Who Are You?:寺田鈴音子さん(22歳) 大学生

「中国だと普通なんです。彼女が彼氏を呼ぶときに〈バカ〉って呼ぶんですよ」

|
28 juli 2017, 1:37pm

深夜に結構いいマンションの前を通ったら、エントランス内で小型犬2匹が走り回っていました。ワンワン!キャンキャン!もなく、とても慣れた感じでした。完全にドッグラン。飼い主さんはいつ迎えにくるのでしょうか。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

寺田鈴音子(てらだ りねこ)さん(22歳): 大学生

寺田さん、今日はよろしくお願いします。

お願いします。

ガンガン喋ってくださいね。

はい。

で、お隣の方はどなたですか?

彼です。

一緒に来ちゃいましたか。

はい、すいません。今、夏休み中なので来日してるんです。

彼はどちらの方ですか?

中国です。北京から来ました。

お名前は?

(彼)リー・タクゥ。

タクゥさんもよろしくお願いします。

(彼)よろしくお願いします。

日本語お上手ですね! お互いなんて呼び合っているんですか?

日本語だとタクちゃんでしょうか。

中国語だと?

〈傻瓜(シャグア)〉っていう言葉があって、中国語で〈バカ〉っていう意味なんですけど、そう呼んでます。

バカちゃんって呼んでるんですか!

中国だと普通なんです。彼女が彼氏を呼ぶときにバカって呼ぶんですよ。

ほほう。名前とかじゃなくて?

そういうのがあるんです。私も初めて聞いたときには驚きました。

寺田さんはタクちゃんに何て呼ばれてるんですか?

〈公主(ゴンジュ)〉と呼ばれています。

それも彼女の呼び方ですか? アホちゃんとか?

いえ、それは〈お姫様〉っていう意味です(笑)。

クーッ!! 宮本さん聞きました!? お姫様ですって!!

(カメラマン宮本さん)幸せですね。

今のところはこういうのもありかな、と思っています(笑)。

はい、ありですよ! で、寺田さんも現在夏休み中なんですよね?

はい。

大学はどちらですか?

高知なんです。高知県立大学っていう。

あれ? 駒沢と聞いていましたが。

駒沢は実家なんです。今は夏休みなんで帰省中なんです。

なるほどー。で、タクちゃんとはどこで出会ったんですか?

去年、北京に留学していまして、そのときに会いました。

北京の何ていう大学ですか?

北京聯合(連合)大学というところです。

タクちゃんの第一印象はどうでした?

前は髪型とかも全然違ったんです。あとメガネも今と全然違って。50歳くらいのおじさんがかけているような長方形みたいなメガネで。正直、全然格好良くないって感じで、別に何も感じませんでした。

タクちゃん、めちゃくちゃ顔小さいですよね。

はい(笑)。

タクちゃん、お顔が小さいですね。

(タクちゃん)あー(笑)。

イケメンですね。

(タクちゃん)いやー(笑)。

じゃあ、どうしてそんな四角メガネが好きになったのですか?

一緒に遊園地に行きまして…

お! ふたりっきりで?

いえ、友達も一緒に。フェイスペインティングをやることになって、メガネを外した顔を初めて見たんですね。「わ! 意外とイケメンだ!」って(笑)。

ああ、アンジェラ・アキ系ですね! で、寺田さんからいったんですか?

それは彼の方からです。

タクちゃんも寺田さんにメロメロだったんですか?

(タクちゃん)わかんない(笑)。

でも、可愛いって思っていたんでしょう?

(タクちゃん)日本人の友達と一緒に万里の長城へ行く日、寮の入口で友達を待ってるときに彼女を初めて見た。そのときに可愛いと思った。

万里の長城かー。

私が彼を知る前に見かけたことがあったみたいで。

じゃあ、寺田さんのことをチラチラ見てたんですね?

(タクちゃん)まあねー。

お付き合いをしてどれくらいですか?

去年の11月からなので、まだ1年も経ってないです。

「このメガネあんまり良くないよ」っていったのはいつですか?

とりあえず、付き合ってすぐにメガネを変えさせました(笑)。

じゃあこのメガネは寺田さんチョイスですか?

はい(笑)。

よかったですね、タクちゃん。でも寺田さんはなんで北京に留学したんですか? 海外留学が必修の大学なのですか?

