Advertisement
lifestyle

Who Are You?: 阿部裕樹さん(31歳) 会社員

「上司の部長は中国人で、口グセは〈イイダヨー〉です。語尾に〈ダヨー〉が付きます。〈決まりダヨー〉というのもあります」

by VICE Japan; photos by SUSIE
24 April 2015, 1:54pm

All photos by SUSIE

新シリーズ「Who Are You?」スタートです。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

阿部裕樹(あべ ゆうき)さん(31歳):会社員

どんな春を迎えましたか?

会社で花見をしました。日本酒イッキとかありまして、タクシーで吐いてしまいました。運転手さんが「4万だ」って言うんで、「勘弁してください」って言ったら3万になりました。

お仕事について教えて下さい。

薬品の営業をやっています。例えばiPhoneの光沢をする光沢材の原料とか、肥料の原料とかです。具体的に言うならばリン酸アンモニウム…リンアンです。あと硫酸アンモニウム…リュウアンですね。それにリン酸も。こちらはオルトリン酸です。上司の部長は中国人で、口グセは「イイダヨー」です。語尾に「ダヨー」が付きます。「決まりダヨー」というのもあります。

こちらの会社に入社した経緯を教えてください。

私は就活を大学4年で始めたんです。だからもうほとんど決まっていて、残っていたのはSEと先物取引しかありませんでした。

なぜ3年から就活を始めなかったのですか?

辛かったというか…合同説明会は行ったのですが、あまりの熱気にヤラれてしまって。説明を聞かずに帰りました。マスコミ志望だったから、電通とかフジテレビとか行きたい、そんな気持ちはあったのですが、エントリーも終わっていて。それでまず先物取引が受かったんです。でも先輩との食事会で「めちゃくちゃ辛いぞ。同期はほとんど辞めてるぞ」って言われて。それで家帰ったら、たまたま母親がテレビを見ていて「先物は危ないわね」って。それで辞退しました。でもSEも受かったんですよ。そこの社長から「君はシステムとか何にも知らないからゴールデン・ウィークは無いよ」と言われまして。帰り道に恵比寿でラーメン食いながら「オフィスが恵比寿ってオシャレだな。でもゴールデンウィークは…」と検討して断りました。その後も色々受けたんですけど全部落ちまして。広告代理店もなぜか普通に落とされて。そしたら大学の助手の方が今の会社を紹介してくれまして、それで入ったんです。でもその間に色々考えました。音楽業界もいいな。それでメシ食いたいなって。だけどまわりの人から「生半可な気持ちでやるな!」と言われまして、「ハイ、すいません。では止めます」ってなったんだよね。

今の会社に入って何年になりますか?

8年かな~。和民のバイトも4年続いたんですよ。結構続くんです。和民のときも中国人スタッフがいっぱいいました。縁かもしれませんね。

出身はどちらですか?

東京なんですけど、小・中・高は市川とか習志野とか船橋に住んでました。

どんな学生生活を過ごしていたのですか?

小学校時代は輝いていたと思います。中学受験してるから塾ではバカだったけど、学校では頭イイんですよ。優等生キャラですね。中学二年頃から闇の時代ですね。いじめ返しにあって友だちいなくなって。卒業旅行は辛かったです。そんな弾かれたヤツだらけのグループになって。海の写真は残ってるんですけど、何も覚えてません。楽しくない沖縄でした。その反動もあって、高校では柔道部に入ったんです。強くなろうと。高二で。

え、高校入学してすぐではないのですか?

はい。ヒクソン・グレーシーが最強だったので。寒稽古も頑張りました。でもその最終日に先生が差し入れで、おにぎりとバナナとヨーグルトを持って来たんです。「水分ねえのかよ」って思ってたら、隣で先輩が「オレのおにぎり、ねえのかよ!」って凄く怒っていて。部員全員に探させたりして。「僕のでよかったら」ってあげたんです。その時におにぎりに熱くなる人たちとはやって行けないって強く感じたので辞めました。

ご両親とはどんな関係でしたか?

あまりうまくいってなかったかもしれません。中学受験のときに揉めたんです。オヤジは東大で頭がいいんです。「オマエはなんで勉強しないんだ!」って小学校6年の時、部屋に入って来ようとするんです。「入るぞ!」「入るな!」みたいなのがあって、オヤジのチンコを蹴ったんです。「イテエ!!」ってオヤジがうずくまっているのに強引にドアを締めました。私も感極まって部屋でうずくまりました。ドア一枚挟んで、親子がうずくまっていました。とりあえず中学受験は成功しましたが、オヤジは満足していない学校で。その学校はエスカレーターだから勉強も更にしなくなり。それからあまり話さなくなりましたね。

いじめ返しがあり、お父さんともそんな感じになり、それで闇の時代へと。何をやってたんですか?

