温故知新

lifestyle

定着しつつある お葬式のライブ配信

例えば海外にいるとき、遠方に転勤したとき、入院しているとき。そんな状況のなかで大事な人が亡くなってしまったら、そう簡単に〈お葬式〉に参列できない人もいるだろう。しかし今やインターネット社会。参列できない人々のために、〈お葬式〉のライブ配信サービスに注目が集まっているという。もっとも厳粛な儀式は、今後どのようになっていくのだろう。
Hannah Ewens
5.11.17
tech

ケツ叩機の歴史

「頑丈で素敵なケツの持ち主を探しています」。2007年、カリフォルニア州サンクレメントのマイク・スタンプは、募集広告サイトに、そう投稿した。彼が開発した新型マシーンのモニターを探していたのだ。密かに広がるケツ蹴りシーンと、ケツ叩機の進化には目を見張るモノがある。
Jordan Pearson
3.29.17
tech

インクを浴びながらNYタイムズの 印刷機を見守り続ける熟練修理工

「インクまみれになっているヤツほど、金を稼いでいるって証拠なんだ」。グレッグ•ゼラファは、そう教えてくれた。彼は、「ニューヨーク・タイムズ紙」の印刷工場のうち、クイーンズにある本工場で、印刷機をメンテナンスする機械工の主任を務めている。
Jason Koebler
12.12.16
lifestyle

マンハッタンで40年続く 昔ながらの製本工房

創業以来何も変わらない、工房と仕事。旧約聖書、論文の手縫い、大判ハードカバーの写真集、何を頼まれようが、ヘンリーは昔ながらの手作業で、その日のうちに仕上げてしまう。
Louis De Belle
10.14.16
lifestyle

魚とミモザで持続可能な未来をつくる女性

フランス全土でも、植物で調合したなめし剤を動物の皮なめしに使用するのは、わずか4業者しかない。しかも、今までのところ、天然なめし技法で魚皮をなめすのはマリエッラだけだ。「たとえ牛皮をなめす工程と鮭皮をなめす工程に大差がないとしても、魚皮を扱ったり、鱗を引いたりするのは、私にとってとてもナチュラルな感じがするんです」
Antoine Massot
4.10.16