Advertisement
lifestyle

Who Are You?: 橋本篤司さん(25歳) 会社員/プロボクサー

「佐竹とかアンディ・フグ、ニコラス・ペタス、アーネスト・ホースト、ジェロム・レ・バンナとかですね」

by VICE Japan; photos by SUSIE
11 September 2015, 8:08am

All photos by SUSI

先日コンビニで並んでいまして、「やけにレジの進みが遅いなぁ」って思っていたら、三台あるレジのお客さんすべてが、おでんを選んでいました。それも全員女性。さらにレジ係の人も全員女性だったので、この時点で六人の女性が一堂に会しておでんに関わる図です。素敵だったなぁ。寒くなりましたものね。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

橋本篤司(はしもと あつし)さん(25歳):会社員/プロボクサー

橋本さんは、この7月にプロボクサーのテストに合格されたと。おめでとうございます。

ありがとうございます。

元々格闘技はお好きだったのですか?

はい。ちょうど子供の頃はK-1全盛期でしたので。

その頃の選手って誰がいました?

佐竹とかアンディ・フグ、ニコラス・ペタス、アーネスト・ホースト、ジェロム・レ・バンナとかですね。

藤原紀香の時代ですね。あの頃は好きでした。あとハセキョーとか東原亜希とか。畑野ひろ子…懐かしいですね!

西山茉希とか。

ああ、そうだそうだ。大衆演劇の奥さんですね!藤原とか西山茉希の方に目が行くことはなかったんですか?

それはなかったです(笑)。まだ小学生でしたから。

私は斉藤慶子の水着ポスター貼ってましたよ。では、その頃からジムとかに通っていたんですか?

いいえ。ただ好きなだけでしたし、特別他にスポーツもやっていませんでした。あ、そういえば、地元の野球チームに亀梨くんがいました。同じ小学校なんです。

あら。やっぱ亀梨くんは野球がうまかったんですか?

はい、とても有名でした。

ご出身はどちらなのですか?

江戸川区の新小岩です。

えっと、新小岩と小岩ってどちらが大きな街でしたっけ?

新小岩は快速が止まるんですけど、小岩は止まりません。最近マツコが「熱い!」って言っているのは小岩ですね。

豆情報ありがとうございます。なんか小岩界隈って錦糸町とカブっちゃうんですよね。

あ、錦糸町もマツコのお気に入りですね(笑)。割と不良とかマイルドヤンキーが育ちそうなところです。

では、橋本さんもマイルドしていたと。

いえ、うちは結構厳しく、日能研とか行かされていました。中学受験して、隣の本八幡の学校に行ったので、それほど小岩で遊ぶことは少なくなりました。

あ、また本八幡。サイゼリアの本八幡。加川さんと同じですね。ではいつ頃からボクシングを?

高校のときです。ちょうどそのときは魔裟斗とかKIDとかが全盛で、ちょうど二人が大晦日に対戦したりしていました。特にうちは男子校だったので、かなりザワつくくらい人気があったんです。そしたらある選手が、高校まではバドミントンをやっていて、大学から格闘技を始めたみたいなこと言っていたんです。なんかそれまでのイメージでは、小さな頃から格闘技をやって、亀田兄弟みたいなのが当たり前だと思っていたので、「アレ?そこからでも出来るんだ!」って。それでまずはキックボクシングを始めたんです。

学校にキックボクシング部はないですよね。このような場合、まずどうするのですか?

雑誌を買います。そこにシムの情報がたくさん載っているので調べます。そしたら江戸川区に結構ジムがあったんですね。それで友だちと色々見学に行きました。

たくさんあるジムの中で、そのジムを選んだ決め手はなんだったのですか?

ちょっとミーハーな感じですが、チャンピオンがいるところを選びました。

ちなみに月謝ってお幾らくらいするものなのでしょう?

一万円くらいですね。

練習はキツかったですか?

最初の頃は楽しかったです。テレビで観ていたことを自分が実際やっているのですから。でもスパーリングとか始まったら、もちろん痛いので、「もうやだ、明日休もう~」なんて気にもなりましたけど。

タカタカタカタカッって、縄跳びするじゃないですか?あんなのよく出来ますね。

いえ、あれって結構簡単なんですよ。

あとダダンダダンダダンダダンって、吊るされてるヤツを連続で打つヤツも。

パンチングボールですね。でもあれは僕も苦手で、今でも出来ません(笑)。

あ、そういうものなのですね、プロでも。それでずっとキックボクシングを続けられたんですか?

