元カレ元カノのSNSを見ないようにする方法

人間関係の専門家、デート・コーチやセラピストなどのプロに訊き、その答えをまとめた。

|
26 February 2018, 3:53pm

Photo via Getty Images.

恋愛関係は破綻するが、感情は消えない。少なくとも、別れた直後は。感情がすぐに消えてしまえば、別れはきっと、もっと簡単だ。しかし、気にしなくなる術を習得するまでは、「今、あの人は何をしてるんだろう」と考えてしまう。この時代、「今何してるんだろう」という想いを行動に移すのは、SNSのおかげで簡単だ。内なるシャーロック・ホームズを呼び覚まし、欲望のままに、元パートナーのFacebookタイムラインや、Instagramのストーリー、ツイートをチェックする。のぞき見で新情報を手に入れると、それに伴ってアドレナリンが放出される。そうなるともう止められない。

しかし、わずかなサポートさえあれば、その不健全な習慣を終わりにできる。その〈サポート〉とは、例えば、セルフ・コントロール、マインドフルネス、そして〈友達から削除〉ボタンや〈ブロック〉ボタンを惜しまず使うことだ。それだけで、尊厳だけでなく、心の安寧も取り戻せる。元パートナーのSNSを見ないようにするにはどうすればいいのか、人間関係の専門家、デート・コーチやセラピストなど、プロたちに訊き、その答えをまとめた(回答には編集を加えている)。

完全なるSNSデトックスのためのアプリ

元パートナーのSNSチェックへの衝動が抑えきれず、何か抜本的な対策を講じたいなら、〈SNSデトックス〉がいいでしょう。指定した時間や場所で、特定のウェブサイトへのアクセスを制限するようなアプリ、ブラウザの拡張機能があります。個人的なおすすめは、〈AppDetox〉です。もし、深夜、あるいは仕事中に見ることが多いとわかっているのであれば、それを見越して、このアプリでアクセスを制限できます。自分で制限を解除した回数も教えてくれます。しかし、デトックスでも不十分で、チェックをやめられない場合は、元パートナーのプロフィールを消すなり、一生ブロックするなりしましょう。―ラヴィッド・ヨセフ(Ravid Yosef)、人間関係専門家

苦楽を共にする相手を探す

自力でSNSチェックをやめられなければ、友人に頼んで、見張り役になってもらいましょう。そうすればすぐに別れの痛みは癒されますし、新しい、すばらしい出会いにも積極的になれます。元パートナーのアカウントなんて、すぐに忘れてしまうでしょう。―ジュリー・スピラ(Julie Spira)、オンライン・デート専門家/デート・コーチ

悪癖を善行に置き換える

元パートナーとヨリを戻したい、別れたくなかった、という気持ちがあるとしても、SNSを見たところで復縁できるわけではありません。SNSアカウントのチェックをやめれば、数日で解放感、生きている感覚を取り戻せます。悪癖を断ち、善行に変えるのです。心身の健康を気遣い、友人を大事にし、前進することに集中しましょう。次のステップに踏み出すこと、新しいパートナーを見つけることに不安を抱かないでください。不安を抱いてはいけません。あなたがしなければならないのは、自らの人生に再び焦点を合わせることです。―ジョン・キーガン(John Keegan)、デート・コーチ/専門家

一線を引く

不健全な習慣から脱却するための第1ステップは、〈気づき〉です。現実的になって、関係がこじれた理由を把握しましょう。元パートナーのSNSをストーキングして情報を得ることは、あなたを無用な考察へと引きずり込むだけで、何の有用な情報も得られません。SNSで見られるのは、彼らの人生の楽しい部分だけですから。いちばんの目標を再度追いかけましょう。そして、自らの感情や喪失感に対処しながら、心の傷の治癒に集中しましょう。前進し、新しい現実に再投資するのです。別れはつらいものです。元パートナーのSNSをチェックしたくてたまらなくなったら、他のことで気を紛らわせましょう。友人に連絡をとったり、ドラマシリーズをひたすら観たり。あとは運動です。元パートナーと付き合っているときにはできなかったことを再開しましょう。あるいは、元パートナーの嫌いだったところをリストアップしてみましょう。もし、それでも相手に想いを巡らせてしまい、毎日、SNSチェックの回数を減らせない、というなら、認可セラピストなど、専門家の助けを借りるのもひとつの手です。
〈友達から削除〉〈フォローをやめる〉〈削除する〉、そのなかでどれが自分に向いているか確認しましょう。友人から様々なアドバイスを得るでしょうが、結局大切なのは、別れの苦しみを癒し、回復する最善策を、自分自身で実践することです。一線をしっかり引きましょう。―サラ・マンデル(Sarah Mandel)、公認看護師/認可臨床ソーシャルワーカー/心理療法士/人間関係専門家

まずは1日から始める

チェックしない日を1日だけ設けます。次は2日、その次は3日。もう見なくても大丈夫と自信が持てるまで続けます。そうすれば、見なくてもよくなるはずです。もう、一生見ない、と誓うよりも、時々チェックしない日をつくるほうが簡単ですよね。そして、チェックしない日には、散歩したり、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり、傷を癒すような活動にいそしみましょう。ただ座って、呼吸をしているだけでもいいです。友人に電話も。とにかく、自分の気持ちが落ち着く活動をするんです。SNSチェック欲が強まっているとか、自分が弱っている状態であると意識し、元パートナーのSNSをチェックしたくなる瞬間を把握するようにして、そのとき、代わりに他の建設的な活動ができるように備えておきましょう。品位を保ち、SNSチェックの代わりに、健全な習慣を心がけましょう。あなた自身の〈人生〉という舞台の中心に、舞い戻るのです!―ローラ・イェーツ(Laura Yates)、別離・失恋コーチ/ライター

つながりを断つ

私が勧めたいのは、元パートナーの友人、家族のフォローを外したり、友達から削除することです。元パートナーの仲間たちの行動を知ってしまうと、タガが外れ、もっと知りたくなります。携帯のカレンダー内の、誕生日、記念日、これからの予定のリマインドも、消去するのがいいですね。もう自分には関係ない、という感覚を強めるだけなので。―リサ・ブレイトマン(Lisa Brateman)、心理療法士/人間関係専門家