音楽を始聞き始めました。お小遣いはもらいますけど、友だちもいないから使うこともない。なにか趣味が必要だと思って。音楽ってなんかカッコイイじゃないですか。それで地元のCD屋に行き始めたんです。それでOASISを買ったんです。

いきなり洋楽ですか?

洋楽はカッコイイじゃないですか。たまたまOASISとかBLURとか流行ってたんで。でも広末の「MajiでKoiする5秒前」も買いましたけど。

それから広末は追ってないんですか?

色々あったじゃないですか。事件とか奇行の噂とか。それで冷めちゃったんです。

やはり性の対象として見ていたと。

それしかないでしょ。ずりネタっすよー。鈴木亜美とか。本上まなみとか。

学校生活は?

休み時間とか誰も声かけてくれないんで、「オレは今忙しいぞ、ひとりが好きなんだぞ」ってアピールするために雑誌を読むことに。それがロッキング・オンですね。最初は全然頭に入って来ませんでした。

「オマエ、何読んでんの?」とか、「何聞いてんの?」とか訊かれなかったんですか?

言われない言われない、友だちいないから。

いつ頃からロッキング・オンは頭に入って来ましたか?

高校では入って来ました。それでフジロックに行ったんですよ。ロッキング・オンのプレゼントに当たって。お便りコーナーに送ったら載りまして。確か「YO LA TENGOのデブが見たい」とか「MOGWAIのハゲが見たい」とか書いたら、ペアで貰いました。でも友だちいないから1人で行きました。ブランキー・ジェット・シティのファンの人と相部屋になって、タモリ倶楽部見てたのに「ブランキー見ましたか!?」とか声かけられて。「見てないです」って言っても、ブランキーの話が終わらなくて。「これからブランキーのテレビあるんでチャンネル替えていいですか?」「どうぞー。私は疲れたので寝ますー」ってのを覚えています。
でもロッキング・オンを読んでいるうちに、色々分かって来たんですね。「メジャーはクソ!」とか。当時は完全に遅れて来た中二病で、単館映画行ったり、分かんない本読んだり、一番自分がイケてると思ってたんです。で、MOGWAIがインタビューの中で「LOWが好き」みたいなことを言ってたので聞いたら、あまりに暗くて衝撃を受けて。今聞くとそんなんでもないのですが。そしたら来日するって言うじゃないですか。行きました。ステージの前で参考書読むフリして待ってました。で、その時にワルシャワっていう輸入レコード屋のフライヤーが入っていて、それでその店に行ったんです。そしたら見たことないものがたくさん、欲しいものがたくさんあって。どう考えても帰りの電車賃が足りない。100円足りないぞと。マジで悩んで。グルグル回って。それで勇気を出して店員さんに「100円借りてもイイですか?」それが私の転機でした。

転機とは?具体的に教えてください。

お店の人と仲良くなって、同じようにぼっちだった音楽仲間が出来て、イベントを手伝ったり、打ち上げに参加したりするようになって。ミュージシャンの方々とも知り合いになりました。

ミュージシャンって誰ですか?

54-71とかブラッドサースティー・ブッチャーズの吉村さんとか。渋谷で全裸にされて、道端でガリガリ君を配らされたり、ケツの穴に花火突っ込まれたりしました。「走れ!祝いだ!!」って。

またいじめですか?

そんな感じではなかったですけど、私に拒否権はありませんでしたから。べろんべろんの吉村さんは怖かったですね。途中で顔見たら逃げるようになってました。お亡くなりになるとは思っていなかったので、もう少し喋ってれば良かったなと今は後悔しています。

大学ではまだ孤独だったんですか?

それがそうでもなくて、和民でのバイトもあったりで、社交性が身に付いて来たのかな。大学でも友だち出来ましたし、旅行に行ったりもしました。で、分かったんです。これまではただ寂しかっただけなんです。好き好んで孤独になった訳ではないので。なったことによって、孤独を演出していただけなんです。

恋はいかがでしたか?

