強きポップスター、ケイト・ナッシュ ライオットガール DIY フェミニズムを語る

ケイト・ナッシュは英国を代表するシンガーソングライター。10代の頃にMyspaceに発表した楽曲で一躍注目を集め、その後リリースしたシングル、アルバム共に大ヒット。紛れもない超ポップスターへと成長した。

|
17 October 2015, 12:49pm

ケイト・ナッシュは英国を代表するシンガーソングライター。10代の頃にMyspaceに発表した楽曲で一躍注目を集め、その後リリースしたシングル、アルバム共に大ヒット。紛れもない超ポップスターへと成長した。しかし世間の喧騒に惑わされることも、振り回されることもなく、自分らしく勇気を持って、現在も彼女は果敢に攻め続けている。

なぜケイト・ナッシュは、ここまで強くなれたのか?なぜショウビズの世界に染まらなかったのか?ライオットガールからの影響、彼女にとってのDIY精神、フェミニズムへの思い、そして女の子たちとの新しい活動ついても語る。インタビュアーは、LE TIGRE、MENのJDサムソン。

原題:BROADLY MEETS : Kate Nash on Feminism and the Internet (2015)