで、古物をやっています。商品を自分で撮って、加工してネットにあげるっていう仕事です。それを毎日死ぬほど。

今まで古美術なんて撮った経験はあったんですか?

ないです。

どうですか、古美術は?

可愛いです(笑)。

可愛いですか(笑)。そんな可愛いヤツを1日何枚くらい撮るんですか?

200枚くらいです。

そんなに撮るのかー。

ゴミみたいなのがいっぱいあって、それを綺麗に撮るというのが仕事です。

ゴミじゃないでしょう(笑)。どうしてこのバイトを選んだのですか?

自分の技術を使って金を稼ぐにはそれしかないっていう。

やはり将来的には写真を撮ってゴハンを食べていきたいですか? それとも古美術のところで社員になるとか。

正社員には絶対にならないです。

どうしてですか?

5日働きたくないんですよ。

今は何日働いてるんですか?

4日です。

そんなに変わらないじゃないですか(笑)。

いえいえ、4日がボーダーですよ。本当に。3日で同じ給料が貰えるのであれば3日がいいです。

そりゃそうでしょう。じゃあ、写真でゴハンのために考えているステップはありますか?

皆考えると思うんですけど、作品を貯めて、それを写真集にして、出版社に持って行こうと思ってます。あとはコンペに出して、賞を獲るとか。でもコンペって要は趣味じゃないですか、好きな物を選ぶじゃないですか?

審査員の人がですか?

はい。なので運ですよね。1度コンペに出したとき、審査員にいろんなこといわれて打ちのめされて、改善点がわかったからこそ、しばらく写真は辞めようと思った時期もあったんです。でも今は、写真をきちんとやっていきたいからこそ、コンペとかにバンバン出すんじゃなくて、ちゃんと物をつくろうみたいなところにいます。

なるほど。じゃあ写真で儲かったら、何が欲しいですか?

あんまりないんですけど、今一番欲しいのは、Miu Miuの10万する靴ですね。

可愛いー!

ロールス・ロイスも。

車かー。お父さんにボブ・マーリー流されちゃいますよ。

許しません。

最後にひとことお願いします。

とにかく仕事がしたい。写真で仕事がしたいです。ぜひ宜しくお願いします。

「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。自薦、他薦、構いません。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。

More VICE
Vice Channels