Read

Health

突然発症する食物アレルギーの不思議

今まで慣れ親しんできた食べ物が突然食べられなくなるんて、わけがわからないし、やるせない。
Shayla Love
13 hours ago
Art

中国政府からの脅迫に立ち向かう風刺画家、巴丢草

中国政府がメルボルン在住のアーティスト、巴丢草の素性を特定して1年が経つ。以来、彼は尾行やサイバー攻撃の被害を受けてきた。自宅に侵入された可能性もあるという。
Gavin Butler
2 days ago
love

ヴァギナのニオイを考える

どんなニオイが〈普通〉なのか、専門家に聞いた。
Bethy Squires
11.14.19
Health

「人前で声が出ない」体験者と専門家に聞く場面緘黙症

場面緘黙症の人びとにとって、世界いち恐ろしいのは話すことだ。
Rebecca Kamm
11.13.19
Photo

地上からは見えない環境汚染を伝える空中写真

写真家のJ・ヘンリー・フェアは、私たちが存在すら知らない日常的な環境汚染を、高度300メートルから記録し続けている。
Edoardo Liotta
11.11.19
movie

映画『8 Mile』の〈握手〉を勝手にランク付け

エミネムの半自伝的映画『8 Mile』の公開から17年。登場人物たちが劇中でみせた数々の握手の残響は、いまだに鳴り続けている。
Dan Ozzi
11.8.19
lifestyle

ポルトガル政府がひた隠す、もうひとつのリスボン物語

リスボンの人気スポット、インテンデンテ。そこには多くの観光客が知らない、もうひとつの現実が存在している。
Tiago Figueiredo
11.7.19
lifestyle

事件ノンフィクション『つけびの村』の高橋ユキが語る殺人事件とうわさと妄想と私。

〈うわさ〉。特に気にすべき物事ではない、と判断して良いのだろうか? sns全盛の現代において、この事象こそ、実は価値観の大部分を占めることに気付いていないひとも多いのではないか。 事件ノンフィクション『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』の著者、高橋ユキは何を追い求めたのか。彼女に、殺人事件、うわさ、妄想、そして彼女自身について聞いた。
Yuichi Abiko
11.6.19
love

MRIでセックスして科学に貢献したカップル

1991年、科学者たちは史上初めて性交中の人間の体内を撮影。その衝撃的な画像から、ある意外な事実が明らかになった。
Julian Morgans
11.1.19
Photo

ポルトガルの〈危険地域〉、セイス・デ・マイオの実情

写真家ホセ・フェレイラが、荒廃が進むコミュニティでの生活を捉える。
José Ferreira
11.1.19
lifestyle

心理学者が教える、友人と縁を切る方法

友人との別離は、パートナーとの別離よりつらい(そして厄介だ)。
Elizabeth Brown
10.30.19
Health

〈作話〉研究でみえる、現実と虚構の曖昧な境界線

「私は誰か」「どんな仕事をしているか」「今は西暦何年か」「今どこにいるか」など基本的事実の理解は、できて当然のようにみえるが、作話研究により、それが当たり前ではないこと、そして私たちの現実の把握が、想像以上に危ういことが示される。
Shayla Love
10.25.19
01133