彼女はいなかったですね。入学したらテニス・サークルに入ったんです。「テニス・サークル=性の解放」みたいなイメージがあったんで。でも入ったらかなりガチのサークルだったので辞めました。

でも男じゃないですか?やっぱ和民で稼いだお金でCDと風俗とか。

最初は怖くて行けませんでしたけど、バイト仲間5人と行ったのが初めてでした。みんなで「下関にふぐ食いに行こう」ってなりまして、帰りに大阪に寄って。そしたら案内所で「全員は入れないから分かれて」って言われて、2・2・1になったんです。私がもちろん1のチームで。どんだけ夢のある世界なのかと思っていたんですけど、お相手はダルそうな金髪のお姉ちゃんで、「自分で洗いーや」とか言われて。プラス5,000円で最後まで出来るというのでお願いしました。でも怖くて、気持ち良かったとかも覚えてません。しばらくはトラウマになりましたね。

そして社会人になって。なんでも初めてのボーナス、すごい使い方をしたとか?

好きなアメリカのバンドを呼びました。誰も日本に呼んでくれなかったので。それで回りの人に相談したら「ちょっとお金があれば呼べると思うよ」って言われて。それで初めてのボーナスを使って。

それスゴイですね。そんなに好きなバンドだったんですか?

好きは好きだったんですけど、今まで回りの人が企画しているの見て、とても羨ましくて。ステージ上で「日本に呼んでくれてありがとう、ユウキ。サンキュー、ユウキ」とかって言われたいじゃないですか。それで有給使ってツアーしました。
初日は大阪だったのかな。お客さん、全然いなくて。最初2、3人しかいなかったんですよ。「マジかよ…」ってヘコんでたんです。そしたらバンドのメンバーが「気にするなよ、ユウキ。俺たちは確かにアメリカでは2,000人の前でやっている。でもこうして日本に来れたことが嬉しいんだ」って励ましてくれて。嬉しかったですね。でも私英語、まったく分からないんで、そんなこと言ってたような気がする。それでもステージでは「サンキュー、ユウキ」も言ってくれたし、ライヴも良かったんで本当に幸せでしたね。号泣しちゃいました。でもその後メンバーが楽屋で大喧嘩していて引きましたけど…

ツアーの収支はどうでしたか?

もちろんボーナスは飛びました。それ以上のマイナスですね。でも本当に素晴らしい体験でした。ただその後バンドからの連絡は全くありませんが。

さてそれでは現在に戻って。会社はどうですか?

営業なので、接待とかでは完全に「飲み役」です。中国へ出張にも行くんですけど、阿部って向こうでは「アブー」って発音なんですね。だから「カンペイ、アブー!」って。で、トイレで吐いて、また戻るんです。技ですね。結構体育会系みたいなノリも残ってます。

仕事にやりがいはありますか?

どうでしょう。私自身は新規取るぞ!みたいなガツガツとかはあまりないんですよ。会社からは「もっと新規取れ!」ってプレッシャーはありますけど。

でももう入社されて8年ですよね。辞めたいと思ったことは無いのですか?

そう思ったことはありますが、またゼロから次の仕事を探す気力はありません。
前みたいに音楽の仕事をしたいとも思ってませんし。今より楽な仕事でしたら考えますけど。総務とか面白いかもしれないですね。飲み会の企画を立てたりとか、花見とか。

彼女は出来ましたか?

いえ。一度遠距離恋愛をしたのですが、スレ違って。でもいい子でした。素朴で。ここぞとばかりに「こんな音楽聞いてる」とか「レーベルでCD買う」とか「監督で映画観る」とか武器を使ったんですが。

彼女の条件とかあるんですか?音楽の趣味が合ったりとか?

いえ、そこはどうでもいいです。逆にエグザイルとか聞いてもらってる方が安心ですね。顔はガッキーがいいですけど。今度、保険のオバちゃんセッティングによる合コンに行くので、ちょっと期待してます。

夢とか、やりたいこととかありますか?

夢ですか…。やっぱ平凡ですけど、幸せな家庭を築きたいっすね。

物欲は?旅行とか、車とかとか。

そういうのホント無いんですよね。意外と毎日が充実してるのかなあ。けどやっぱ彼女欲しいなぁ。

ちなみに今週末の予定は?

これがですね、全く無いんですよ。大体土曜は昼過ぎまで寝て。朝ドラ録ってるから一気に見るんです。「マッサン」泣きましたね。でも「ごちそうさん」が一番ですね。毎週泣いてばかりでした。「あまちゃん」から朝ドラを見始めたんですが、「ごちそうさん」がベスト。あ、でも「カーネーション」はDVD買いました。中国に行ったときにパチもん。モンパチじゃないですよ。でもまだ見てません。昼寝もしちゃうんで。

「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。お名前、ご年齢、性別、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。