タトゥー

lifestyle

「アイヌの女としてきれいになりたい」 現代に生きるアイヌの文身(いれずみ)

カミソリで皮膚に傷を入れ、シラカバを燃やした煤を塗り込み、アオダモの煮汁で止血する。北海道札幌市在住の八谷麻衣さんは、アイヌの伝統的な手法で自らの肌に文身を施す。ヴォーカルグループ、マレウレウのメンバー(マユンキキ)としての活動で知られる彼女の、もうひとつの貌をドキュメント。写真は、2008年からアイヌの人々を追いつづけている池田宏が撮影。
Hirohisa Asahara
3.26.18
lifestyle

世界情勢に惑うヘナタトゥー

ヘナは、おでこに〈私は外国人です〉と貼るのと同じだ、とずっと信じていた。
Leila Ettachfini
3.11.18
lifestyle

はじめてのタトゥー 失敗談

残念な刺青。
Iris Hoekstra
1.9.18
Photo

悪名高いブラジル刑務所への潜入PHOTOレポート

2002年に取り壊されるまで、ラテンアメリカにおいて最大の刑務所であった〈カランジル〉。受刑者111名が軍警察によって殺害された事件など、ブラジル国内では悪名高い刑務所として知られている。映画監督であり写真家のジョアン・ワイネーが、およそ4年間、カランジル刑務所に通い、トランスジェンダーによるファッションショーから、タトゥー、ラップグループなど、受刑者たちのライフスタイルを収めた写真とインタビューを、ここでは紹介する。
Débora Lopes
12.1.17
lifestyle

新たなタトゥーで再誕する 元ギャングと人種差別主義者

〈リダンプション・インク〉は、人種差別、ギャングにまつわるタトゥーを除去する非営利団体だ。活動理念に賛同する世界中のパーラーを集め、そのネットワークを築こうとしている。「このサービスを、タトゥー・ショップ間の協定にしたいんです。まずは国内で広め、そのうち海外にも展開したいです」
Luke Winkie
11.24.17
Health

眼球タトゥーの危険性

24歳のモデル、キャット・ガリンガーの元恋人は、彼女の眼球にタトゥーを施したが、施術に失敗した。彼女が受けたダメージがどれほど重篤なのか、5週間たった今でも、まだわかっていない。
Mack Lamoureux
10.10.17
lifestyle

タトゥー進化論 01 人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉のタトゥーは何を語る?

タトゥーの歴史に焦点をあてた連載企画「タトゥー進化論」。第1回目は現存する人類最古の天然ミイラ〈アイスマン〉に施されていたタトゥーを契機に、タトゥーを施していた理由や起源について検証していく。装飾のためか、治療のためか、はたまた火の使用とともに、生まれたものか。謎に満ちた人類の歴史とともに、タトゥーにまつわるロマンを探る。
Miho Kawasaki
9.21.17
lifestyle

痛みの限界を賜うタトゥー集団〈ブルータル・ブラック〉

タトゥーを彫るという行為の儀式性を復活させる。想像できる限りもっとも過酷な体験を、被施術者に強いる。
Fareed Kaviani
5.22.17
occult

頭蓋骨に穴、マリファナ、タトゥー! ケロッピー前田の『クレイジートリップ』

頭蓋骨に穴を開け意識を覚醒させるトレパネーション、アムステルダムのマリファナ愛好家が集うカンナビスカップ、人体冷凍保存を運営するアルコー延命財団など、数え切れないほどのクレイジーな取材をまとめた『クレイジートリップ』が昨年発売された。そこで、著者であるケロッピー前田にインタビュー。氏の半生、そして、この本に込めたメッセージを探る。
VICE Japan
3.18.17
lifestyle

顎に宿る聖なるタトゥー

1800年代、ニュージーランドが植民地化されると、マオリ族の慣習である女性の顎に施す聖なるタトゥー「モコ・カウアエ(moko kauae)」は廃れてしまった。しかし、その慣習が徐々に復活の兆しを見せている。自らの顔に「アイデンティティ」を刻む意義とは何なのか。
Michelle Duff
11.22.16
lifestyle

トランスジェンダー・タトゥーアーティストの魔術的世界観

マサチューセッツ州グレート・フォールズで活動するタトゥー・アーティスト、ノエル・ロングホールの美的で魔術的なアートセンスは、SNS上で数万ものフォロワーを獲得し、その数は未だに増え続けている。そんなノエルが彷徨う、暗く深い森の中を案内してもらう。
Zing Tsjeng
9.18.16
News

ギリシャの刑務所から出所したイスラム系移民 タブー視されてきた刺青を入れる理由

ギリシャでは過去数十年で急増した移民に対する反発が強まり外国人排斥運動にまで発展した。中でも、シリアやイラクやアフガニスタンといった紛争地を逃れたイスラム系移民が多い。服役中の囚人たちは監獄の中で、イスラム教でタブー視されてきた刺青を彫り入れるのだという。一生消えない傷を身体に刻み込む理由とは。
Alexia Tsagari
1.5.15
0102