いえ、必修ではありませんでしたが、留学はしたかったんです。最初はアメリカに行こうと思っていたんですが、お姉ちゃんが北京に留学するっていったので、私も一緒に行こうと。お姉ちゃんが大好きなので(笑)。

じゃあご姉妹で北京に?

はい。

タクちゃんと出会えたのもお姉ちゃんのおかげなんですね。

はい(笑)。

でも寺田さんも中国語がご堪能ですね。いや、すいません、よくわからないのですが、喋ってらっしゃるのは中国語であってますか? それとも北京語?

これは標準語です。北京は基本的に標準語です。

中国語の北京語が標準語ってことですか?

基本的に標準語というのは、北京語を中心につくられたものなんです。北京語は北京の方言なんです。江戸っ子の言葉と標準語がちょっと違うみたいな感じですかね。

なるほどー。日本にいるときから中国語を勉強してたんですか?

いえいえ、全然です。中国に行くつもりなんて全然なかったので。

すぐに喋れるようになるものなんですか?

学校の寮に住んでいたので、そこで身につきました。あとは英語だったら、基本的な問題は全部解決出来るので、特に問題はなかったです。

タクちゃんにも教えてもらえますもんね。北京ではどんなデートをしてたんですか?

故宮に行ったり。

ん? すいません、知りません。

故宮っていう、昔の中国の皇帝が住んでいたところです。

(タクちゃん)天安門広場の近く。

北京の若いカップルは、みんな故宮に行くのですか?

いえ、私が外国人だからですね(笑)。観光で行くところです。

デートのときのゴハンは? やっぱイタリアンですか? ピッツァですか?

ピッツァ…。いえ、中国人は本当に中華料理を食べるんですよ。外国の料理をあんまり食べないんです。北京は特にそうですね。

じゃあ毎日中華料理ですか? でも中華料理っていってもいろいろあるのかー。

そうなんです。日本人的には中華料理っていったら、あの中華料理じゃないですか。

はい。炒飯、麻婆豆腐、青椒肉絲…あ、最近知ったんですけど、エビチリって中国にないんですよね? 『ゆとりですがなにかSP』で学びました。

そうですね、エビチリは見かけていません。あと天津飯もないです。

え? そうなんですか?

天津に行ってもないんですよ。

へぇー、知りませんでした。じゃあ、デートのたびに中華料理ですか?

今日は上海料理を食べに行こうとか、杭州料理行こうとか、四川料理とかになるんです。

味付けが全然違うのかしら?

四川料理だったら、めっちゃ辛いし、南の方だと辛くなくなるというか。

(カメラマン:宮本さん)ハンバーグは?

ハンバーグ率は低いですね。普通にケンタッキーとかマクドナルドは人気ありますけど、日本にはイタリア料理とか溢れてるじゃないですか? ああいう感じではないです。

寺田さん的には大丈夫だったんですか? 「もう中華料理は嫌だ!」とか。

やっぱり慣れましたね。

でも油多いでしょう? 胃もたれとか、そういうのは?

そういうときはひたすらフルーツを食べます。フルーツ、めっちゃ安いんですよー。

ちなみに今回タクちゃんは、寺田さんのご実家に滞在しているんですか?

はい。

じゃあお父さん、お母さんにもタクちゃんを紹介したんですよね。どんな感じでしたか? 大丈夫でした?

私は、ずっと恋愛をしたことがなかったんです。彼氏もずっといませんでしたから、「男の子を連れて来るなんて!」って、すごく感動してました(笑)。

よかったですね! お父さん、お母さんはタクちゃんのことを何ていってましたか?

すごくいい子ねって。

ヤッター!! よかったですね、タクちゃん。

(タクちゃん)ハイ。

タクちゃんは、寺田さんのご両親に会って緊張しませんでしたか?

(タクちゃん)すごく緊張しました。

挨拶の言葉は決めていました?

(タクちゃん)ハイ。決めてました。でもお父さん、お母さんに会った瞬間に全部忘れちゃった(笑)。

可愛いー! 最高の夏ですね!!

はい(笑)。

寺田さんはずっと駒沢ですか?

