パリ同時多発テロ

    • 2.2.16

      アメリカで生活するシリア難民の現状

      アメリカ・オバマ政権は、1年間で1万人以上、これまでの約6倍にあたる難民の受け入れを計画していたが、パリ同時多発テロの影響を受け、31もの州が難民の受け入れ拒否を表明。更に野党・共和党からは、計画停止の声が高まり、米連邦議会下院では、シリア難民の受け入れ審査を厳しくする「外敵に対する国家安全保障法案」が可決された。

    • 12.3.15

      ジョーカーマスクの脅迫から見る カナダのイスラムフォビア そして難民問題

      ジョーカーマスク男の脅迫映像が公開されたカナダでは、イスラム教に対する嫌悪感が高まっている。ピーターボロ・モスクで放火事件があり、トロントでは女性が殺害されたほか、脅迫事件や嫌がらせが数件報告されている。

    • 12.3.15

      内部からのテロ脅威 ISへ向かった英国少女

      2015年2月、ロンドン在住の15~16歳の少女3人が、トルコを経由し、ダウラ・アルイスラミーヤ(通称イスラム国、以下IS)に参加するためシリアへ向かった事件。彼女たちは、ISの構成員と結婚し、次代の戦士の育成を目的としているという。

    • 11.27.15

      イーグルス・オブ・デス・メタル(EAGLES OF DEATH METAL) パリ同時多発テロについて語る

      11月13日金曜日、パリ公演を行っていたイーグルス・オブ・デス・メタルが、同時多発テロに巻き込まれた。会場であるバタクラン劇場に侵入したテロリストは、発砲を繰り返し、その犠牲者は今回のテロ事件において最大の90名にも及んだ。その中にはイーグルス・オブ・デス・メタルのマーチャンダイス・マネージャー、レコード会社のスタッフも含まれていた。

    • 11.20.15

      France At War:パリ同時多発テロ 混乱する現地レポート(4)

      2015年11月13日金曜日にパリで起きた同時多発テロは、11月15日現在、130名以上もの犠牲者を生んだ。既にダウラ・アルイスラミーヤ(通称イスラム国、IS)は、犯行声明を発表。そして15日、フランス空軍はダウラ・アルイスラミーヤの事実上の首都となっているシリアを空爆した。

    • 11.19.15

      France At War:パリ同時多発テロ 混乱する現地レポート(3)

      2015年11月13日金曜日にパリで起きた同時多発テロは、11月15日現在、130名以上もの犠牲者を生んだ。既にダウラ・アルイスラミーヤ(通称イスラム国、IS)は、犯行声明を発表。そして15日、フランス空軍はダウラ・アルイスラミーヤの事実上の首都となっているシリアを空爆した。

  • Advertisement
0102