大腸がん

5.8.17

著しい増加をみせるミレニアル世代のがん罹患率

近年、大腸がんの発生率は減少傾向にあり、特に、55歳以上の患者数の減少が顕著だ。しかし、1980年頃から2000年代初めに生まれた〈ミレニアル世代〉におけるがん罹患率は、著しく増加しているという。〈ミレニアルズ〉に一体なにが起こっているのだろうか。