南アフリカ

Fashion

『ファッション・トライブ』 ファッションで誇示するアイデンティティー

ファッションに最も金をかける〈サプール〉を撮影したダニエーレ・タマーニが、後進国の人々のアイデンティティーとファッションをテーマにした、新たな作品を発表した。南アフリカ、セネガル、キューバ、ボリビア、コンゴ共和国、ミャンマー、ボツワナ、7つの国を訪れ、グローバリズムと自国の伝統を融合させた、個性的なファッションスタイルを写真に収めた。
VICE Japan
6.1.17
Music

ハウスから進化した南アフリカ電子音楽事情 ③ 最終回

独自の世界を生み出している南アフリカ・エレクトロニックミュージック・シーン。各都市、各ジャンルを代表するアーティスト、プロデューサー、DJを訪れ、南アフリカのシーンを三回に渡りレポートする。最終回は、アッテリッジヴィル。ここには、南アフリカ・エレクトロニック・ミュージック・シーンを代表する二人の男がいる。
VICE Japan
4.26.16
Music

ハウスから進化した南アフリカ電子音楽事情 ②

独自の世界を生み出している南アフリカ・エレクトロニックミュージック・シーン。各都市、各ジャンルを代表するアーティスト、プロデューサー、DJを訪れ、南アフリカのシーンを三回に渡りレポートする。第二回は、ケープタウン、そして同市内のカエリチャとニャンガのシーンにスポットをあてる。
VICE Japan
3.11.16
occult

南アフリカ共和国の闇とオカルト特捜部

南アフリカのオカルト犯罪特捜部創設は、世界初の試みであり、未だに類をみない唯一無二の捜査機関であった。コーバス・ヨンカーは、アパルトヘイト体制末期の1992年、司法大臣アドリアーン・フロックの命によりこの捜査部を立ち上げた。
Karl Kemp
2.18.16
Music

ハウスから進化した南アフリカ電子音楽事情 ①

独自の世界を生み出している南アフリカ・エレクトロニックミュージック・シーン。各都市、各ジャンルを代表するアーティスト、プロデューサー、DJを訪れ、南アフリカのシーンを三回に渡りレポートする。第一回は、GQOMとシャンガーン・エレクトロ。
VICE Japan
2.9.16
occult

南アフリカで悪魔を成敗するオカルト課の刑事

ドクター・コーバス・ヨンカー(Dr.Kobus Jonker)は、南アフリカ警察のオカルト関係犯罪事件対策部隊を率いていたが、2001年、心臓発作に襲われ、退職せざるをえなくなった。
Henk Lustig, Photos: Kevin Goss-Ross
1.5.16