SHOOT TO EAT - 狩猟とマクロビオティック -

お肉だけは、完全なオーガニックミートと謳っているお店が無かったんですね。では、どう付き合おうか。「あ、獲りに行こう」と。

|
okt 31 2018, 9:16am

世田谷区喜多見でジビエとカレーを提供するお店〈beet eat〉を営む竹林久仁子氏。個人が健康であることで、最終的に世界平和を目指す食の哲学〈マクロビオティック〉を日常に取り入れる彼女は、スーパーマーケットに並ぶ食肉に疑問を抱き狩猟免許を取得した。竹林氏のエゾシカ猟に同行し、マクロビオティックとの出会いや狩猟に対する想いを聞いた。

1540974940311-Shoot_to_Eat_Scene5
1540974977133-Shoot_to_Eat_Scene1
1540974993412-Shoot_to_Eat_Scene2
1540975004578-Shoot_to_Eat_Scene3
1540975021381-Shoot_to_Eat_Scene4
1540975034234-Shoot_to_Eat_Scene6
More VICE
Vice Channels