若き写真家が見る歪んだ世界

    • 7.11.16

      若き写真家が見る歪んだ世界 vol.13 西野壮平

      若き写真家が見る歪んだ世界、第13回目は、東京、大阪、ニューヨーク、パリ、ヨハネスブルグなど、世界中の都市を旅し、そこでしか実感できない体験を記録し、地図として形作るジオラママップを生み出す、西野壮平に迫るインタビュー。

    • 1.31.16

      世界のビジュアル・アーティスト連載 ゆVIっCE! 02.Ana Barrado

      天才芸術家。誰も見たことも、想像したこともない世界を描ける人。それが写真というアート表現で実現できるのであれば、なおさら、そう感じてしまう。ファインダーを覗いただけで、世界の別次元を、誰が垣間見ることができるだろう。僕が知る限り、それができるのはアナ・バラッドただ一人だ。

    • 12.23.15

      世界のビジュアル・アーティスト連載 ゆVIっCE! 01.GEE VAUCHER

      シリーズ企画、「若き写真家が見る歪んだ世界」で写真家としての活動を紹介した弓場井宜嗣。そんな彼がRE/Search時代の経験を生かし、執筆業をスタート。弓場井自身が敬愛する世界のビジュアル・アーティストの作品とインタビューを綴る連載。第1回はCRASSのアートワークを担当したジー・バウチャー。

  • Advertisement
    • 12.15.15

      若き写真家が見る歪んだ世界 vol.12 いくしゅん

      世の中で一番の楽しみはイク瞬間である。あの手この手を使い無我夢中であくせくしながら、その時を迎える。そこまでたどり着くまでに相手の演技やあざとさが見て取れると一気に冷めてしまう。一方で相手のその時を逃さぬよう、注意深くその反応を探る。さらには自分と相手が同時になんて、甘い夢を見てしまうが、それがぴったりとあうことが何よりも快感である。

    • 12.8.15

      若き写真家が見る歪んだ世界 vol.11 鈴木育郎

      若き写真家が見る歪んだ世界、第11回目は鳶の職に従事しながら、日々の生活の中から見出すことができる普遍性を追い求める写真家、鈴木育郎の作品とインタビューを紹介します。

    • 11.25.15

      若き写真家が見る歪んだ世界 vol.10 藤原聡志

      若き写真家が見る歪んだ世界、第10回目はドイツを拠点に活動し、写真、画像という媒体が現代の社会でどのような役割を担うのか、その秘められた可能性を模索する藤原聡志の作品とインタビューを紹介します。

0102