心理学

10.9.19

社会学者が語る〈おひとりさま〉のススメ

ひとりで生き、ひとりで死ぬのも怖くない。幸福な独身者たちから私たちが学ぶべきこととは。

9.13.19

自殺未遂者の告白

私はこの先ずっと、生き延びた自分をどうにかして肯定しようともがきながら生きていくのだろう。

9.6.19

〈脳神話〉からの脱却を目指して

マサチューセッツ工科大学の生物学者、アラン・ジャザノフ教授は、脳が過大評価されている現状に警鐘を鳴らす。全てが脳のひとり芝居であり、脳は舞台に立つ唯一の俳優だと広く考えられているが、実際は多くの俳優が舞台袖で待機している。出番待ちの俳優たちを知らなければ、われわれは脳の本当の機能を理解できない。

8.29.19

方向感覚とはいったい何か?

わたしたちの方向感覚は、脳、感覚、遺伝子、環境が複雑に絡み合って生じている。

7.22.19

セラピストが語る、セラピーとしてのジョン・メイヤー

セラピーでジョン・メイヤーの歌詞を借りるなんて、薄っぺらい治療だと思われるかもしれないが、実際、このアプローチは科学的に説明されている。〈表現アートセラピー〉と呼ばれるこの療法は、文章、詩、音楽などクリエイティブな表現を用いることで、患者は自らの感情に入り込むことができ、彼らの内面に変化が生まれる。

6.17.19

なぜ人はデジャヴュを体験するのか

日常生活のなかで、ふとした瞬間に感じる既視感、デジャヴュ。あの奇妙な感覚を引き起こしているのは、脳のある部位だった。

Advertisement
12.11.18

数回しか会ってないのに いつまでもあの人のことばかり考えてしまう

その理由は、新しい恋愛があなたの脳の働きを変えてしまうから。

12.10.18

人間の野性を目覚めさせる食べ放題レストラン

人間はここに来ると、とんでもなく意地汚い大食らいになる。食べ物を盗んでもいい、チップを払わなくてもいい、と信じて疑わない。彼らが食い散らかした殻や骨を、私が片付けているというのに。

7.3.18

〈手つなぎ〉による鎮痛効果

「パートナーが手を握ると、実際に痛みが和らぐことがわかりました。さらに興味深いのは、カップリング、つまり、ふたつの脳の同期と鎮痛作用との関係です。同期のレベルは、痛みを和らげる度合い、パートナーの共感の度合いと関連していたんです」

5.2.18

なぜお腹が鳴ると恥ずかしいのか

なぜあのとき、昼食をとらなかったのか。私は鳴り止まないお腹を必死でおさえ、恥ずかしさに押しつぶされそうになりながら、いま猛烈に後悔している。なぜ、お腹が鳴ると恥ずかしい気持ちになるのか? お腹が鳴り、恥ずかしさを感じているときの心理について、羞恥心に詳しい、菅原健介教授に助けを求めた。

4.23.18

私たちが食欲に抗えない理由

先進国で暮らす私たちは、食べ物に不自由しないはずなのに、満たされることはない。私たちがその仕組みを理解し、満足するにはどうすればいいのだろう。ブラウン大学とボストン・カレッジで教鞭を執る神経科学者、レイチェル・ハーツ(Rachel Herz)博士に話を訊いた。

3.26.18

クソ野郎の前で より善い人間になるためのテクニック

実践テクニックを、5つの要素に分けてみた。〈ゴール〉〈オーディエンス〉〈しつこいくらいの関心〉〈シンパシー〉〈愛〉だ。そう、愛である。嫌いなヤツに愛なんて与えてられるか、という方も、ぜひ耳を傾けていただきたい。お教えするのは、愛をもって復讐する方法だ。

0102