はい。ただ、母が京都だったので、里帰り出産して、そのあとすぐに東京に戻ったようです。

やっぱ小学校の頃は駒沢公園で遊んでたんですか? ジャブジャブ池でジャブジャブしたり?

そうですね(笑)。

小学校は公立ですか?

はい。深沢小学校っていいます。

あの辺の小学生はどんな感じなのかしら?

今はわからないですけど、私たちの頃は中学受験のストレスを抱えている子が多くて。

どういうことですか?

3、4年生くらいから、みんな塾に行き始めるんですよ。それでストレスがたまってくるみたいでした。

やっぱり中学受験をする子は多いんですか?

そうですね。半分くらいは受験していると思います。

寺田さんは?

私も受験はしましたが、結局中学は公立に行きました。

塾にも行ってたんですか?

軽く行ってたんですけど、バレエを始めていたので、週5くらいでそっちの方に。

あら素敵! バレエは何歳くらいから始めたんですか?

4歳のときから。

すごいー、自分からバレエを習おうと決めたんですか?

はい。踊るのがずっと好きだったので。

今までこのコーナーに出てくれた方のなかにも、小さい頃から踊っていた方は結構いたんですけど、みなさん、ヒップホップダンスとかジャズダンスだとか、そっち方面の方が多かったです。でも寺田さんは、なんでバレエを選んだのですか?

保育園の先生に「リネちゃんはいつも踊ってて、バレリーナみたいだね」っていわれたんですね。「バレリーナとかバレエって何だろう? 」 と思って、母に訊いたら「じゃあ行ってみる?」ってなったんです。もしあのとき先生が「リネちゃん、ヒップホップのダンサーみたいだね」っていってたら、ヒップホップだったかもしれない(笑)。

バレエって、何でつま先で立てるんですか?

靴の先が固くなってるんですよ。

ああー、硬いんですか! 安全靴みたいな感じですか?

安全靴とはちょっと(笑)。でもつま先は固いんです。

じゃあ結構誰でも立てるのかしら?

いえいえ。それでも練習してない人だったら、めっちゃ痛いと思います。

バレエ教室って近くにあるものなんですか?

はい、駒沢にありました。そこに通って。でも、小学校何年生だったかなー、4、5年生の頃に目黒にある東京バレエ団付属のバレエ学校に移りました。

初めて聞きますけど、すごく由緒正しそうなところですね。

多分、東京のバレエ団の中では歴史が深い方だと思います。

バレエってどんな練習するんですか? 手すりにつかまって、足を上げたり下げたりするのは、よくテレビで見ますが。

あとは回ったり、飛んだり。何でもあります(笑)。

バレエって、どういう風に勝負が決まるんですか? フィギュアスケートだったら、ショートプログラムとフリーがありますよね? あんな感じですか?

コンクールだったら、採点とかあるんですけど、そもそもバレエはスポーツではないんですよ。

んん? 競技ではないんですか?

競技ではないです。総合芸術です。

じゃあ審査員みたいなのがいて、「10点! 10点! 10点!」みたいなのはないんですか?

審査員ではなくて、お客さんですね。お客さんが良いと思えば拍手をもらえます。コンクールがバレエのメインではないんです。イメージとしては、ピアノのコンサートとかの方が近いかもしれないです。

うわー、知りませんでした。じゃあ、世界ランキング1位とかもない?

バレエ団のなかでダンサーのランクがあるんです。プリンシバルとか、ソリストとか、そういうのがあります。それも点数とかで付けてるわけではなくて、周りの人からの評価ですね。

でも週5も通っていたらイヤになりません?

それはなかったですね。大好きでしたから。

タクちゃんの前で踊ったりは?

それはありません(笑)。

バレエ以外は何をしていたんですか?

何をしてたんだろう? …マンガを読んだり。

何を読んでたんでしょう?

ちびまる子ちゃん。

ちびまる子ちゃんは、テレビでもやってるでしょう?

あ、うちはテレビ禁止だったんですよ。

あら、厳しいですね!