いえ、同時に美容師になりたいという気持ちもありまして。

あら、そうなんですか。いつ頃からその思いは?

中学二年です。

どうして美容師さんになりたいと思ったのですか?

やはり中学くらいからオシャレに目覚めるじゃないですか。それで初めて美容室に行って切ってもらったときに、めちゃめちゃカッコ良くしてもらった気になって。「見てよ!この感じ分かる!?」そんな風にすごく興奮したんです。それでこんな気持ちになるのは本当にすごいことだと思って、僕もこの気持ちをお客さんに伝えたいって思うようになったんです。

最初、どこの美容室に行ったんですか?

新小岩です。

お店の名前覚えています?

はい、オクチといいます。

え?奥地?

いえ、ローマ字でOKUCHIです。

どんな髪型にしたのですか?芸能人の写真とか持って行きました?

写真は持って行きませんでしたが、ソフトモヒカンでした。ベッカムが流行っていたとき。

美容師さんも「またか」って感じだったでしょうね(笑)。じゃ、一番目はソフトモヒカン、そのあとの遍歴を教えてください。

そうですね、色を入れたり…茶髪ですね。あとそのあとに流行ったのが成宮くん。

水谷豊の相棒?流行っていたんですか?

はい。ツーブロックにしました。美容師さんも「あ、成宮カットね」って言うくらい流行ったんです。

それでOKUCHIの常連になると。

いえ、高校からは原宿とか表参道とか…

ああ、OKUCHI卒業…。

はい(笑)。本当に美容師になりたかったので、見学も兼ねていろんなイケてる美容室に行きました。

別にOKUCHIがイケていないわけではありませんので。それで高校卒業してから、美容学校に行ったのですか?

いえ、高二で転校して美容学校に入りました。

お父さん、お母さん、怒りませんでした?日能研にも通わせていたのに。

凄く怒られました。父に言うタイミングもマズかったんです。ちょうど酔っているときで。高校の担任に相談したら、「シラフのときにもう一度話しなさい」って。

先生、普通にいいですね(笑)。

それで今の高校は辞めるけど、通信制の高校に行って、夜に美容学校に行くからと説得したんです。

美容学校はどうでしたか?学校名教えて頂けます?

山野美容専門学校です。

あ、有名な。名門じゃないですか?

いえ、昔はそうだったみたいですけど、今は結構チャラチャラしてます(笑)。現在の有名校は、国際文化とか日本美容とかです。現在活躍されている美容師さんは大体このふたつのどっちかなんです。

そうなんですねぇ。まったく知りませんでした。学校は何年行くのですか?

二年間です。

それから就職と。ちなみに美容学校の就職活動について教えてください。

二年になったころから始まるんですけど、学校に求人票が来ます。それをチェックして応募します。そして面接、試験と続きます。

橋本さんはどうされたんですか?

SHIMAっていう美容室があって…

ああ、超有名ですよね!

はい。やはりSHIMAは大きいし、奈良裕也さんっていう有名な美容師さんもいたので応募したんですけど、最終で落ちました。

あ、すいません、格闘技のこと忘れていました。ちなみにその頃キックボクシングは?

美容学校に入った時点で辞めました。手を怪我しちゃうとマズイので。

なるほど。あ、この前ボクシングのプロテストに受かったってことは、今は美容師じゃないと…。まだまだ人生ありそうですねぇ~。じゃ、まずSHIMAの試験内容について教えてください。

ちょっと変わっていて、履歴書の右半分は自由になんでもやってくださいってなっていました。ポートフォリオだったり、デッサンだったり。僕はスナップ集を作りました。あと全身写真も必要でした。それが書類審査で、そのあと面接と筆記試験とスタイリングの実技です。

筆記試験ってどんなのですか?美容に関することなのですか?

いえ、割とカルチャー色が強いもので、問題というよりも「好きな建築家は誰ですか?」とか。

わー、結構来ますね。「好きな音楽は?」「好きな雑誌は?」とか?センスを問われる感じですね。ではスタイリングは課題とかあったんですか?

いえ、自由にやっていいんです。

じゃ、なんか割り箸みたいの刺しちゃったりしても?

