ケロッピー前田

    • 10.19.18

      UFOオカルト伝説の謎‬ 05.スタントン・フリードマンが発掘したロズウェル事件‬‬

      ロズウェル事件とは、1947年に起こったUFO墜落事件。「気象観測用の気球に過ぎなかった」。当時はそう発表されたが、それをスタントン・フリードマンが、約30年後に掘り起こした。実はUFOだったのではないか?ケロッピー前田によるUFOオカルト伝説の謎、第5回目は、 UFO神話をひとつのカルチャーにまで育て上げた、といっても過言ではないスタントン・フリードマンについて。

    • 8.10.18

      UFOオカルト伝説の謎 04.アレン・ハイネックの未知との遭遇

      ケロッピー前田による『UFOオカルト伝説の謎』。第4回目はUFOの目撃、遭遇、アブダクション(宇宙人による誘拐)、さらには米国政府のUFOの隠蔽について、強烈なリアリティーを持って伝えた映画『未知との遭遇』のアドバイザーを務めた、アレン・ハイネックの半生に迫る。

    • 6.29.18

      UFOオカルト伝説の謎‬ ‬‬‬03.エーリッヒ・フォン・デニケンの未来の記憶

      ケロッピー前田による『UFOオカルト伝説の謎』。第3回目は、古代宇宙飛行士説を唱えたエーリッヒ・フォン・デニケン。ナスカの地上絵やイースター島のモアイ像は、すべて宇宙人によるものであるという説を貫いた人物の生涯から、彼が果たしたオカルト以外の功績にも迫る。

    • 12.28.17

      UFOオカルト伝説の謎 02.ジョージ・アダムスキーの空飛ぶ円盤同乗記(後編)

      ケロッピー前田による「UFOオカルト伝説の謎」、第2回目後編は、金星人、火星人、土星人と出会い、さらには宇宙旅行なる月の裏側や他の惑星を訪れた、と語ったジョージ・アダムスキーについて。その後、アポロ計画のスタートにより、宇宙に関する実質的なデータが集められ、ジョージ・アダムスキーは徐々に影を潜めていくこととなる。

    • 12.27.17

      UFOオカルト伝説の謎 02.ジョージ・アダムスキーの空飛ぶ円盤同乗記(前編)

      UFOの形状で、即座に連想されるのが、円盤底部に3つのドームがついたアダムスキー型と称されるものだろう。これは宇宙人と会った、と最初に主張したジョージ・アダムスキーが、1950年代に撮影した写真によって、世の中に広まった。ケロッピー前田による「UFOオカルト伝説の謎 」。第2回目は、ジョージ・アダムスキーを中心に、謎の飛行物体=宇宙人の乗り物、が定着した経緯を追う。

    • 11.3.17

      UFOオカルト伝説の謎 01.ケネス・アーノルドのUFO目撃事件

      ケロッピー前田による新連載『UFOオカルト伝説の謎』。第二次大戦後にはじまるUFOブームを現代の視点で捉え、人間がオカルトを求める心理を探りたい。第一回目は最初のUFO目撃者、ケネス・アーノルドを中心に紹介していく。UFO目撃事件を紐解くことで、米ソ冷戦下における米国社会が抱えた闇までもが浮き彫りになる。

  • Advertisement
    • 9.21.17

      タトゥー進化論 01 人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉のタトゥーは何を語る?

      タトゥーの歴史に焦点をあてた連載企画「タトゥー進化論」。第1回目は現存する人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉に施されていたタトゥーを契機に、タトゥーを施していた理由や起源について検証していく。装飾のためか、治療のためか、はたまた火の使用とともに、生まれたものか。謎に満ちた人類の歴史とともに、タトゥーにまつわるロマンを探る。

    • 3.18.17

      頭蓋骨に穴、マリファナ、タトゥー! ケロッピー前田の『クレイジートリップ』

      頭蓋骨に穴を開け意識を覚醒させるトレパネーション、アムステルダムのマリファナ愛好家が集うカンナビスカップ、人体冷凍保存を運営するアルコー延命財団など、数え切れないほどのクレイジーな取材をまとめた『クレイジートリップ』が昨年発売された。そこで、著者であるケロッピー前田にインタビュー。氏の半生、そして、この本に込めたメッセージを探る。