tatoo

lifestyle

世界情勢に惑うヘナタトゥー

ヘナは、おでこに〈私は外国人です〉と貼るのと同じだ、とずっと信じていた。
Leila Ettachfini
3.11.18
lifestyle

はじめてのタトゥー 失敗談

残念な刺青。
Iris Hoekstra
1.9.18
lifestyle

新たなタトゥーで再誕する 元ギャングと人種差別主義者

〈リダンプション・インク〉は、人種差別、ギャングにまつわるタトゥーを除去する非営利団体だ。活動理念に賛同する世界中のパーラーを集め、そのネットワークを築こうとしている。「このサービスを、タトゥー・ショップ間の協定にしたいんです。まずは国内で広め、そのうち海外にも展開したいです」
Luke Winkie
11.24.17
Health

眼球タトゥーの危険性

24歳のモデル、キャット・ガリンガーの元恋人は、彼女の眼球にタトゥーを施したが、施術に失敗した。彼女が受けたダメージがどれほど重篤なのか、5週間たった今でも、まだわかっていない。
Mack Lamoureux
10.10.17
lifestyle

タトゥー進化論 01 人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉のタトゥーは何を語る?

タトゥーの歴史に焦点をあてた連載企画「タトゥー進化論」。第1回目は現存する人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉に施されていたタトゥーを契機に、タトゥーを施していた理由や起源について検証していく。装飾のためか、治療のためか、はたまた火の使用とともに、生まれたものか。謎に満ちた人類の歴史とともに、タトゥーにまつわるロマンを探る。
Miho Kawasaki
9.21.17
lifestyle

痛みの限界を賜うタトゥー集団〈ブルータル・ブラック〉

タトゥーを彫るという行為の儀式性を復活させる。想像できる限りもっとも過酷な体験を、被施術者に強いる。
Fareed Kaviani
5.22.17
lifestyle

顎に宿る聖なるタトゥー

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。
Michelle Duff
11.22.16
lifestyle

トランスジェンダー・タトゥーアーティストの魔術的世界観

マサチューセッツ州グレート・フォールズで活動するタトゥー・アーティスト、ノエル・ロングホールの美的で魔術的なアートセンスは、SNS上で数万ものフォロワーを獲得し、その数は未だに増え続けている。そんなノエルが彷徨う、暗く深い森の中を案内してもらう。
Zing Tsjeng
9.18.16
Photo

自ら刺青を彫り入れる、元警察官が撮ったソ連の囚人たちの姿

世界中どんな刑務所でも刺青は、囚人たちの身体に刻まれたユニフォームのようなものだ。ロシアでは他の受刑者とのコミュニケーションツールになることもある。例えば首に短刀が刺さったモチーフは、当人が刑務所内で殺人を犯したことがあり、かつ殺人依頼を引き受けるという意味らしい。
Paweł Mączewski
12.3.14