はい(笑)。今思えば、それくらいやっちゃっても良かったのかなって思います。結構普通にまとめてしまったので。

ではSHIMAはダメで、そのあとどうしたんですか?

どうしようかなぁ~って考えまして…

あ!もしかしてOKUCHIに!!

いえ、残念ながら(笑)。代官山に茂木正行さんという方がやっているboyという美容室があって、その方はイギリスの超有名なヘアドレッサーであるヴィダル・サスーンのアートディレクターになった人なんです。それで切ってもらいに行ったときに、「boyに入りたいんです」って直接言ったら「じゃあ、もう面接する人決まってるけど、キミも受けちゃいなよー」って言われまして。

なんかジャニーさんみたいですね。「YOUもー」って。

そしたら、あれよあれよと進んで合格しちゃったんです。でもあとで聞いたんですけど、他のスタッフの方は、みんな反対していたそうです。勝手に途中から来て、ワケのわからないヤツを面接して、そして入れて。代表は「いいから入れちゃえばイイじゃん」って感じだったんですけど。さらにここの美容室はかなりアーティスティックなところなんです。でも僕はチャラい感じなので、それもあったと思います。

よくテレビとかでやってますけど、美容師さんの下っ端って大変そうですよね。どんな1日なのでしょうか?

八時に行って朝練、掃除、そして営業時間があって、終わってからまた練習です。終電も越えちゃいます。だから若い美容師さんも三軒茶屋とか三宿とか、結構いい所住んでる人多いんですけど、それは自転車で通勤出来るからなんです。

なるほどー。ちなみに前から気になっていたんですけど、いつゴハン食べてるんですか?

それがホントに食べる時間がないんです。シャンプーとかカラーやったりする間に、空いてる時間を見つけてパパッとパンとかを食べるんです。

パパッとパンですかー。先輩たちのゴハンも買いに行ったり?

はい、行きます。

じゃ、片や「マックが食いたい」、片や「富士そばお持ち帰りでー」なんてのもあるんですか?

はい。

そりゃ大変ですね!行ったり来たり。

でも本当に中の仕事が大変だったので、逆に外の空気が吸えるからアシスタントは率先して買い物に行ってました。

じゃあ、毎日コンビニのものばっかり食って。

いや、それがそうでもなくて。アーティスティックな感じなので、ベジタリアンの先輩がいたり、化学調味料とかアウトな雰囲気だったんです。カップラーメンなんか食ってたら、代表に怒られますし(笑)。だからコンビニもナチュラル・ローソンでした。

アハハ!!すいません、とても面白いです。それでアシスタント時代を経て、スタイリストに?

それがその直前で辞めてしまいました。

あら!それはまたなんで?

お店以外にも、雑誌の撮影とか作品とか外での仕事もあったんですね。それでヘアメイクにも興味が出てきて、そっち方面に行こうと思ったんです。

では、そちらの道に。

いや、そしたら震災があり、大変なことになったと。あの出来事が自分にとってすごく大きかったんです。今まで美容師として本当に忙しかったので、あまり世間のこととか、何が起こっているとか、まったく知らなかったんですね。それがあの震災でなんだか「こんなことをしてる場合じゃない」って思うようになったんです。

それでどうしたんですか?

フリーのジャーナリストの人がネットでボランティアを募集していたので、そちらに参加しました。

うわー、超方向転換じゃないですか。美容師さんに未練はなかったんですか?

はい。やはりそのとき震災で困っている人に必要なのは、美容師じゃないと思いましたし、必要なのは情報とかお金とか、生活に役立つものだと考え始めたんです。

それで現在は何をされているんですか?

そこからいろんな繋がりがあしまして、現在はネット系の会社に勤めております。

ホント、人生色々ですね。…さて格闘技に戻って来ましたよ!まずは、なぜまた始めようと思ったのですか?

二年くらい前なのですが、ちょっと仕事も落ち着いて来て、運動もやっていなかったので、ボクシングを始めたんです。

じゃ、また雑誌を見てジム探しから?どちらに行かれたのですか?

当時キマグレンのKUREIさんがプロボクサーになったんですね。それでまたミーハー的なところもあって、恵比寿にあるそこのジムに入りました。

でもまったく運動していなかったわけじゃないですか。最初はどうでしたか?

