マリファナ

Drugs

タイの医療用マリファナ合法化により全てが変わるかもしれない!?

他のアジア諸国もこれに続くのだろうか?
Caleb Quinley
2.12.19
lifestyle

刑務所からの手紙 ③:最終回

「調子はどうだい ニガー?」「おい、俺がまだ許可を出したわけじゃねえんだから、その言葉を使うんじゃない」
Mike Lawrey
10.31.18
lifestyle

刑務所からの手紙 ②

HIVに感染しているひとりの日本人服役囚に「幸せに感じられる何かを見つけろ」といわれて、心の持ちようが変わった。彼は常に微笑んでいるような男だった。彼がそのような事実に直面しているにもかかわらず、幸福を感じることができるのであれば、俺にだってそれが可能なはずだ。
Mike Lawrey
10.29.18
lifestyle

刑務所からの手紙 ①

〈ゲーム(麻薬売買)〉のプレイヤーたちは、そう簡単にリタイアしたり、長生きすることはできない。その結末は、刑務所送り、もしくは死。
Mike Lawrey
10.24.18
occult

頭蓋骨に穴、マリファナ、タトゥー! ケロッピー前田の『クレイジートリップ』

頭蓋骨に穴を開け意識を覚醒させるトレパネーション、アムステルダムのマリファナ愛好家が集うカンナビスカップ、人体冷凍保存を運営するアルコー延命財団など、数え切れないほどのクレイジーな取材をまとめた『クレイジートリップ』が昨年発売された。そこで、著者であるケロッピー前田にインタビュー。氏の半生、そして、この本に込めたメッセージを探る。
VICE Japan
3.18.17
Drugs

マリファナ合法化はビールの売上に影響するか

数年前から米国の数州では、嗜好品としてのマリファナを合法化しているが、これに対しビール業界は、売上に影響が出るのでは、と懸念していた。飲酒運転の心配なし。二日酔いの心配なし。マリファナ消費量が増えれば、ビール消費量は減少するのではなかろうか。
Nick Rose
2.12.17
News

HOLLYWeeDサイン悪戯事件の犯人インタビュー

2017年が始まると、ロサンゼルスを象徴する〈HOLLYWOOW〉サインが〈HOLLYWeeD〉サインに変わっていた。ちょっとした悪戯が新年を飾るニュースとして報じられると、吉兆か!?、と世間はにわかに沸き立った。
Justin Caffier
1.4.17
Drugs

エイズ患者の戦いが生んだ医療大麻合法化

1994年から1998年まで、デニス・ペロンは、連邦法及び州法を完全に無視し、大麻事業で成功を収めていた。彼は、サンフランシスコに「大麻バイヤーズクラブ (CBC) 」を開設し、希望者に大麻を提供していたのだが、CBCに入るには条件があった。「会員は、病人か、身体障害者でなければならない」
Julia Alsop
10.27.16
Drugs

マリファナ研究のゴッド・ファーザーが発見した事実

マリファナ研究の父ラファエル・メコーラム博士は、科学的見地から医療大麻の利点を説く。大麻を服用したのは、長い人生の中でたったの一回。長年の研究から、大麻の化学的欠点もわかっている。彼は、大麻にまつわる社会的側面にはほとんど関心を持たず、それは社会学者の仕事だ、と切り捨てる。向精神作用の虜になり大麻の利を説く大麻解放馬鹿とも全く違う。博士は何を求めて、今日も…
Juan Camilo Maldonado Tovar
3.10.16
News

ドイツで刑事法の教授ら122人が、麻薬法改正と大麻合法化の嘆願書に署名

4月にドイツで122人の刑事法の教授たちが麻薬法改正と大麻合法化を求める嘆願書に署名したことを受け、立案者であるブレーメン大学教授のロレンツ・ブーリンガー博士に話を聞いた。
VICE Japan
9.30.14