恋愛

love

レイキマスターが教える 星座別:あなたとは合わない男性のタイプ

どっぷりハマってしまう前に、相性だけは確認しておこう。
Canti Widyadhari
2.8.19
love

メッセージの頻繁なやり取りはどこから〈浮気〉になる?

自分に恋愛感情を抱いているかもしれない〈親友〉と、性的な内容を含まないとはいえ親密なメッセージを頻繁にやり取りしているとしたら。そして、それを自分のパートナーに告げていないとしたら。それは倫理にもとる行為なのだろうか?
Maria Yagoda
2.5.19
lifestyle

選んだ相手とセックスできる美男子コンテスト〈ゲレウォール〉

ニジェール北部周辺に暮らす遊牧民ウォダベの男性は、最大6時間かけてメイクをし、年にいち度の〈出会い系〉祭りで美を競う。
Amuse Team
12.12.18
love

数回しか会ってないのに いつまでもあの人のことばかり考えてしまう

その理由は、新しい恋愛があなたの脳の働きを変えてしまうから。
Nick Keppler
12.11.18
lifestyle

クソ野郎の前で より善い人間になるためのテクニック

実践テクニックを、5つの要素に分けてみた。〈ゴール〉〈オーディエンス〉〈しつこいくらいの関心〉〈シンパシー〉〈愛〉だ。そう、愛である。嫌いなヤツに愛なんて与えてられるか、という方も、ぜひ耳を傾けていただきたい。お教えするのは、愛をもって復讐する方法だ。
Jay Heinrichs
3.26.18
lifestyle

社会に溶け込んでいるサイコパス

「サイコパスは、数々のドラマを乗り越えてきています」
Emalie Marthe
3.19.18
lifestyle

あなたのパートナーはあなたの親に似ている

私たちが親に惹かれる、ということを裏付ける証拠は発見されていない。しかし、おどろくなかれ、私たちの惹かれる相手が親によって形づくられる、と結論づける研究が増加している。『Evolution and Human Behavior』2018年1月号に掲載された新しい研究もそのひとつだ。
Justin Lehmiller, PhD
3.15.18
lifestyle

元カレ元カノのSNSを見ないようにする方法

人間関係の専門家、デート・コーチやセラピストなどのプロに訊き、その答えをまとめた。
Anna Goldfarb
2.26.18
Photo

Tinderで出会った他人との濃密なポートレート

24歳の写真家マリー・ヒルドは、超表層的な特性のSNSが、実生活での他人とのかかわり方にも影響している、と信じている。その明白な例は、デート文化の進化の仕方だ。そこから着想を得たのがヒルドの新しいアートプロジェクト〈Lifecontruction〉。彼女がTinderで出会った他人と撮影した、親密なポートレート・シリーズだ。
Lene Munk
2.25.18
lifestyle

卓球で男女の仲はピンポンはずむのか?

合コンとは縁遠い生活を心がけていた私のもとに、〈卓球合コン〉が開催される、という情報が舞い込んだ。通常であれば、合コンと名のつく集いには絶対に参加しなかっただろう。だが今回は別だ。合コンの頭に〈卓球〉がついている。過去には卓球が外交手段として用いられ、政局を動かしたこともある。国家をつなげられる卓球は、男女の関係もつなげられるのだろうか?
VICE Japan
1.18.18
lifestyle

元カレ 元カノと友人関係を続けたがるナルシシスト サイコパス

「ナルシストは失敗、敗北を嫌います。そのため、自ら終わらせる意思のなかった関係については、関係継続のために何でもします」
Diana Tourjée
1.11.18
Photo

デートで失敗するたびにホラー写真を撮る男

1970年代ホラー映画のマナーを踏襲した作品をつくるアーティスト、ロバート・ヒッカーソンは、出会い系アプリでの失敗体験を恐ろしげなイメージに昇華させて提示する。何を隠そう、ヒッカーソンは、出会い系アプリで失敗を繰り返したクチだ。
Elizabeth Renstrom
1.2.18
0102