一応、テレビはあったんですけど…バレエの番組なら見ていいって。

そんなにバレエのテレビってないですよね(笑)。

とにかく父が厳しい人だったんです。今はかなり柔らかくなりましたが。

じゃあ、好きな男の子の話でもしましょうか。

好きな男の子はたくさんいました。

タクちゃん、好きな男の子いたって。それもたくさん。

(タクちゃん)ええ。ああ。ハイ(笑)。

保育園くらいのときから、好きな男の子はコロコロ変わっていました。とりあえず学年が変わったら好きな人も変えるみたいな。

タクちゃん、コロコロですって。

(タクちゃん)ええ。ああ。ハイ(笑)。

でも全然何もしないで、見ているだけみたいな感じでした。

タクちゃん、良かったね。じゃあ中学生活に突入しましょう。どちらの中学に?

深沢中学校です。

深沢中学校は何クラスあるんですか?

結構多かったような気がします。ただ中学と高校の記憶が…(笑)。

あんまり楽しくない学校生活だったんですか?

中学校は転校したんです。中2の後半から京都へ。

ああ、そうなんですか。お父さんのお仕事関係とかですか?

いえ、家庭でいろんな問題が噴出しまして。避難みたいな感じですね(笑)。それで、私だけおばあちゃん家に移ったんです。

その頃もバレエはやっていたんですか?

中学でもやっていたんですが、家でいろいろあって、京都にも引っ越して。更に私は身長が低かった。やっぱりバレエダンサーは身長が高い方がいいですし。いろいろ積み重なったので、そこで辞めました。

でも14歳くらいでしょう? そんな時期にいきなり親元と、慣れ親しんだ場所を離れて大丈夫でしたか?

はい。京都自体は良かったんです。友達もできて。

京都自体、という言葉が気になります。なにかありましたか?

はい。おばあちゃんが耐えられなくて(笑)。

京都は京都で始まっちゃったんですか(笑)?

はい(笑)。おばあちゃんとはとにかく性格が合わなくて。私もおばあちゃんも気が強いんで。

バチバチですか?

はい。やってらんねーっていう(笑)。

夏休みにおばあちゃん家に遊びに行ったときの、おばあちゃんとは違ったわけですね?

違います。長期間となると話が違いますよね(笑)。喧嘩ばかりしてました。

そのときおじいちゃんはどうしてたんですか?

おじいちゃんは我関せずです。ずっと株を見てました(笑)。

アハハ!!

それで結局、高校入学のタイミングで、東京に戻ってきたんです。家のゴタゴタも落ち着きつつあったので。

じゃあ、京都で東京の高校入試の準備をしてたんですか?

はい。中3の冬くらいに東京の高校を受けようと決めました。

どちらの高校に行ったのですか?

都立両国高校です。

お、名門ですよね! なんでそちらに?

教育目標に〈自律自習〉って書いてあったんですよ。それで「自由なのかな?」 と思って決めました。

自由でしたか?

それがそうでもなくて。「目指せ東大!」みたいな感じで、テストも多くて。

厳しい学校だったんですか?

別名、牢獄高校といわれてるんですよ。

上手い!!

点数が悪いと、居残りで再テストとかもあるんです。「先生、再テストにも落ちたらどうするんですか?」って訊いたら、先生が5種類くらいのテストを見せてきて、「あと5回分あるから大丈夫」っていわれて(笑)。

落ちこぼれちゃった?

完全落ちこぼれです(笑)。嫌で嫌でしょうがなかった。それで辞めちゃったんです。

いつですか?

高2の5月です。お母さんは悲しんでいましたが、もう無理だと思って。

(タクちゃん)ゴニョゴニョ…

あ、すいません。…何?

(タクちゃん)ゴニョゴニョ…ク〜ン。

すいません、「眠いから寝てていい?」って訊いています(笑)。

いいですよ! ごめんね、タクちゃん、もうちょっと待っててね。

とりあえずタバコ吸ってくるそうです。

本当に可愛い子ですねー。

はい、まぁー可愛いです(笑)。でもたまにすごく怒りますよ。

何で怒るの?

私には怒らないんですけど、失礼な態度の店員さんとかにはガチギレですね。

ゴハンとか食いに行くと?

そうですね。北京にいるときとかは。

怒鳴るんですか?

怒鳴るというよりかは、「おかしいでしょ! コン!コン!コン!」みたいな。

確かにあの感じでいわれたら怖そうですね。コン!コン!コン! されないように、スピードアップしますね! で、高校辞めてどうしたんですか?