とってもキツかったです。スタミナもまったく無くて、すぐに顔が真っ青になってました。ダメダメでしたね。

そんな状態からプロテストを受けようと思ったのはなぜですか?

少しずつ体も慣れて来ましたし、それに25歳に近づき、転換期でもあると思い、これまでの人生なんか中途半端だったので、やってみようと決めたんです。

そういうのって自分で決められるんですか?

もちろん会長には相談します。「週4、5日練習したらいけると思うよ」と言われました。それでテストの半年前から、それに向けて練習を始めたんです。

やはり練習内容は変わるのですか?

どんどんスパーリングが増えてきました。ヘッドギア付けて、プロの選手が相手になります。

「もうやだ!」は?

もう毎日そうでしたね。本当にスパーリングが嫌で嫌で。痛いですし、心も折れますし。恐怖感が凄くて、練習前になると気持ち悪くなってました。

そんなとき影で支えてくれた女性とかは?

ちょうど別れた頃でした。

ああ、じゃあその悲しみをさらにパンチに込めていたんですね。で、7月のテストですが、どこでやったんですか?

後楽園ホールです。

おおー、聖地ですよね。行ったことないんですが、イメージとしては東京ドームor甲子園?

完全に甲子園ですね。古くって、おっさんたちが飲んで、ヤジりまくって。でも歴代のチャンピオンたちが戦って来た本当に特別なところです。

美容師のところでも聞きましたが、テストはどんなことをやるのですか?

筆記と…

また筆記!どんな内容なのですか?

ボクシングのルールですね。でもほとんどこの内容って変わっていないらしいんです。なので前に受けた人から問題は事前に聞いていました。

ここにも漏洩!司法試験じゃなくてよかったですね。そのあとは?面接とかは?

面接はありません。体重を量って階級を分けて…僕はスーパーフェザー級です。

それは何キロですか?

59キロです。あとは実戦で、「君と君、君と君、君と君が戦って」って、その場で言われます。

どんな相手でした?怖い人?ヤンキー?金髪とかタトゥーとか。

もう思いっきりアマチュア経験のあるめっちゃ強そうな子でした。体も出来上がっていて。

何ラウンドするんですか?

2ラウンドなんですけど、通常は3分のところ、テストは2分30秒なんです。

どうだったんですか?でも受かったってことはねぇ。

受かったんですけど、鼻を2ヶ所折られました。

うぉー…。

予想通り、相手がめちゃくちゃ強くて、ヘッドギアも付けてるのにやられました。

ダウン?

ダウンはギリギリしなかったんですけど、途中から内容はまったく覚えていません。

その場で合否は分かるんですか?

いえ、翌日です。

どんな風に発表されるんですか?

後楽園に貼り出されるのと、ネットでPDFです。

なんでもネットでPDFの時代ですね。

でも僕は、会長から「受かったよ、おめでとう」ってメールをいただきました。最高に嬉しかったです。完全に落ちたと思っていましたから。でも会長は「内容よかったから大丈夫」とは言ってくださっていました。

で、もうプロになったんですよね。これからはいつでも試合が出来るんですか?

はい。会長に言えば組んでくれます。でも正直、今はやる気がありません(笑)。本当にそこまでの練習がキツくて。もう何回も「ボクシング辞める!」って思いますし。ジムからも「試合するよね?もちろん」なんて言われているんですけど、「ちょっと待ってください…考えさせてください…」ってところです。

でも心の底から辞めようとは思っていないんですよね?

はい。やはりリングの上で勝ってみたいですから。今も100回に1回は、試合に出てもいいかな~なんて思ったりもするんですが、いやいや待て待て、あそこまで行くのにどんだけ練習すればいいんだって思うと…まだまだ考えたいんです(笑)。

ちなみに後楽園ホールに女子ファンとか来るんですか?

残念ながらほとんどいません。おっさんばっかりです。

じゃ、ジムに女の子は?ボクシングダイエットの子とか。

あ、います。モデルの方とか。

じゃ、わちゃわちゃしちゃったり!

いえいえとてもとても!会長の目が光るところでそんなことは出来ないです。怖過ぎます!

じゃ、女の子に目もくれないで頑張っているんですね!ぜひ試合する気になったら教えてください。その前にうちのイナムラとスパーリングもOKですよ。

よろしくお願い致します!

「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。