lifestyle

〈死〉の消去と〈人生〉の再生 事件現場清掃人

「結婚式中でも、子どもたちとディズニーランドにいるときでも電話を受けます」
Carson Kessler
3.23.18
tech

ドクターDEATHの自殺マシーン

世界中で、安楽死や自殺ほう助について議論されているなか、1996年、患者に致死薬を注射し、安楽死を合法的に実施した初の医師がフィリップ・ニッツチク(Philip Nitschke)だ。彼は、世界的な安楽死論争において、推進派としてもっとも有名かつ物議をかもす人物である。
Marjolein de Jong
12.13.17
lifestyle

定着しつつある お葬式のライブ配信

例えば海外にいるとき、遠方に転勤したとき、入院しているとき。そんな状況のなかで大事な人が亡くなってしまったら、そう簡単に〈お葬式〉に参列できない人もいるだろう。しかし今やインターネット社会。参列できない人々のために、〈お葬式〉のライブ配信サービスに注目が集まっているという。もっとも厳粛な儀式は、今後どのようになっていくのだろう。
Hannah Ewens
5.11.17
tech

全身2200万円でできる 人体冷凍保存の最前線

クライオニクスは、未来における蘇生に望みをかけて、極低温で人体を保存する技術。アルコー延命財団の施設では、149もの人体、もしくは頭部を約マイナス200℃で保管している。更に1100人以上の希望者たちが冷凍保存の申し込みをしているという。
Mary Pilon
2.15.17
Health

安楽死幇助が合法化された カナダの現在

2016年6月、カナダで医師による自殺幇助が合法となった。施行から5ヶ月が経ったが、安楽死を希望する患者は後を絶たない。カナダ全土では何百人もの患者が安楽死を希望している。
Rachel Browne
11.14.16
Health

インスタグラムで解剖した部位を発信する女性病理医助手

インスタグラムのユーザーネーム「@MRS_ANGEMI」こと、ニコール・アンジェミ(Nicole Angemi)は、病理医のアシスタント。彼女は、「死」、そして「命」の真実を発信し続けている。
VICE Japan
3.15.16
lifestyle

臨死体験であの世に忘れ物をした私

私はアリゾナの自宅付近で死亡した。完全に暗黒の世界に飲み込まれた。それだけだ。
River Donaghey
5.6.15