辞めたときは特に何も考えていなかったのですが、ちょうどそれくらいのときに母が胃ガンになって、保険金がいっぱい下りたんですよ。それで母が「保険金がいっぱい入ったし、このお金で留学してきたら?」みたいな(笑)。

お母さんは大丈夫だったんですか?

お母さんは大丈夫でした。保険金留学っていってました(笑)。

素敵ですね! で、どちらに留学したんですか?

ニュージーランドです。パーマストンノースという町です。

田舎の方ですか?

はい。田舎の方です。牛がモーモー毎日鳴いてるみたいな。羊もいて。

ホームステイですか?

はい。でも一軒目の家がキツくて…

結構、家の生活のなかで色々遭っちゃう子ですね。

はい(笑)。子供がふたりいたんですけど、私の荷物を勝手に開けたりして、ちょっと…。

それは嫌ですね。

はい。勝手に郵便物を見られたり。なので半年でステイ先は変えました。

学校はどうでした? 両国高校に比べたら楽しかった?

とりあえず違う場所に来れた、そんな安心感はありました。

放課後は何をしていたんですか?

イオンモールの縮小版みたいなところに、友達と服を買いに行ったりとかはしていましたけど、大体は家に帰って、昔の反動でアニメとかアイドルとかをめっちゃ見てました。

ああ、テレビ禁止の反動かー。なにを見ていたんですか?

「カードキャプターさくら」とか。

まったく知りません(笑)。

そこら辺の小さいときに見られなかったアニメを見まくりました。あとモー娘。とかAKBとかも。キラキラしていて最高でしたね。

ニュージーランドには何年間留学したんですか?

1年間です。

で、帰国して、大学に行かれているということは、高校卒業資格の…

はい、受けました。高卒認定試験ですね。

それは日本で受けるんですよね?

はい。

1発合格ですか?

はい。両国高校に通っていた1、2年生の時点で、いろんな単位が取れていたんです。そういう高校だったので。なので認定試験は、2、3科目受けただけで大丈夫でした。

それはそれでラッキーでしたね(笑)。

はい(笑)。

で、大学生活になりますが、なんで高知を選んだのですか?

校舎が新しい、というのは決め手のひとつだったんですけど、東京から離れたところがいいかな? と思って。

何で?

やっぱり、ずっと実家にいるのが耐えられないかもと思ったんです。前のゴタゴタがあったんで。

はい。

一応東京付近も考えたんですけど、やっぱり離れた方がいいかな? って。それで大学の検索サイトで、小論文と英語だけで受けられて、偏差値がそんなに高くなくて、都立とか公立で絞っていったら、宮崎県と群馬県と高知県の大学が引っかかったんです。群馬県は女子大だったんですけど、お母さんに反対されて。それで高知県の方が新しい校舎だったし、家賃も安かったので決めたんです。

校舎が新しいのは大事なことですか?

はい! 大事です!!

それまで高知に行ったことはありましたか?

いえ、ありませんでした。

高知はどうですか?

本当に少子高齢化ってこういうことかっていう。若い人が本当に少ないですね。病院とかに行くじゃないですか? 本当にお年寄りだらけで、ひとりか、ふたりくらい若い人がいるみたいな感じです。

そうなんですね。高知ではひとり暮らしですか?

はい。

で、家賃も安いと。

はい。3万弱くらいから結構いいワンルームが借りられますね。

そっかー、やっぱ違いますねー。そしてそのあと北京で恋に落ちる…タクちゃん、お待たせしました。もうすぐですよ!

(タクちゃん)ハイ。

寺田さんにとって初めての恋人。

そうですね。

逆に聞いちゃおうかな? タクちゃんの今まではどうでした? モテモテだったしょう?

過去にふたりいるそうです。

じゃあ、過去のそのふたりと寺田さん、この3人のなかでは誰が一番好きですか?

(タクちゃん)ゴンジュ。

皆にゴンジュ、ゴンジュっていってるんでしょう?

(タクちゃん)いってない(笑)。

でも今は遠距離恋愛でしょう? 寂しくないですか?

彼は来年から大阪の大学に留学するんです。だからまた会えるようになります。

やっぱり日本留学を決めたのはゴンジュがいるから?

