心理学

  • Advertisement
    • 10.25.19

      〈作話〉研究でみえる、現実と虚構の曖昧な境界線

      「私は誰か」「どんな仕事をしているか」「今は西暦何年か」「今どこにいるか」など基本的事実の理解は、できて当然のようにみえるが、作話研究により、それが当たり前ではないこと、そして私たちの現実の把握が、想像以上に危ういことが示される。

    • 10.9.19

      社会学者が語る〈おひとりさま〉のススメ

      ひとりで生き、ひとりで死ぬのも怖くない。幸福な独身者たちから私たちが学ぶべきこととは。

    • 9.13.19

      自殺未遂者の告白

      私はこの先ずっと、生き延びた自分をどうにかして肯定しようともがきながら生きていくのだろう。

    • 9.6.19

      〈脳神話〉からの脱却を目指して

      マサチューセッツ工科大学の生物学者、アラン・ジャザノフ教授は、脳が過大評価されている現状に警鐘を鳴らす。全てが脳のひとり芝居であり、脳は舞台に立つ唯一の俳優だと広く考えられているが、実際は多くの俳優が舞台袖で待機している。出番待ちの俳優たちを知らなければ、われわれは脳の本当の機能を理解できない。

    • 8.29.19

      方向感覚とはいったい何か?

      わたしたちの方向感覚は、脳、感覚、遺伝子、環境が複雑に絡み合って生じている。

    • 7.22.19

      セラピストが語る、セラピーとしてのジョン・メイヤー

      セラピーでジョン・メイヤーの歌詞を借りるなんて、薄っぺらい治療だと思われるかもしれないが、実際、このアプローチは科学的に説明されている。〈表現アートセラピー〉と呼ばれるこの療法は、文章、詩、音楽などクリエイティブな表現を用いることで、患者は自らの感情に入り込むことができ、彼らの内面に変化が生まれる。

0103