(タクちゃん)私は日本語科の学生ですけど、日本に留学して彼女といたい。

クゥーッ! でもどうします? 大阪に行って、違うゴンジュを見つけちゃったりしたら。

もーいやらしい質問されますね、本当に。そのときはそのときでしょう(笑)。

将来のことも考えてますか? 就職とか?

就職は出来るだけ早くしたいですよね。母に早く仕事をしてくれ、早く私を解放してくれっていわれてるんで。

どういうこと? 仕事をするとお母さん解放されるの?

子育て。経済的な責任を負ってるというのがやっぱり。独立してくれっていう。

なるほどねー。就職するとしたら、北京とかも考えてます?

それもあるかもしれませんね。

タクちゃんは、大阪での留学後はどうするか考えていますか? 日本での就職も考えてます?

(タクちゃん)中国に戻る。

中国でやりたい仕事とかあります?

(タクちゃん)まだわかんない(笑)。でも彼女を見て、中国で生活するか、日本で生活をするかを決めます。多分、中国で仕事をするのがいいと思う。

経済状況が日本よりも中国の方が良いんです。中国の方が仕事があるっていう意味だと思います。

(タクちゃん)外国人は中国で仕事しやすい。

逆に中国人が日本で仕事を探せるのかはわからないから。

確かにそうですね。

(カメラマン:宮本さん)中国はお好きですか?

とにかく北京は便利なんです。好きというかとにかく便利です。

(タクちゃん)デリバリー、すごいです。

はい、デリバリーがめちゃくちゃ便利で、安いんですよ。だから料理しなくていいんです。

(タクちゃん)安い、早い。夜中も出来る。夜中の2時、3時でも。

ジュースとかフルーツとかも持って来てくれます。

ジュースとフルーツのデリバリーがあるの?

あります、あります。すぐに届くんですよ。

何で? 近くにお店があるんですか? すごいスピードで来るんですか?

はい。おじさんがバイクで運んで来るんです。あと支払いなんですけど、まったく現金を使わないんです。

クレジットカードですか?

いえ、WeChatとか…

ああ、LINEで支払いするような…

あとは支付宝(アリペイ)というのがあるんです。Paypalみたいなんですが、もっと便利で、ほぼあれでみんな払っています。

(タクちゃん)今、北京ではスリがなくなってる。現金がないので(笑)。

わー、そこまで(笑)。

出かけるときにケータイを持ってたら、全部事足りる感じなんです。

そんなに中国は絶好調なんですか?

はい。でも経済格差は、日本人の想像を超えるものがありますね。貧しい人は本当に貧しくて、リッチなところは本当にリッチ。

(タクちゃん)西側が貧しい。

北京にも貧しい方はいらっしゃるのですか?

(タクちゃん)北京では貧しい人は生活出来ません。

上海とか北京はお金を持っている人だけが集まっている感じですね。

ちなみに寺田さんはタクちゃんのご家族に会いました?

会いました。

緊張しました?

はい(笑)。お母さんがお鍋を振舞ってくれたんですけど、緊張して味はしなかったですね(笑)。

ウフフ。

「美味しい?」とか聞かれるんですけど、本当に味がわかりませんでした(笑)。

タクちゃんのお母さんの反応はいかがでした? 「可愛い子連れて来たわね」「今までで一番ね」っていってました?

もー、やめてください(笑)。もー、本当に(笑)。

タクちゃんは、今回はどれくらい日本に滞在するんですか?

(タクちゃん)30日間。1ヶ月。

どっか行かないんですか? 旅行とか?

先に高知に行ったんです。そのあと京都に行って、大阪の私のおじさんに会って、そして東京に来ました。

満喫してますね!!

で、明日から沖縄に。

明日から沖縄ですか!!

はいー。沖縄に北京で知り合った友達がいるので、その子に車を運転させて、いろんなところに行こうと(笑)。

何泊するんですか?

5泊です。

ビキニも用意しました?

まだなにも準備していないです(笑)。

ごめんなさい、そんなときに呼んでしまって(笑)。

いえいえ、まったく!

明日は何時の飛行機ですか?

10時です!

行ってらっしゃい!

(タクちゃん)行ってきます。

「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。自薦、他薦、構いません。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。

More VICE
Vice Channels